Начать. Это бесплатно
или регистрация c помощью Вашего email-адреса
皮膚科学 создатель Mind Map: 皮膚科学

1. チャット入力お願いします

1.1. 今後の授業の流れ(9/18現在)

1.1.1. オンラインで授業

1.1.2. 遅刻・欠席は今まで通りチャットで確認

1.1.2.1. 10分までは遅刻、11分からは欠席

1.1.3. 各章が終わるたびに課題(穴埋め)

1.1.4. いつも通り期限後の提出は1コマ欠席

1.1.5. 今回は1コマしかないのでオンライン授業のみ

1.1.6. 授業中に説明したところが特に大事

1.1.6.1. ノートにメモする

1.1.6.2. 教科書にラインを引く

1.1.6.3. 今共有しているマップをいつでも見れるようにします

1.1.6.3.1. マインドマイスター

1.1.6.3.2. Googleアカウント

1.1.6.3.3. WEB上で見られます

1.1.6.3.4. アプリも

1.1.6.3.5. クラスルームにリンクを載せておきます

1.2. 第1章 皮膚の構造

1.2.1. 皮膚の表面

1.2.1.1. 皮膚小溝

1.2.1.1.1. くぼみ

1.2.1.2. 皮膚小稜

1.2.1.2.1. 高まり

1.2.2. 皮膚の断面

1.2.2.1. 表皮

1.2.2.1.1. 角質層

1.2.2.1.2. 顆粒層

1.2.2.1.3. 有棘層

1.2.2.1.4. 基底層

1.2.2.1.5. 『かくかゆうき』で覚えると覚えやすい

1.2.2.1.6. ランゲルハンス細胞

1.2.2.2. 真皮

1.2.2.2.1. 膠原繊維

1.2.2.2.2. 弾性繊維

1.2.2.2.3. 膠原繊維と弾性繊維の間は

1.2.2.3. 皮下組織

1.2.2.3.1. 脂肪細胞で脂肪が作られる

1.2.2.3.2. 女性のほうが厚い

1.2.2.3.3. 衝撃が内部に及ばないようにクッションの役割

1.2.2.3.4. 断熱材の働き

1.2.2.4. 表皮と真皮の境は

1.2.2.4.1. 表皮突起と真皮の乳頭が入り組み

1.2.2.4.2. 波状になっている

1.2.3. 頭の皮膚

1.2.3.1. 厚くて強い

1.2.3.2. ゴムのような硬さと弾力

1.2.3.3. 脂腺が多く脂ぎってる

1.2.4. 顔の皮膚

1.2.4.1. 薄くて柔らか

1.2.4.2. 部位によって厚さに差がある

1.2.4.3. 汗腺、脂腺が多い

1.2.4.3.1. 汗をかきやすい

1.2.4.3.2. ニキビができやすい

1.2.5. 耳と首すじの皮膚

1.2.5.1. 耳

1.2.5.1.1. 薄く、皮下脂肪がほとんど無い

1.2.5.2. 首

1.2.5.2.1. 神経が多い

1.2.6. 体幹の皮膚

1.2.6.1. 腹側より背側のほうが厚い

1.2.6.2. 軟毛が生えている

