日本人の勝算人口減少*高齢化×資本主義

Начать. Это бесплатно
или регистрация c помощью Вашего email-адреса
日本人の勝算人口減少*高齢化×資本主義 создатель Mind Map: 日本人の勝算人口減少*高齢化×資本主義

1. デービットアトキンソン

1.1. 118人の外国人エコノミストの分析をも

2. 1章 人口減少を直視せよ――今という「最後のチャンス」を逃すな

2.1. 最強のデフレリスク

2.1.1. 需要

2.1.1.1. 理由

2.1.1.1.1. ①人口減少と②少子高齢化

2.1.1.1.2. ③政治的なデフレ圧力

2.1.1.1.3. ④産業高税の変化

2.1.1.1.4. ⑤外国資産の売却

2.1.1.2. 先進国の中で減少しているのは日本だけ

2.1.2. 供給

2.1.2.1. 理由

2.1.2.1.1. ①

2.1.2.1.2. ②労働分配率

2.1.2.1.3. ③最低賃金が低い

2.1.2.1.4. ④低賃金の外国人労働者を迎えることによる

2.1.3. もう一つ

2.1.3.1. 借金するのは若い時期

2.1.3.1.1. 家を買う

2.1.3.2. 消費意欲

2.1.3.2.1. 若い人が高い

2.1.4. 空き家

2.2. じゃあどうすれば?

2.2.1. 必要なのは継続的な賃上げ

3. 第2章 資本主義をアップデートせよ――「高付加価値・高所得経済」への転換

3.1. 経済成長

3.1.1. 人口要因

3.1.1.1. これでかいよ!前提として

3.1.2. 生産性要因

3.2. 日本は人口へる

3.2.1. 人口×生産性

3.2.1.1. GDP総額

3.2.1.1.1. 賃上げ

3.3. いいものををより安くは人口増加が大前提

3.3.1. 労働者の質4位

3.3.1.1. 生産性28位

3.3.2. 生産性が低い

3.4. High road capitalism

3.4.1. 生産性向上の意識改革

3.4.2. 高付加価値

3.4.2.1. 高所得資本主義

3.4.3. 労働者はいくつものスキル

3.4.3.1. マルチタスク

4. 第3章 海外市場を目指せ――日本は「輸出できるもの」の宝庫だ

4.1. 人口減少と高齢化によって買ってもらえなくなったものを輸出

4.2. 総額輸出額が4位なだけ

4.2.1. 1人当たりにしないと

4.2.2. オリンピックを使っての比喩

4.2.2.1. イギリスと日本のメダルの数を比較しても意味がない

4.3. 3つの貧乏くさい反論

4.3.1. アメリカとの比較

4.3.1.1. そもそも前提条件が違う

4.3.2. ドイツはEUだから

4.3.2.1. いいわけだろ

4.3.3. 中国に勝てない

4.3.3.1. 中国はまだ安い労働力を武器にしている

4.4. すでに成功している輸出戦略ある

4.5. 輸出と生産性の深い関係

4.5.1. 輸出比率が高い国は、生産性も高い。

4.5.2. 生産性が高いから輸出する

4.6. 輸入と生産性を高める

4.6.1. 3つ

4.6.1.1. Intermediate

4.6.1.1.1. 中間品

4.6.1.2. 生産性が高い企業ほど輸入による生産性向上

4.6.1.3. 輸入による学習効果

4.6.1.3.1. あり

5. 第4章 企業規模を拡大せよ――「日本人の底力」は大企業でこそ生きる

5.1. 日本には小さな企業が多すぎる

5.1.1. 大発見

5.1.1.1. 企業規模と生産性には相関関係がある

5.1.2. 規模が小さいと生産性の低い仕事

5.1.2.1. 投資できないから

5.1.2.1.1. 設備

5.1.2.1.2. TOOL

5.1.3. 生産性を追求することによってある程度の規模が必要(仮説)

5.2. 女性活躍と企業規模

5.2.1. 日本はまだまだ

5.2.2. 相関関係があった

5.2.2.1. フレキシブルができるのは大企業

5.2.2.1.1. 産休など

5.3. 生産性向上のためには企業の規模を拡大

5.3.1. 企業統合いいのでは?

6. 第5章 最低賃金を引き上げよ――「正当な評価」は人を動かす

6.1. 鶏が先か卵が先か?という論点はあるが

6.2. 最低賃金引き上げが望ましい六つの理由

6.2.1. 最も生産性の低い企業をターゲットにできる

6.2.2. 効果は波及する

6.2.3. 消費への影響が大きい

6.2.4. 雇用を増やすことも可能

6.2.5. 労働組合の弱体化

6.2.6. 生産性向上を強制

6.3. イギリスの事例から学ぶ

6.3.1. ①最低賃金がなかった

6.3.2. ②イギリスの生産性が低かった

6.3.3. ③徹底的な検証がされている

6.3.4. ④経済規模が大きい

6.4. 失業者が増えるのか?

7. 第6章 生産性を高めよ――日本は「賃上げショック」で生まれ変わる

7.1. 生産性ショック

7.1.1. 40代が一番高い

7.1.1.1. これが減る。

7.1.2. 伸びしろはある!

7.2. 向上させないとだめ

7.3. 最低賃金引きあげメリット

7.3.1. ①企業規模拡大

7.3.1.1. 小規模な会社は払えない

7.3.2. ②デフレ脱却

7.3.3. ③女性活躍

7.3.4. ⑥少子化対策にも

7.3.5. ④格差社会

7.3.6. ⑤地方創生

7.4. もう一つ期待

7.4.1. 日本人の変わらない力は異常

7.5. 生産性向上に必要なもの と 相関関係

7.5.1. ①アントレプレナリズム

7.5.1.1. 0.91

7.5.1.2. 市場に変化と成長を起こすような発想の創出

7.5.1.2.1. 普及・適用を促す人

7.5.2. ②労働者1人あたりの物資資本増強

7.5.2.1. 0.77

7.5.3. ③スキルアップ

7.5.3.1. 経営者のスキルアップが必須(日本)

7.5.4. ④技術革新

7.5.4.1. 0.56

8. 第7章 人材育成トレーニングを「強制」せよ

8.1. 経済成長の中身3つ

8.1.1. 労働の投入量

8.1.2. 資本の蓄積

8.1.3. 全要素生産性

8.1.3.1. これ

8.1.3.2. 工夫

8.1.3.2.1. 発想、クリエイティブ

8.2. 経営者が無能