プロジェクトチーム

Começar. É Gratuito
ou inscrever-se com seu endereço de e-mail
プロジェクトチーム por Mind Map: プロジェクトチーム

1. プロジェクトの効果

1.1. 本来生まれなかった価値の創出

1.1.1. イノベーション

1.1.1.1. 専門職✕専門職

1.1.1.1.1. 努力は足し算、協力は掛け算

1.1.1.2. 弱みも個性

1.1.1.2.1. すべての人に存在価値

1.2. プロセスが楽しい

1.2.1. ワクワク感

1.2.1.1. 未来が楽しみ

1.2.1.2. 自分の力がいかせそう感

1.2.1.3. 共につくりあげる喜び

1.3. アクティベート

1.3.1. 熱量の高いチーム化

1.3.1.1. 業者も熱く

1.3.2. 2-6-2の打破

1.3.2.1. シチュエーションアプローチ

1.3.2.1.1. アクティブ

1.3.2.1.2. 挑戦

1.3.3. 募集ミーティング設置

1.4. 人材育成

1.4.1. 経験からの学習

1.4.1.1. 画一的な力➜特殊な能力

1.4.1.1.1. 何者にも代え難いあなた

1.4.2. 他者との協力

1.4.2.1. コレクティブインパクト

1.4.3. 計画する力

1.4.4. 達成感、成功体験

1.4.4.1. 自己肯定感、Meaning

1.4.5. 効率化➜創造する力、構想する力

1.4.5.1. 社会的意義、Social Impact

2. 必要となる背景

2.1. VUCA、未知の世界

2.1.1. 認知の限界

2.1.1.1. 正解がわからない

2.1.2. 計画と統制の限界

2.1.2.1. トップダウン型

2.1.2.2. プロジェクト型

2.1.2.2.1. 専門性✕専門性

2.1.2.2.2. フラットな関係

3. チームのつくり方

3.1. 心理的安全性

3.1.1. 挑戦できる、変化を起こせる

3.1.2. 正解がないことの共通理解

3.1.3. メンバーの居場所づくり

3.1.4. ぬるま湯

3.1.4.1. やらない人にとって居心地がよい

3.2. 相互信頼

3.2.1. きっと質の高い仕事をしている

3.2.2. 基本的にいい人だ

3.2.2.1. 嘘はつかない

3.2.2.2. ズルはしない

3.3. 役割、計画、目標の明確さ

3.3.1. 場当たり的でない最小限の計画

3.3.1.1. 誰が何をするのか皆が知っている

3.3.2. 目的(purpose)の共有

3.3.2.1. メジルシの共有

3.3.3. 体系化

3.3.3.1. コミットメント増

3.4. メンバーにとっての意味

3.4.1. 自己実現

3.4.1.1. 使命感

3.4.2. 自己成長

3.4.2.1. 何が「できる」ようになるか

3.4.3. 新たな出会い

3.5. インパクト

3.5.1. 誰のためになるのか?

3.5.1.1. WHYから始めよ!

3.5.1.1.1. ゴールデンサークル

3.5.1.2. MCW

3.5.1.2.1. 1on1

3.5.1.3. SDGs

3.5.1.4. やりがい

3.5.1.4.1. 若者の価値観

3.6. 個性をいかす

3.6.1. 強み

3.6.1.1. 自らの存在する意味

3.6.2. その人ならではの意義

3.6.2.1. チームの参画

3.7. 多様性

3.7.1. 専門性✕専門性

3.7.1.1. 協力は掛け算

3.7.2. フラットな関係

3.7.2.1. 一人ひとりの尊重

3.7.3. 外側の視点

3.7.3.1. 講評

3.7.3.1.1. シチュエーションアプローチ

3.7.3.2. 自分たちより優れた人の導入

3.7.3.2.1. 専門家

3.7.3.2.2. 先行者

3.7.3.2.3. ライバル

3.8. オーナーシップ

3.8.1. 責任感

3.8.1.1. ファインプレー増

3.8.2. 自分の力で変えられる感覚

3.8.3. この学校➜うちの学校

3.9. リーダーの役割

3.9.1. 船を出航させる

3.9.2. 育てる感覚

3.9.3. プロジェクト運営の達人になる