1.2.7. 陰部・肛門の皮膚

1.2.7.1. 粘膜に近い性質

1.2.7.2. メラニンが多い

1.2.8. 手掌・足底の皮膚

1.2.8.1. 角質層が厚い

1.2.8.2. 脂腺は無い

1.2.8.3. 汗腺が多い

1.2.8.4. 皮下脂肪が多い

1.3. 第2章 皮膚付属機関の構造

1.3.1. 毛

1.3.1.1. 全身に約130~140万本

1.3.1.1.1. 頭毛は約10万本

1.3.1.1.2. 手掌、足底等毛が生えない部位もある

1.3.1.2. 形状

1.3.1.2.1. 直毛

1.3.1.2.2. 波状毛

1.3.1.2.3. 球状毛

1.3.1.2.4. 毛根の形で変わる

1.3.1.3. 断面

1.3.1.3.1. 直毛

1.3.1.3.2. 波状毛、球状毛

1.3.1.4. 太さ

1.3.1.4.1. 0.005~0.2mm

1.3.1.4.2. 人種、年齢、性別、部位によってさまざま

1.3.1.5. 構造

1.3.1.5.1. 毛幹

1.3.1.5.2. 毛根

1.3.1.5.3. 毛球

1.3.1.5.4. 輪切りにして拡大すると

1.3.1.6. カラーやパーマをすると

1.3.1.6.1. 髪の毛の成分、ケラチンも変化

1.3.1.6.2. 乾燥

1.3.1.6.3. もろくなる

1.3.1.6.4. ブリーチした髪にパーマをかけると

1.3.1.7. 毛周期

1.3.1.7.1. 成長期

1.3.1.7.2. 退後期

1.3.1.7.3. 休止期

1.3.1.7.4. 頭毛は成長期が長く、休止期が短い

1.3.1.7.5. 部位によって毛周期は様々

1.3.1.7.6. サロンでカットした時は毛先が揃っていても

1.3.1.8. 性状

1.3.1.8.1. ケラチン

1.3.1.8.2. 水素結合

1.3.1.9. 立毛筋

1.3.1.9.1. 毛包に付いている

1.3.1.9.2. 収縮

1.3.2. 脂腺

1.3.2.1. 毛包の鈍角側

1.3.2.2. 立毛筋の上方

1.3.2.3. 毛包に開口

1.3.2.4. 皮膚や毛に油を与えている

1.3.2.5. 手掌、足底には無い

1.3.2.6. 頭毛の生えている部位、額、鼻翼

1.3.2.7. 眉間、鼻翼の周辺、下顎等

1.3.2.8. 多く分布している

1.3.2.8.1. 1章でやりましたがニキビのできやすい部位

1.3.2.8.2. 頭皮に関してはふけが出やすい

1.3.3. 汗腺

1.3.3.1. エクリン腺(小汗線)

1.3.3.1.1. 真皮の深い所

1.3.3.1.2. 糸くずを丸めたような形

1.3.3.1.3. 表皮突起の内部をコルクの栓抜きのように

1.3.3.1.4. 螺旋を描きながら皮膚表面に開口

1.3.3.1.5. 手掌、足底が最も多く、次に額が多い

1.3.3.1.6. ほとんど水分と塩分

1.3.3.1.7. 口唇の一部以外全身に分布

1.3.3.2. アポクリン腺(大汗線)

