ネットワーク

马上开始. 它是免费的哦
注册 使用您的电邮地址
ネットワーク 作者: Mind Map: ネットワーク

1. サービス

1.1. クラウド

1.1.1. mindmeister

1.1.2. GitHub

1.1.3. Office Online

1.2. ブラウザ

1.2.1. FireFox

1.2.2. Internet Explorer

1.2.3. Google Chrome

1.2.4. Microsoft Edge

1.2.5. Safari

1.3. 検索エンジン

1.3.1. Google

1.3.2. Yahoo

1.3.3. Bing

1.4. ISP (インターネットサービスプロバイダ)

1.4.1. So-net

1.4.2. @nifty

1.5. ビデオ会議

1.5.1. Zoom

1.5.2. Google Meet

1.5.3. Skype

1.6. オンラインゲーム

1.6.1. PlayStation Plus

1.7. SNS

1.7.1. Facebook

1.7.2. Twitter

1.7.3. LINE

1.7.4. Instagram

1.8. ECサイト

1.8.1. サービス名

1.8.1.1. Amazon

1.8.1.2. 楽天

1.8.1.3. メルカリ

1.8.2. 説明

1.8.2.1. 電子商取引

1.9. 通信キャリア

1.9.1. au

1.9.2. Docomo

1.9.3. Softbank

1.10. 動画配信サービス

1.10.1. Youtube

1.10.2. ニコニコ動画

1.10.3. Prime Video

1.10.4. Netflix

1.11. Wordpress

1.12. Adobe Flashplayer

1.13. wireshark

2. 通信機器

2.1. 伝送媒体

2.1.1. 有線

2.1.1.1. 同軸ケーブル

2.1.1.1.1. 半二重通信

2.1.1.1.2. 一本のケーブル

2.1.1.2. ツイストペアケーブル

2.1.1.2.1. 種類

2.1.1.2.2. 導線の配線方法

2.1.1.2.3. カテゴリ

2.1.1.2.4. 接続ポート

2.1.1.2.5. 俗称

2.1.1.2.6. 全二重通信

2.1.1.3. 光ファイバーケーブル

2.1.2. 無線

2.2. 端末 (エンドデバイス)

