先端科学の紹介:意識学とは?心のサイエンス到来

Começar. É Gratuito
ou inscrever-se com seu endereço de e-mail
先端科学の紹介:意識学とは?心のサイエンス到来 por Mind Map: 先端科学の紹介:意識学とは?心のサイエンス到来

1. 意識学を勉強しようと思ったきっかけ

1.1. 日本

1.1.1. 禅

1.1.1.1. 15年間

1.1.2. 曖昧

1.1.3. 保守的

1.1.4. 子供の教育

1.1.4.1. 日に日に小さくなっていった

1.1.4.1.1. カナダへ移住

1.1.5. 東洋医学を専攻

1.1.5.1. 治療家になった

1.1.5.1.1. 外人

1.2. 究極のジレンマ

1.2.1. 戦争

1.2.1.1. 一方的に悪いことだと思わない

1.2.1.1.1. それだけのショックで意識がどう変わるのか

1.3. 3K

1.3.1. きつい、汚い、危険

1.3.1.1. エハンの3K

1.3.1.1.1. 健康

1.3.1.1.2. 経済

1.3.1.1.3. 体

2. unconscious

2.1. なぜ自分の意識が無くなるのか?

2.1.1. 昔の歯医者さん

2.1.1.1. ガスを吸う

2.1.1.1.1. 何も感じない

3. あるはずのないものが、自分の目の前に現れる

3.1. 絶対に忘れられない

4. ユング心理学

4.1. シンクロニシティー

4.1.1. 偶然の一致

4.2. 晩年のユング

4.2.1. 本(易)

4.2.1.1. 人間の経験の数

4.2.1.1.1. 65種類

5. UFOブーム

5.1. 宇宙からの訪問者

5.1.1. 空想?

5.1.1.1. 人間の意識から出てくる

5.1.1.1.1. 人間の次の進化のステージ

6. 意識という現象

6.1. 脳神経学の説明

6.1.1. 脳

6.1.1.1. 脳細胞

6.1.1.1.1. 連結ネットワーク

6.2. 本

6.2.1. 脳神経学者が見た死後の世界

6.2.1.1. ハーバードの一流の神経学者

6.2.1.1.1. 意識不明

6.3. ジョン・C・リリー

6.3.1. イルカの脳を解剖

6.3.1.1. 分からない

6.3.1.1.1. ソルトの液体に浮く実験

6.4. 太陽の暗号

6.4.1. 太陽活動

6.4.1.1. 意識の変化を起こすのではないか

6.5. 最初から生命現象があった

6.5.1. 生命現象=意識

6.5.1.1. 表現できるステージが必要と思い、 三次元宇宙をつくる

6.6. ロバート・ランザ

6.6.1. 幹細胞研究

6.6.2. バイオセントリズム

6.6.2.1. 生命は中心である

6.6.2.1.1. 自分が宇宙をつくっている

6.7. 夢に過ぎない