1.3.3.2.1. エクリン腺より大きい

1.3.3.2.2. 外耳道、腋窩、乳輪、臍部(へそ)、会陰部のみ

1.3.3.2.3. 真皮の深い所、または皮下組織にある

1.3.3.2.4. 毛包と平行に走り、脂腺よりさらに上方で毛包内に開口

1.3.3.2.5. タンパク質、脂質、糖分などいろいろ含まれる

1.3.3.3. 汗腺はこの2つ

1.3.3.4. 場所に関しては絵を見て覚える

1.3.3.4.1. 開口部の違いが重要

1.3.4. 爪

1.3.4.1. 角質層が変化したもの

1.3.4.2. 成分はケラチン

1.3.4.3. 成長周期が無い

1.3.4.3.1. 絶えず成長を続けている

1.3.4.3.2. 髪の毛みたいに抜け落ちたりしない

1.3.4.3.3. 想像するだけで痛い

1.3.4.4. 高齢になると縦溝ができたりする

1.3.4.4.1. 病的に深くなると

1.3.4.4.2. 割れ目ができ

1.3.4.4.3. もろくなる

1.3.4.4.4. ビタミンA不足

1.3.4.5. 爪に関しては美容理論でもやるのでここではさらっと

1.4. 第3章 皮膚の循環器系と神経系

1.4.1. 皮膚の血管

1.4.1.1. 生理解剖でも血管についてはやりました

1.4.1.1.1. 酸素や栄養素を与える役目

1.4.1.1.2. 皮膚でも同じ

1.4.1.2. 皮膚にも血管が通っています

1.4.1.2.1. 皮膚では多くの場合動脈と静脈が並んで走ってる

1.4.1.2.2. 皮膚の深い所から

1.4.1.2.3. 上に登るように通ってる

1.4.1.2.4. 毛包、脂腺、汗腺、毛乳頭にも血管が通っている

1.4.1.2.5. 顔とか頭は血管発達している

1.4.2. 皮膚のリンパ管

1.4.2.1. リンパ管も生理解剖でやった

1.4.2.2. 真皮の真皮乳頭層から始まる

1.4.2.2.1. 起始部リンパ管

1.4.2.2.2. 先端は手袋のようになっている

1.4.2.3. 恒常性の維持

1.4.2.3.1. 常に同じ状態を維持

1.4.2.4. 異物の除去

1.4.2.5. 免疫

1.4.2.6. がん細胞が転移にも関与する

1.4.2.7. 皮膚のリンパも軽めのマッサージが効果的

1.4.2.7.1. むくみ解消

1.4.3. 皮膚の神経

1.4.3.1. 知覚神経

1.4.3.1.1. 皮膚感覚

1.4.3.1.2. 温覚、冷覚、触覚、痛覚及びかゆみ

1.4.3.2. 自律神経

1.4.3.2.1. 皮膚では交感神経のみ

1.4.3.2.2. 汗腺

1.4.3.2.3. 立毛筋

1.4.3.2.4. 皮膚血管

1.4.3.2.5. リンパ管

1.4.3.2.6. 皮膚ではこれらが自律神経の支配を受けている

1.4.3.2.7. 脂腺だけは神経支配を受けていない

1.4.3.3. これも生理解剖でやった

1.5. 第4章 皮膚と皮膚付属器官の生理機能

1.5.1. 対外保護作用

1.5.1.1. 機械的外力に対する保護作用

1.5.1.1.1. 皮膚は外力に対して結構強い

1.5.1.1.2. 刃物を使わない限り

1.5.1.1.3. 簡単には切れたり、裂けたりしない

1.5.1.1.4. それは

1.5.1.2. 光線に対する保護作用

1.5.1.2.1. ここで言う光線っていうのは紫外線のこと

1.5.1.2.2. 紫外線は日光に含まれる

1.5.1.2.3. 皮膚は紫外線が内部に達しないようにしている

1.5.1.2.4. 皮膚に紫外線が当たると

1.5.1.2.5. 強い紫外線を長時間当てると

1.5.1.3. 化学的刺激に対する保護作用

1.5.1.3.1. 皮膚の表面には脂肪膜または酸膜とよばれる膜がある。

1.5.1.4. 細菌、微生物に対する保護作用

1.5.1.4.1. 正常な皮膚では菌の繁殖がし辛い環境

1.5.1.4.2. 自己浄化作用

1.5.2. 体温調節作用

1.5.2.1. 人間は恒温動物

1.5.2.2. 体温を一定に保つ

1.5.2.2.1. 皮下脂肪

1.5.2.2.2. 頭毛

1.5.2.2.3. 皮膚

1.5.3. 知覚作用と皮膚反射

1.5.3.1. 知覚作用とは

1.5.3.2. 触覚(圧覚)

1.5.3.2.1. 触点

1.5.3.3. 温覚

1.5.3.3.1. 温点

1.5.3.3.2. 皮膚では最も少ない

1.5.3.4. 冷覚

1.5.3.4.1. 冷点

1.5.3.5. 痛覚

1.5.3.5.1. 痛点

1.5.3.5.2. 皮膚では最も多い

1.5.3.6. 搔痒(かゆい)