2.2.1. 家電

2.2.1.1. テレビ

2.2.2. ゲーム機

2.2.2.1. PS4

2.2.2.2. Nintendo Swich

2.2.2.3. Xbox

2.2.3. スマートフォン

2.2.4. パソコン

2.2.4.1. 小型パソコン

2.2.4.1.1. Raspberry Pi

2.2.5. スマートデバイス

2.3. ネットワーク機器

2.3.1. モデム

2.3.2. ポケットWi-Fi

2.3.3. NIC

2.3.3.1. LANを使うための機能が集約された部品

2.3.3.2. それぞれのポートにそれぞれのMACアドレスがある

2.3.4. スイッチ

2.3.4.1. 用途

2.3.4.1.1. スイッチは複数端末を同じネットワークに接続するために使用する

2.3.4.2. 説明

2.3.4.2.1. スイッチには複数のLAN(Ethernet)ポートがある

2.3.4.3. レイヤ2スイッチ

2.3.4.3.1. ネットワーク層をデータリンク層で延長する装置

2.3.4.3.2. 呼び方

2.3.4.4. レイヤ3スイッチ

2.3.4.4.1. ネットワーク層によってパケットを転送する装置

2.3.4.5. レイヤ4-7スイッチ

2.3.4.5.1. トランスポート層より上の情報でトラフィックを処理する装置

2.3.5. ブリッジ

2.3.5.1. OSI参照モデルの第2層、データリンク層でネットワーク同士を接続する装置

2.3.6. リピーター

2.3.6.1. OSI参照モデルの第1層の物理層でネットワークを延長する機器

2.3.6.2. ケーブル上を流れてきた電機や光の信号を受信し、増幅や波形などをしたのちに別の側へ再生する

2.3.7. ゲートウェイ

2.3.7.1. プロトコルの変換をする装置

2.3.8. ルータ

2.3.8.1. ネットワーク層によってパケットを転送する装置

2.3.9. ネットワークインタフェース

2.3.9.1. コンピュータをネットワークに接続するための装置

2.3.10. ハブ

2.3.10.1. スイッチングハブ

2.3.10.1.1. ブリッジの機能を持ったハブ

2.3.10.2. リピーターハブ

2.3.10.2.1. それぞれのポートがリピーターになっているもの

2.3.11. トポロジー

2.3.11.1. 種類

2.3.11.1.1. バス型

2.3.11.1.2. リング型

2.3.11.1.3. スター型

2.3.11.1.4. メッシュ型

2.3.11.2. 意味

2.3.11.2.1. 見かけの配線の形と論理的なネットワークの仕組みの両方に使われます。

2.3.11.2.2. ネットワークの接続形態、構成形態のこと

3. 技術

3.1. インターネット

3.1.1. Wi-Fi

3.1.2. 通信相手の数による通信方式の分類

3.1.2.1. 説明

3.1.2.1.1. 通信対象となる相手の数とその後の動作によって通信を分類することができる

3.1.2.2. 種類

3.1.2.2.1. ユニキャスト

3.1.2.2.2. ブロードキャスト

3.1.2.2.3. マルチキャスト

3.1.2.2.4. エニーキャスト

3.1.3. ソース

3.1.3.1. 送信元

3.1.4. Destination

3.1.4.1. 宛先

3.1.5. IPアドレス

3.1.5.1. インターネットなどのTCP/IPネットワークに接続されたコンピュータや通信機器の一台ごとに割り当てられた識別番号

3.1.5.2. 長さは32ビット(10進数表記)

3.1.5.3. ネットワーク・アドレスとホスト・アドレスで構成(どこで区切るかでクラスに分類される)

