2014.10.30「米・超金融緩和終了」 今井純子解説委員

Solve your problems or get new ideas with basic brainstorming

Começar. É Gratuito
ou inscrever-se com seu endereço de e-mail
Rocket clouds
2014.10.30「米・超金融緩和終了」 今井純子解説委員 por Mind Map: 2014.10.30「米・超金融緩和終了」 今井純子解説委員

1. 世界の金融の枠組み

1.1. 大変化

1.1.1. 混乱が懸念

1.1.1.1. 金融市場

1.1.1.2. 経済

2. アメリカ

2.1. 超金融緩和

2.1.1. リーマンショック後 (6年前)

2.1.1.1. FRB

2.1.1.1.1. 金利0引き下げ

2.1.1.1.2. 2008年

2.1.1.1.3. 減らす

3. 理由

3.1. 効果

3.1.1. 経済持ち直し

3.1.1.1. GDP

3.1.1.1.1. 2013

3.2. 副作用

3.2.1. バブル懸念

3.2.1.1. 不動産価格

3.2.1.1.1. 上昇

3.2.1.2. 市場流れた大量ドル

3.2.1.2.1. 株式市場へ流れた

3.2.2. 格差の不満

3.2.2.1. 金融市場への投資

3.2.2.1.1. 富裕層

3.2.2.2. 中間層・貧困層

3.2.2.2.1. 投資できない

3.3. 金融緩和の効果

3.3.1. これ以上は副作用大きくなる

4. 世界経済

4.1. 2014IMF見通し

4.2. アメリカは上方修正

4.2.1. それ以外は下方修正

4.2.1.1. 新興国

4.2.1.1.1. かつての勢いなし

4.3. アメリカ頼み

4.3.1. 世界全体の冷え込み懸念

4.3.2. 雇用・賃金

4.3.2.1. 世界や日本へ影響

5. 世界への影響

5.1. 新興国

5.1.1. 大量の資金

5.1.1.1. 新興国へ流れる

5.1.1.1.1. 経済成長支える

5.2. 日本

5.2.1. いつアメリカが値上げに踏み切るか

5.2.1.1. 日銀

5.2.1.1.1. 追加緩和に追い込まれるのでは?

5.2.1.1.2. 2%物価上昇率

5.2.1.1.3. 追加緩和?

5.3. 日米が真反対の舵取り

5.3.1. 輸入依存の日本

5.3.1.1. 物価さらに引き上げに?

6. 日本

6.1. 不満

6.1.1. 物価上昇

6.1.2. 格差拡大

6.2. 懸念

6.2.1. 円安

6.2.1.1. 輸出が増えない

6.2.1.1.1. アベノミクスへの懸念も

7. 現状

7.1. 集中治療質は出たが

7.1.1. ゼロ金利点滴つけたまま

7.1.1.1. 実態

7.1.1.1.1. 失業率改善しているが

7.1.1.1.2. 賃金伸びなやみ