1.5.3.6.1. かゆみ点

1.5.3.6.2. かゆみ点に機械的、物理的、化学的刺激が加わるとかゆみが起こる

1.5.3.6.3. かゆみは温めると強くなり、冷やすと弱くなる

1.5.3.7. これらを感じる作用

1.5.3.8. これらに触れた時

1.5.3.8.1. 熱いもの、冷たいもの触れたり

1.5.3.8.2. 外の温度を感じ

1.5.3.8.3. この身体の反応

1.5.3.9. 皮膚を爪などでひっかくと

1.5.3.9.1. 白い線、赤い線ができる

1.5.3.9.2. その部位が腫れ上がる

1.5.3.9.3. 皮膚描記症

1.5.3.9.4. 蕁麻疹が出やすい人は強く出る

1.5.4. 分泌排泄作用

1.5.4.1. 皮脂の分泌

1.5.4.1.1. 前にやりましたが

1.5.4.1.2. 頭部、額が多い

1.5.4.1.3. 脂腺の発育は男性ホルモンによるもの

1.5.4.1.4. 外の温度が上がると分泌が盛んに

1.5.4.1.5. 脂肪膜の厚さも分泌に影響する

1.5.4.2. 皮脂の生理作用

1.5.4.2.1. 皮脂の役割は

1.5.4.2.2. 角質層と毛の表面に脂肪膜を作り

1.5.4.2.3. 皮膚と毛に滑らかさと光沢を与え

1.5.4.2.4. 皮膚と毛から水分が蒸発するのを防ぐ

1.5.4.2.5. 皮脂の中の脂肪酸が化膿菌や白癬菌を殺す

1.5.4.3. 皮脂が皮膚表面に分泌されると

1.5.4.3.1. 汗と混じって脂肪膜になる

1.5.4.3.2. 普通は水と油は混ざらないけど

1.5.4.3.3. 皮脂の中に乳化作用を行う物質が含まれる

1.5.4.4. 汗の分泌

1.5.4.4.1. 汗の主な役割

1.5.4.4.2. 汗の出どころ

1.5.5. 呼吸作用

1.5.5.1. カエルとかは皮膚呼吸ができる

1.5.5.2. 人間はできません

1.5.6. 吸収作用

1.5.6.1. 健康な皮膚では一定の条件で物質を取り入れるはたらきを行っている

1.5.6.1.1. 経皮吸収

1.5.6.2. 角質層の細胞間に脂性成分が存在しているので

1.5.6.3. 脂溶性物質

1.5.6.4. 水にも油脂にも溶ける物質

1.5.6.5. 吸収されやすい

1.5.6.6. 油同士は混ざるので

1.5.6.7. 経皮吸収には2つの経路があります

1.5.6.7.1. 表皮経路

1.5.6.7.2. 皮膚付属機関経路

1.5.6.8. 吸収されやすい物質

1.5.6.8.1. ステロイドホルモン

1.5.6.8.2. ビタミンA・E・Dなどの脂溶性ビタミン

1.5.6.9. 密封包帯

1.5.6.9.1. 薬剤を皮膚に塗ってラップ

1.5.6.9.2. その上から包帯で密閉

1.5.6.9.3. 吸収促進効果

1.5.6.9.4. ハンドクリームを塗って

1.5.6.9.5. 綿手袋をしても同じように吸収促進

1.5.6.9.6. カブレやすい人は注意

1.5.7. 貯蔵作用

1.5.7.1. 皮下組織には皮下脂肪として余分な栄養物質を蓄えている

1.5.7.2. 皮膚には多くの水分が含まれている

1.5.7.2.1. 子供は8割くらい

1.5.7.2.2. 成人は6割くらい

1.5.7.2.3. 年をとっても皮膚に含まれる水分はかなり多い

1.5.8. 免疫・解毒・排除作用

1.5.8.1. 皮膚に病原菌や異物が侵入すると

1.5.8.1.1. 白血球の好中球や単球が集まって

1.5.8.1.2. 貪食して殺菌、溶菌、分解、処理をする