3.1.5.3.1. クラスA

3.1.5.3.2. クラスB

3.1.5.3.3. クラスC

3.1.5.3.4. クラスD

3.1.5.4. 特別なIPアドレス

3.1.5.4.1. ホスト部「オール0」

3.1.5.4.2. ホスト部「オール1」

3.1.5.4.3. 「オール1」リミテッド・ブロードキャスト

3.1.5.4.4. IPアドレス 127.X.X.X

3.1.5.5. グローバルIPアドレス

3.1.5.5.1. 公的な機関によってお互いに重複しないように調整され、プロバイダなど介してユーザに付与されるアドレスである

3.1.5.6. プライベートアドレス

3.1.5.6.1. 外部のネットワークへ接続することはできないがうzttt8t775757676うzttt8t775757676

3.1.6. ネットマスク

3.1.6.1. IPアドレスの不足→有効利用するために、柔軟にホスト部とネットワーク部の境界を決める

3.1.7. MACアドレス

3.1.7.1. MACアドレスとは、通信ネットワーク上で各通信主体を一意に識別するために物理的に割り当てられた、48ビットの識別番号

3.1.7.2. 無線LANや、BluetoothなどでもMACアドレス使われる

3.1.8. アーキテクチャ

3.1.8.1. ネットワークの構造

3.1.9. プロトコル

3.1.9.1. 説明

3.1.9.1.1. コンピュータとコンピュータがネットワークを利用して通信するために決められた「約束ごと」

3.1.9.2. 種類

3.1.9.2.1. ICMP(Internet Control Message Protocol)

3.1.9.2.2. ARP(Address Resolution Protocol)

3.1.9.2.3. TCP

3.1.9.2.4. UDP

3.1.9.2.5. TELENET

3.1.9.2.6. SSH

3.1.9.2.7. FTP

3.1.9.2.8. SMPT

3.1.9.2.9. POP

3.1.9.2.10. IMAP

3.1.9.2.11. HTTP

3.1.9.2.12. SNMP

3.1.9.2.13. NTP

3.1.9.2.14. MIME

3.1.9.2.15. URI

3.1.9.2.16. HTML

3.1.10. TCP/IP

3.1.10.1. インターネットで標準的に利用されている通信プロトコル

3.1.11. ISO

3.1.11.1. ISO(国際標準化機構)は、国際標準化としてOSIと呼ばれる通信体系を標準化しました

3.1.12. OSI

3.1.12.1. 説明

3.1.12.1.1. 開放型システム間相互接続

3.1.12.2. OSI参照モデルの各層の役割

3.1.12.2.1. 7.アプリケーション層

3.1.12.2.2. 6.プレゼンテーション層

3.1.12.2.3. 5.セッション層

3.1.12.2.4. 4.トランスポート層

3.1.12.2.5. 3.ネットワーク層

3.1.12.2.6. 2.データリンク層

3.1.12.2.7. 1.物理層

3.1.13. IETF

3.1.13.1. Internet Engineering Task Force

3.1.14. IEEE802

3.1.14.1. IEEE委員会では、さまざまなワーキンググループによって、種々のLAN技術の標準化を進めています

3.1.15. インターフェース

3.1.15.1. コンピュータで、異なる機器・装置のあいだを接続して、交信や制御を可能にする装置やソフトウェア

3.1.16. ネットワークの規模

3.1.16.1. LAN

3.1.16.1.1. 比較的狭い地域の中でのネットワーク

3.1.16.2. MAN

3.1.16.2.1. WANよりも狭い都市レベルのネットワーク

3.1.16.3. WAN

3.1.16.3.1. 地理的に離れた広範囲に及ぶネットワーク

3.1.17. データリンク

3.1.17.1. イーサネット(Ethernet)

3.1.17.1.1. Fast Ethernet

3.1.17.1.2. ギガビットEthernet

3.1.17.1.3. コンテンション方式

3.1.17.1.4. 規模

3.1.17.1.5. 種類

3.1.17.2. 無線

3.1.17.2.1. 電磁波

3.1.17.3. ATM(現在ではあまり利用されてない)

3.1.17.3.1. ツイストペアケーブル/光ファイバーケーブル

3.1.17.4. FDDI(現在ではあまり利用されてない)

3.1.17.4.1. 光ファイバーケーブル/ツイストペアケーブル

3.1.17.5. フレームリレー(現在ではあまり利用されてない)

3.1.17.5.1. ツイストペアケーブル/光ファイバーケーブル

3.1.17.6. ISDN(現在ではあまり利用されてない)

3.1.17.6.1. ツイストペアケーブル/光ファイバーケーブル

3.2. PDU

3.2.1. ヘッダ+データの形式

3.2.2. 各階層におけるPDU

3.2.2.1. L5

3.2.2.1.1. データ

3.2.2.2. L4

3.2.2.2.1. セグメント、データグラム

3.2.2.3. L3

3.2.2.3.1. パケット

3.2.2.4. L2

3.2.2.4.1. フレーム

3.2.2.5. L1

3.2.2.5.1. ビット

3.3. コマンド

3.3.1. シェルスクリプト

3.3.1.1. pingコマンド

3.3.1.2. arpコマンド

3.3.2. dosコマンド

3.4. ノード

3.4.1. コンピュータネットワークを構成する機器1つ1つ

3.5. ARPテーブル

3.5.1. イーサネット通信のために用いられるIPアドレスとMACアドレスの対照表

3.5.2. 通常ARPによって取得したMACアドレスは数分間キャッシュされる

3.6. MACアドレステーブル

3.6.1. MACアドレスと物理ポートの対応表

3.7. LTE

3.7.1. 5G

3.7.2. 4G

3.7.3. 3G

3.8. スループット

3.8.1. 実際にホスト間でやり取りされる転送速度のことをいう

3.9. 単位

3.9.1. オクテット

3.9.1.1. 1オクテットは8ビット

3.9.2. bps

3.9.2.1. データ通信をするとき、2つの機器間を流れるデータの物理的な速さを伝送速度という

3.10. 計算式

3.10.1. 転送時間(秒) = 転送データ量(ビット) ÷ 回線速度(ビット/秒)

3.10.2. 実行回線速度 = 回線速度 × 回線利用率

3.11. ネットワークアドレス

3.11.1. ネットワークそのもの

3.12. デフォルトゲートウェイ

3.12.1. デフォルトゲートウェイ(ルータやレイヤ3スイッチ)がないと通信できない

3.13. 光回線

3.14. NAS

3.15. ファイアーウォール

3.16. DMZ

3.17. セキュリティソフト

3.18. GPS

3.19. IoT

3.20. Bluetooth

3.21. USBケーブル

3.22. HDMIケーブル

3.23. WWW