ネットワーク

马上开始. 它是免费的哦
注册 使用您的电邮地址
ネットワーク 作者: Mind Map: ネットワーク

1. MACアドレス

1.1. ARP要求

1.2. ARP応答

1.3. ARPテーブル

1.4. MACアドレステーブル

2. サービス

2.1. クラウド

2.1.1. mindmeister

2.1.2. GitHub

2.1.3. office online

2.2. ブラウザ

2.2.1. Google

2.2.2. Yahoo

2.2.3. Bing

2.2.4. FireFox

2.2.5. Chrome

2.2.6. internet Expiorer

2.2.7. Safari

2.2.8. MIcro

2.3. ISP(インターネットサービスプロバイダ)

2.3.1. so-net

2.3.2. @nifty

2.4. ビデオ会議

2.4.1. Zoom

2.4.2. Google Meet

2.4.3. Skype

2.5. SNS

2.5.1. LINE

2.5.2. instagram

2.5.3. Twitter

2.6. ECサイト

2.6.1. Amazon

2.6.2. 楽天

2.6.3. アニメイト

2.6.4. 価格.com

2.7. Wordpress

2.8. Adobe FlashPlayer

2.9. フリマアプリ

2.9.1. メルカリ

2.9.2. ラクマ

2.9.3. ヤフオク

2.10. 通信キャリア

2.10.1. Docomo

2.10.2. au

2.10.3. Softbank

2.11. 動画配信

2.11.1. Youtube

2.11.2. ニコニコ動画

2.11.3. Prime Video

2.11.4. Netflix

2.11.5. Hulu

2.11.6. アベマ

2.12. Playstasion Plus

3. 通信機器

3.1. 電話機器

3.1.1. スマートフォン

3.1.2. ポケットwi-fi

3.2. ルータ

3.3. モデム

3.4. LANケーブル

3.5. ハブ

3.6. スマートデバイス

3.7. パソコン

3.8. 家電

3.9. テレビ

3.10. ゲーム機器

3.10.1. PS4

3.10.2. Nintendo Swich

3.11. Xbox

3.12. raspbery

3.13. プロトコル

3.13.1. ICMP

3.13.2. IP

3.13.3. ARP

3.13.3.1. ARPテーブル

3.13.4. ユニキャスト

3.13.5. ブロードキャスト

3.13.6. マルチキャスト

3.13.7. エニーキャスト

3.13.8. ブリッジ/レイヤ2スイッチ

3.13.8.1. フレーム

3.13.8.2. FCS

3.13.8.3. 100BASE-TX

3.14. 伝送媒体

3.14.1. 有線

3.14.1.1. 同軸ケーブル

3.14.1.2. ツイストペアケーブル

3.14.1.2.1. 種類

3.14.1.3. 光ファイバケーブル

3.14.2. 無線

4. 技術

4.1. ギガビットイーサネット

4.2. 伝送媒体

4.2.1. 有線

4.2.1.1. ついすとペアケーブル

4.2.1.1.1. カテゴリ

4.2.1.1.2. 俗称

4.2.1.1.3. 導線の配線方法

4.2.1.1.4. 接続ボード

4.2.2. 無線

4.3. LAN

4.4. WAN

4.5. NAS

4.6. ファイアウォール

4.7. セキュリティソフト

4.8. 光回線

4.8.1. 3G

4.8.2. 4G

4.8.3. 5G

4.8.4. LTE

4.9. Wi-fi

4.10. Bluetooth

4.11. GPS

4.12. lot

4.13. USBケーブル

4.14. HDMIケーブル

4.15. HTTP

4.16. SMTP

4.17. POP

4.18. DMZ

4.19. WWW

4.20. インターネット

5. データベース

5.1. ネットワークの構築

5.1.1. IPアドレス

5.1.1.1. アドレスの一意性

5.1.2. Pingコマンド

5.1.2.1. ICMP

5.1.3. ヘッダ

5.1.3.1. 送信元(Souce)

5.1.3.2. 宛先(Destination)

5.2. ネットワークの役割

5.2.1. データリンクの抽象化

5.2.2. パケットの分割/再構築

5.3. スイッチ(スイッチングハブ/レイヤ2スイッチ)