1.5.8.2. 化学物質が侵入すると

1.5.8.2.1. 化学物質とは

1.5.8.2.2. 好中球やマクロファージが

1.5.8.2.3. 酵素などを産生、分泌

1.5.8.2.4. 分解、解毒、処理をする

1.5.8.2.5. マクロファージとは

1.5.8.2.6. 処理しきれない場合

1.5.9. 再生作用

1.5.9.1. 角化

1.5.9.1.1. 正常な皮膚の表皮は、古くなった角質細胞がはげ落ち

1.5.9.1.2. 基底細胞が分裂して

1.5.9.1.3. 新しい表皮細胞を作る

1.5.9.2. 皮膚の再生能力は優秀

1.5.9.3. 皮膚に欠損が生じてもやがて修復される

1.5.9.4. 欠損が表皮に限られる場合は基底細胞が残っていれば

1.5.9.5. まったく瘢痕を残さず回復する

1.5.9.6. 真皮の結合組織が損傷すると

1.5.9.7. 再生はするけど傷跡が残る

1.5.10. 毛のはたらき

1.5.10.1. 機械的な刺激やごみなどを防ぐ

1.5.10.1.1. 頭毛、鼻毛、眉毛、睫毛など

1.5.10.2. 保温機能

1.5.10.2.1. 人間にとってはそこまで重要じゃない

1.5.10.2.2. 服着るし

1.5.10.2.3. ロングの人がショートにすると涼しい

1.5.10.3. 装飾的機能

1.5.10.3.1. 見た目を変化させる

1.5.10.3.2. 美の観点からすると重要

1.5.11. 爪のはたらき

1.5.11.1. 保護作用

1.5.11.1.1. 爪はとっても硬い

1.5.11.1.2. 指先を守る

1.5.11.2. 武器

1.5.11.2.1. 動物限定

1.5.11.3. 美容

1.5.11.3.1. マニキュア

1.5.11.3.2. ペディキュア

1.5.11.4. 爪も再生能力があります

1.5.11.4.1. 爪母が保存されていれば再生する

1.5.11.4.2. 爪母の一部が欠損すると

1.5.11.4.3. その部分は変形したり

1.5.11.4.4. 再生できなくなる

1.6. 第5章 皮膚と皮膚付属器官の保健

1.6.1. 皮膚と全身状態

1.6.1.1. 皮膚にも健康状態が現れる

1.6.1.2. 健康

1.6.1.2.1. 血色が良くて

1.6.1.2.2. 艶やか

1.6.1.3. 不健康

1.6.1.3.1. 顔が青ざめたり

1.6.1.3.2. 艶が無い

1.6.1.4. 貧血の場合

1.6.1.4.1. 皮膚が青白くなる

1.6.1.5. 栄養失調の場合

1.6.1.5.1. 皮下脂肪が減少

1.6.1.5.2. やせ細る

1.6.1.5.3. 皮膚はむくんでくる

1.6.1.6. 胃がんの場合

1.6.1.6.1. 全身衰弱

1.6.1.6.2. 皮膚は暗黒色

1.6.1.6.3. シミができる

1.6.1.7. 心臓や腎臓が悪い場合

1.6.1.7.1. 心臓

1.6.1.7.2. 腎臓

1.6.1.8. 肝臓が悪い場合

1.6.1.8.1. 黄疸という症状になると

1.6.1.8.2. 皮膚が黄色になる

1.6.1.9. 便秘の場合

1.6.1.9.1. 調子が悪い

1.6.1.10. 糖尿病の場合

1.6.1.10.1. 細菌や真菌による皮膚疾患などにかかりやすくなる

1.6.1.11. これだけ見ても皮膚に体調の変化が現れることが分かります

1.6.1.12. 不規則な生活

1.6.1.13. 飲酒・喫煙・暴飲暴食

