ドリルを売るには穴を受れ

Начать. Это бесплатно
или регистрация c помощью Вашего email-адреса
ドリルを売るには穴を受れ создатель Mind Map: ドリルを売るには穴を受れ

1. 一貫性

2. 「提供する価値の競合との差」

3. 情緒的ベネフィット

3.1. 情緒的な価値

3.1.1. 優越感・特別扱い

3.1.2. 名誉・ステータス

3.1.3. 思い出・記念

4. 生存欲求

5. 1 ベネフィット

5.1. 顧客にとっての価値

5.2. 価値の不等号を維持する

5.2.1. -

5.3. 機能的ベネフィット

5.3.1. 物理的な価値

5.3.1.1. 早い

5.3.1.2. 便利

5.3.1.3. うまい

6. この軸に沿って経営の多くが決まる

7. 高い倫理観を持つ

8. 新しいトピック

9. 便益

10. 知っておくべき4つの理論  

10.1. 2 セグメンテーションとターゲティング

10.1.1. 顧客を分けて絞る

10.1.2. セグメント

10.1.2.1. 分けられた顧客のグループ

10.1.2.1.1. F1 女性20〜34歳

10.1.2.1.2. F2 女性35〜49歳

10.1.2.1.3. F3 女性50歳以上

10.1.2.1.4. M1 男性20〜34歳

10.1.2.1.5. M2 男性35〜49歳

10.1.2.1.6. M3 男性50歳以上

10.1.2.2. 事業セグメント

10.1.2.3. 分けること

10.1.2.4. 心理的セグメンテーション

10.1.2.4.1. 2 初期採用者  一般に広く普及する前に使い始める人

10.1.2.4.2. 3 前期マジョリティ  普及し始める頃に使い始める人

10.1.2.4.3. 4 後期マジョリティ  ほぼ普及したのを確認してから使い始める人

10.1.2.4.4. 1 革新者 1番最初に見つけて、使い始める人

10.1.2.4.5. 5 遅延者  1番遅れて使い始める人。または使わない人

10.1.2.5. 人口統計的セグメント

10.1.2.5.1. 1 そこそこ正確で低価格層

10.1.2.5.2. 2 正確で手間入らず層

10.1.2.5.3. 3 デザイン重視層

10.1.2.5.4. 4 ブランド重視層

10.1.3. ターゲット

10.1.3.1. 狙いをつけた客

10.1.3.2. セグメントされた中で売るべき顧客セグメント

10.1.3.3. ターゲットを狙うことは「絞ること」

10.1.3.3.1. 1 市場が十分に大きい

10.1.3.3.2. 2 競合の激しさと自社の強み

10.1.3.3.3. 3 価値の必要度の高さ

10.2. 3 差別化

10.2.1. 価値を実現するための製品・価格・販路・広告

10.2.2. 競合よりも高い価値を提供する

10.3. 4 4P

11. 顧客は「欲求充足」を買う

11.1. 新しいトピック

12. -

13. 例 腕時計

13.1. 腕時計をしている人

13.1.1. WHYを細分化

13.2. 腕時計をしていない

13.2.1. WHYを細分化

13.3. 新しいトピック

14. マーケティング

14.1. 単純に考えると

14.1.1. 顧客が買うための手間、時間、エネルギーを減らす

14.1.2. 「顧客にとっての価値」を高める

14.1.3. 値下げをするための努力をする

14.2. マーケティングとは

14.2.1. 顧客にとっての価値に関連するすべてのことであり、作る人、売る人全てを含んだ全社員の仕事

15. 価値の源は人間の三代欲求

15.1. マズローの欲求5段解説

15.1.1. アルダーファー氏が唱えたERG理論

15.1.1.1. Existence 生存

15.1.1.1.1. 新しいトピック

15.1.1.2. Relatedness 他人との関係

15.1.1.3. Growth 成長

15.1.2. 三大欲求

15.1.2.1. 事故欲求

15.1.2.2. 社会欲求

16. 差別化

17. 3つの差別化攻略

17.1. 手軽軸

17.1.1. 手軽にすませたい

17.2. 商品軸

17.2.1. とにかくいいものを

17.3. 密着軸

17.3.1. いつもの店

17.3.2. 気の利いた対応ができる従業員が魅力的て

18. 4P

18.1. price【価格】

18.1.1. どれだけの対価を受け取るか

18.1.1.1. どのように「対価」をいただくかは、ビジネスモデルの中核

18.2. product【製品・サービス】

18.2.1. 有形無形に関わらず「売り物」

18.2.2. どんな価値を実現するか?

18.2.2.1. 何を売っているのか?

18.2.2.2. あなたは何屋か?

18.2.2.2.1. どんな顧客のどんな価値を実現しようとしているか?と同じ

18.3. promotion【広告・販促】

18.3.1. 買ったことがない人には、良いだろうと「感じてもらうこと」が重要

18.3.1.1. トーン&マナーで高級感を出す

18.3.2. 顧客への認知と購買の促進

18.4. place【流通・チャネル】

18.4.1. どこで買ってもらうか