5.3.1. LAN(Ethemet)

5.3.2. スイッチ同士を接続するとネットワークの拡張ができる

5.3.3. 無線式トランシーバー

5.4. 媒体非共有型のネットワーク

5.4.1. ◎半二重通信

5.4.1.1. 送受信でメディアを共用している

5.4.1.2. 初期のイーサネット

5.4.1.3. FDDI

5.4.2. 全二重通信

5.4.2.1. スター型のトポロジー

5.4.2.2. 電話・スイッチ

5.4.2.3. 送受信でそれぞれ専用のメディアがある

5.4.3. 優先権を制御する仕組み

5.4.3.1. コンテンション方式

5.4.3.1.1. ネットワークが混雑すると機能が低下する

5.4.3.1.2. データの送信権を競走で奪い合う方式

5.4.3.1.3. コリジョン(データの衝突で壊れること)

5.4.3.1.4. (CSMA)

5.4.3.2. トークンパッシング方式

5.5. イーサネットフレーム→イーサネットで通信する際のフォーマット

5.6. 媒体非共有型のネットワーク

5.6.1. 通信媒体を共有せずに専有

5.6.2. スイッチがフレームを転送

5.6.3. イーサネットが主流

5.6.4. PCとスイッチポート1対1の接続は全二重通信が可能

5.7. ネットワークの構成要素

5.7.1. NIC(ネットワークインターフェース)

5.7.2. リピーター

5.7.2.1. リピーターハブ

5.7.2.1.1. トポロジー

5.7.3. ブリッジ/レイヤ2スイッチ

5.7.3.1. (スイッチングハブ)

5.7.3.2. フレーム

5.7.4. レイヤ4-7スイッチ

5.7.5. ゲートウェイ

5.7.6. データリンク

5.7.6.1. 種類

5.7.6.1.1. イーサネット

5.7.6.1.2. 無線LAN

5.7.6.1.3. PPP

5.7.6.1.4. FDDI

5.7.6.2. MAC アドレス

5.7.6.2.1. 48ビットの長さ

5.7.7. 1

5.7.7.1. アプリケーション層

5.7.7.2. プレゼンテーション層

5.7.7.3. セッション

5.7.8. 2

5.7.8.1. トランスポート

5.7.9. 3

5.7.9.1. ネットワーク

5.7.9.1.1. IP

5.7.10. オール1

6. OSI参照モデル

6.1. 物理

6.2. データリンク

6.3. ネットワーク

6.4. トランスポート

6.5. セッション

6.6. プレゼンテーション

6.7. アプリケーション

7. IPについて

7.1. IPアドレスの管理

7.1.1. 世界的に一元管理が必要

7.1.2. 全世界=ICANN/IANA

7.1.3. 北米+国際的=ARIN

7.1.4. ヨーロッパ=RIPE-NCC

7.1.5. アジア。太平洋地域=APNIC

7.1.6. 日本=JPNIC

7.2. グローバルIPアドレス

7.2.1. 公的な機関から重複がないように調整されている

7.3. プライベートアドレス

7.3.1. 種類

7.3.1.1. 10.0.0.0~10.255.255.255

7.3.1.1.1. 24ビット

7.3.1.2. 172.16.0.0~172.31.255.255

7.3.1.2.1. 20ビット

7.3.1.3. 192.168.0.0~192.168.255.255

7.3.1.3.1. 16ビット

7.3.2. 外部への接続は×、内部でのみに自由に利用

7.4. ネットワーク

7.4.1. サブネットマスク

7.4.1.1. ホスト数の多い序大ネットーワークはよくない

7.4.1.1.1. 通信性能が出ない

7.4.1.1.2. IPアドレス資源の無駄遣い

7.4.1.2. 大きなネットワークを複数のサブネットに分割

7.4.1.3. サブネットごとに異なるネットワークアドレスを定義

8. ルーティング

8.1. ネットワーク層が担当

8.2. ルータ(またはレイヤー3スイッチ)が処理を行う

8.3. コンピュータもルーティングテーブルを持っている

8.4. 経路制御アルゴリズム

8.4.1. 距離ベクトル型

8.4.1.1. 単純

8.4.1.2. 距離と方向

8.4.2. リンク状態型

8.4.2.1. 複雑

8.5. ?