1.6.1.14. 気を付けましょう

1.6.2. 皮膚と精神

1.6.2.1. 精神面の状態によって皮膚の状態も変化する

1.6.2.2. ストレス

1.6.2.2.1. ホルモンのバランスが崩れて月経が止まったり

1.6.2.2.2. 蕁麻疹が出たり

1.6.2.2.3. アトピーがひどくなったり

1.6.2.2.4. 円形脱毛症もストレスが原因の一部と言われてる

1.6.2.3. 緊張すると

1.6.2.3.1. 汗の分泌が盛んに

1.6.2.3.2. 特に汗の分泌が多い人を

1.6.2.3.3. 多汗症といいます

1.6.2.3.4. 多汗症の人は汗をかいていることを気にし始めると

1.6.2.3.5. ますます汗の分泌が多くなる

1.6.2.3.6. 無限ループ

1.6.2.4. 精神的に病むと良くないことばかり

1.6.2.4.1. 過度に頑張りすぎない

1.6.2.4.2. ゆっくり休む

1.6.2.4.3. 悩んだら誰かに相談する

1.6.2.4.4. ストレスで死ぬ人もたくさんいるので

1.6.3. 皮膚と栄養

1.6.3.1. 皮膚は食べ物から栄養を補給する

1.6.3.2. 食べ物から得た栄養は体内から血液によって供給される

1.6.3.3. 栄養を効率よく吸収するには

1.6.3.3.1. 胃腸が健康である必要がある

1.6.3.3.2. そのためには規則正しい生活

1.6.3.4. 栄養を効率よく利用するには

1.6.3.4.1. 外部からの刺激の影響を最小限にとどめるために

1.6.3.4.2. クリームなどで皮膚を保護する

1.6.3.4.3. 栄養のバランスを良くする

1.6.3.4.4. 無理なダイエットで栄養バランスが崩れると

1.6.3.4.5. 皮膚に影響がでて来る

1.6.3.4.6. タンパク質が皮膚の主成分なので

1.6.3.4.7. 不足しないようにする

1.6.3.4.8. 特に動物性タンパク質が体内で利用されやすい

1.6.3.4.9. 食べ過ぎると胃腸に負担がかかるので

1.6.3.4.10. 適度な量・適切な時間に食べる

1.6.4. 皮膚とし好品

1.6.4.1. し好品とは

1.6.4.1.1. アルコール

1.6.4.1.2. タバコ

1.6.4.1.3. コーヒー

1.6.4.1.4. お茶

1.6.4.1.5. などなど

1.6.4.1.6. 栄養が全くないかほぼ無いもの

1.6.4.1.7. 楽しむだけのもの

1.6.4.2. 常用すると人体に影響が

1.6.4.2.1. コーヒー、ココア、お茶

1.6.4.2.2. 大量に摂取すると悪影響

1.6.4.3. 特にたばこやアルコール

1.6.4.3.1. タバコ

1.6.4.3.2. アルコール

1.6.5. 次はここから

1.6.6. 皮膚と体内病変

1.6.6.1. 臓器に病気があると皮膚にいろいろな変化が起こる

1.6.6.2. 肝臓と皮膚

1.6.6.2.1. 血中に胆汁色素が増加

1.6.6.2.2. 皮膚が黄色くなり、黄疸と言われる症状に

1.6.6.2.3. かゆみが出ることも

1.6.6.2.4. ビタミンBを利用し辛くなる

1.6.6.2.5. 男性の女性化

1.6.6.3. 腎臓と皮膚

1.6.6.3.1. むくみが出て、弾力、光沢が無くなる

1.6.6.4. 胃腸と皮膚

1.6.6.4.1. 栄養の吸収、利用の妨げ

1.6.6.4.2. 便秘になり、ニキビ、蕁麻疹、湿疹の悪化

1.6.6.5. 膵臓と皮膚(糖尿病と皮膚変化)

