ISO9001超入門 (儲かるISO9001入り口)

ISO9001超入門 (儲かるISO)の公式テキストです。

马上开始. 它是免费的哦
注册 使用您的电邮地址
ISO9001超入門 (儲かるISO9001入り口) 作者: Mind Map: ISO9001超入門 (儲かるISO9001入り口)

1. プロセスアプローチ [Process Approach]

1.1. 品質マネジメントシステムは、相互に関連するプロセスで構成される。 このシステムによって結果がどのように生み出されるかを理解することで 組織は、システム及びそのパフォーマンスを最適化できる。

2. 人々の積極的参加 [Engagement of People]

2.1. 組織を効果的にかつ効率的にマネジメントするには、組織のすべての階層のすべての人々を尊重し、 それらの人々の参加を促すことが重要である。 貢献を認め、権限を与え、力量を向上させることによって、組織の品質目標達成へ人々の積極的参加が促進される。

3. リーダーシップ [Leadership]

3.1. 目的及び目指す方向の一致並びに人々の積極的参加によって、組織は、その目標の達成に向けて 戦略、方針、プロセス及び資源を密接に関連付けることができる。

4. 顧客重視 [Customer Focus]

4.1. 組織の持続的成功は、組織が顧客及びその他の密接に関連する利害関係者をひきつけ、その信頼を保持することによって達成できる。 顧客との相互作用のあらゆる側面が、顧客のために更なる価値創造する機会を与える。 顧客及びその他の利害関係者の現在及び将来のニーズを理解することは、組織の持続的成功に寄与する。

5. 改善 [Improvement]

5.1. 成功する組織は、「改善」に対して継続して取り組んでいる。それが文化となっている。 【改善するのは“仕組み”です。改善はパフォーマンスを向上させるための活動”である】。 時には組織編成も対象となることを理解しておくことが必要である。

6. 客観的事実に基づく意思決定 [Evidence-based Decision Making]

6.1. 組織内において、個人の価値観だけで判断して、 大きな事故を起こしてしまうと取り返しがつかないことになる。 特に個々のお客様毎によっては価値観が異なる。 全社に亘って共通認識されオーソライズされたデータ及び情報の分析及び評価方法に基づいて 意思決定される必要がある。

7. 関係性管理 [Relationship Management]

7.1. 今や自社だけで収益を上げることはほとんどできないと言える。 自社事業運営には多くの利害関係者がいることを理解し お互いにWin-Winになることを考慮しながら関係性を維持し、管理することが求められる。

8. 儲かるISO9001

8.1. 今の会社組織を、 ”儲かるためのISO9001として機能させる”そのための枠組みを示して、 お客様に価値提供をする。

9. 自己紹介

9.1. アイソバーコンサルタント代表:村山イッセイ

9.2. システム構築コンサルタント

9.2.1. 商工会議所船員講師

9.2.2. 診断、審査

9.3. ISOセミナー講師

9.3.1. ISO9001

9.3.1.1. 規格解説

9.3.1.2. 内部監査員養成

9.3.2. ISO14001

9.3.2.1. 規格解説

9.3.2.2. 内部監査員養成

9.3.3. ISO27001

9.3.3.1. 規格解説

9.3.3.2. 内部監査員養成

9.4. ITコーディネーターの普及

9.4.1. ITコーディネーター

9.4.2. ITコーディネーター講師

9.5. インターネット普及活動

9.5.1. 札幌エレクトロニクスセンター

9.6. 職種経験

9.6.1. 営業

9.6.2. 研究開発

9.6.3. 研修企画

9.6.4. 設計

9.6.5. 建設、積算

9.6.6. 保全

9.6.7. システム開発

9.6.8. バンキングシステム開発

9.6.9. コールセンター

9.7. かんたんラインステップ紹介