8.5.1. RIP

8.5.1.1. 距離ベクトル型

8.5.2. RIP2

8.5.2.1. 距離ベクトル型

8.5.3. OSPF

8.5.3.1. リンク状態

9. トランスポート層

9.1. 働き

9.1.1. 通信する両端2ホストに仮想的な回線を作り、信頼性のあるデータ転送を実現する

9.1.2. 両端ホストの2プロセス間に仮想回線を構築

9.2. ヘッダーの階層構造

9.2.1. Appkivation層

9.2.2. Transport層(TCPセグメント)

9.2.3. Nerwork層(IPパケット)

9.2.4. データリンク層(フレーム)

9.3. プロトコルの種類

9.3.1. TCP

9.3.1.1. コネクション型で信頼性のあるストリーム型のプロトコル

9.3.1.2. 信頼性を提供するために、「順序制御」・「再送制御」を行う

9.3.1.3. 「フロー制御」・「ふくそう制御」=ネットワークの利用効率を向上させる仕組み

9.3.2. UDP

9.3.2.1. コネクションレス型で信頼性のないデータグラム型のプロトコル

9.3.2.2. パケットが到達する保証がない

9.3.2.3. 高速性やリアルタイム性を重視する通信や同報通信などに利用

9.4. ポート番号

9.4.1. トランスポートプロトコルのアドレスのようなもの

9.4.2. 決め方

9.4.2.1. 静的な決め方

9.4.2.2. ダイナミック(動的)な割り当て法

9.4.3. 80番=http

9.4.4. 53番=DNS

9.5. 4層=TCP

9.6. 3層=IP

9.7. 2層=イーサネット

10. IPに関する技術

10.1. IPv6

10.1.1. IPv4アドレスの枯渇問題を根本的に解決するために 標準化されたインターネットプロトコルです

10.1.2. 特徴

10.1.2.1. プラグ&プレイ機能を必須にする

10.1.2.1.1. ←を可能にする技術=DHCP

10.1.2.2. 認証機能や暗号化機能を採用する

10.1.2.2.1. IPsec

10.2. DNS

10.2.1. ローマ字とピリオドを使った名前からIPアドレスへと自動変換してくれます

10.3. ドメイン名(ホスト名)

10.3.1. www.yahoo.co.jp←みたいなもの

10.4. hosts

10.4.1. ホスト名とIPアドレスの対応を定義する

10.5. ドメインの階層構造

10.5.1. (root)

10.5.1.1. org

10.5.1.1.1. ietfieee

10.5.1.1.2. ac

10.5.1.2. jp

10.5.1.2.1. co

10.5.1.2.2. ac

10.5.1.3. uk

10.5.1.3.1. co

10.5.1.3.2. ac

10.6. 5.6

10.6.1. NAT

10.6.1.1. ローカルなネットワークでプライベートIPアドレスを使用し、 インターネットへ接続するときにグローバルIPアドレスへ変換する技術

10.6.1.2. 基本的にはアドレスが枯渇しているIPv4のために生まれた技術

10.6.2. NAPT

10.6.2.1. アドレスだけでなくTCPやUDPのポート番号も付け替える

11. ICMP

12. 8.アプリケーションプロトコル

12.1. アプリケーションプロトコル

12.1.1. OSI参照モデルの第5層、6層、7層の上位層のプロトコル

12.1.2. 実用的なアプリケーションを実現するために作られたプロトコル

12.1.3. アプリケーションは、トランスポート層以下の土台となる部分をそのまま利用できる

12.2. 遠隔ログイン

12.2.1. TELNET

12.2.1.1. ログイン時のパスワードが暗号化されない

12.2.2. SSH(Secure SHell)

12.2.2.1. ログイン時のパスワードが暗号化される

12.3. ファイル転送

12.3.1. FTP(File Transfer Protocol)

12.3.1.1. 異なるコンピュータ間でファイルを転送するときに使われるプロトコル

12.3.1.2. 二つのトランスポート番号を使う

12.3.1.2.1. 20番=データ転送用

12.3.1.2.2. 21番=制御用

12.4. 電子メール

12.4.1. E-Mail

12.4.2. SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)

12.4.2.1. =電子メールサービスを提供するためのプロトコル

12.4.2.2. ポート番号=25番