1.6.6.5.1. 糖尿病は、膵臓から分泌される

1.6.6.5.2. インスリンというホルモンの不足によるもの

1.6.6.5.3. 糖尿病の人は自分でインスリン注射を投与

1.6.6.5.4. 症状としては血糖値の上昇

1.6.6.5.5. 皮膚の変化

1.6.7. 皮膚の水分と脂の状態

1.6.7.1. 人間の場合、体重の約60%が水分

1.6.7.2. 新生児はもっと多く、老化によって減少する

1.6.7.3. 皮膚の水分と油分が不足すると以下の症状が出やすい

1.6.7.4. しわ

1.6.7.4.1. 老化に伴って皮膚の張りと弾力が失われると

1.6.7.4.2. たるみが生じしわとなる

1.6.7.4.3. 皮膚の老化と対策

1.6.7.5. 乾皮

1.6.7.5.1. 肌のみずみずしさは水分量による

1.6.7.5.2. 角質層の保水機能

1.6.7.5.3. 乾皮対策

1.6.7.5.4. 老人性乾皮症

1.6.7.5.5. 手荒れ

1.6.7.5.6. 口唇荒れ

1.6.7.6. あぶら性の皮膚

1.6.7.6.1. 皮脂の分泌が多い脂性肌

1.6.7.6.2. 顔全体がぎとっとした感じ

1.6.7.6.3. テカテカして、毛孔が開き、小鼻から頬に赤味

1.6.7.6.4. 脂性肌の人は毛孔や汗孔に汚れがたまりやすい

1.6.7.6.5. ニキビができやすいのでケアが大事

1.6.7.7. 敏感肌

1.6.7.7.1. かゆみ、火照り、痛みの症状を敏感に示す肌

1.6.7.7.2. 刺激の強い化粧品を避ける

1.6.7.7.3. 敏感肌用を使う

1.6.8. 皮膚・付属機関とホルモン

1.6.8.1. 男性ホルモンと皮膚

1.6.8.1.1. 男性ホルモンは

1.6.8.1.2. 男性の場合は精巣から、女性の場合は副腎皮質から分泌される

1.6.8.1.3. 脂腺が発育して皮脂の分泌が増加

1.6.8.1.4. 角質層が厚くなる

1.6.8.1.5. 筋肉成分を作る

1.6.8.2. 女性ホルモンと皮膚

1.6.8.2.1. 女性ホルモンは

1.6.8.2.2. 卵胞ホルモンと黄体ホルモンといわれるもののこと

1.6.8.2.3. 更年期になると女性ホルモンの分泌が停止

1.6.8.2.4. 月経周期によっても肌は変化する

1.6.8.2.5. 妊娠中も肌が変化

1.6.8.3. 副腎皮質ホルモンと皮膚

1.6.8.3.1. 副腎皮質ホルモンが減少すると

1.6.8.3.2. 血圧が下がり

1.6.8.3.3. 筋肉の力が弱くなる

1.6.8.3.4. 皮膚は刺激を受けやすくなる

1.6.8.4. 脂腺とホルモン

1.6.8.4.1. 何度も出てきてますが

1.6.8.4.2. 脂腺は男性ホルモンの影響によって発育

1.6.8.4.3. 思春期に多く分泌

1.6.8.5. 毛とホルモン

1.6.8.5.1. 毛の硬さは遺伝的な要素もあるが

1.6.8.5.2. 性ホルモンも関係している

1.6.8.5.3. 成長していくにつれて腋毛、陰毛が生え

1.6.8.5.4. 男性は髭、胸毛や四肢に硬毛が生える

1.6.8.5.5. 更に年を取ると

1.6.8.5.6. 男性は脱毛が目立ち始める

1.6.8.5.7. 毛の変化は

1.6.9. 皮膚の保護と手入れ

1.6.9.1. 皮膚の保健

1.6.9.1.1. 必要な栄養をとり、内側から皮膚の保健に努めると共に

1.6.9.1.2. 適切な皮膚の手入れを行うことが皮膚にとって何より大切

1.6.9.1.3. また自分の身体の状態を知って適せつな化粧品を使う

1.6.9.2. 皮膚の手入れ

1.6.9.2.1. 皮膚の手入れの目的は

1.6.9.2.2. 皮膚の手入れで最も大切なことは

1.6.9.2.3. 顔や体を洗う際はぬるま湯がおススメ

1.6.9.2.4. 乾燥肌の人は洗浄力を押さえた洗顔料・ボディーソープを使って

1.6.9.2.5. その後しっかりとクリームで保湿

1.6.9.3. ひげそりあとの皮膚の手入れ

1.6.9.3.1. 髭剃りは肌の負担を抑えるために毛流に沿って行う

1.6.9.3.2. 泡立てた石鹸液やシェービングフォームを使い

1.6.9.3.3. 肌の負担を抑える

1.6.9.3.4. 髭剃り後

1.6.9.4. ふけ症の手入れ

1.6.9.5. 汗をかきやすい部位の手入れ

1.6.9.6. 紫外線に対する皮膚の手入れ

1.6.9.7. 皮膚表面のpHと化粧品

1.6.9.8. 皮膚の色を白くする化粧品

1.6.9.9. 硬い皮膚のケア

1.6.10. 毛の保護と手入れ

1.6.11. 爪の保護と手入れ

1.6.12. 子供のおしゃれによる皮膚トラブル