コンペティションにどうしたら勝てるのか

Começar. É Gratuito
ou inscrever-se com seu endereço de e-mail
コンペティションにどうしたら勝てるのか por Mind Map: コンペティションにどうしたら勝てるのか

1. 前提

1.1. そもそもコンペティションはするべきなのか?

1.1.1. ブルーオーシャンはいない市場という認識なのでこれはさけられない

1.2. コンペティションには2つある

1.2.1. 提案コンペティション

1.2.2. パフォーマンスコンペティション

2. 今の敗因

2.1. 解決できるもの

2.1.1. 知識/ナレッジ

2.1.1.1. クライアント知識

2.1.1.2. 広告媒体側知識

2.1.2. プレゼン力

2.1.2.1. ?いずれは久慈が講義できるレベルに

2.1.2.1.1. 例えば、ヒアリングここ抑えましょうよ。

2.1.3. 提案書の質

2.1.3.1. プロダクトケイパビリティ

2.1.3.2. チョモランマ

2.1.4. リソース

2.1.4.1. 生産性

2.1.4.2. 人員量

2.2. 仕組み/努力で解決できないもの

2.2.1. 政治

2.2.1.1. 競合との密接度合い

2.2.1.2. 担当者の好き/嫌い、モチベーション

2.3. 誰が課題感をもっているのか

2.3.1. まず聞いてみる

2.3.2. 大さんにも

2.3.2.1. 大さんいわく、ベースより顧客理解の不足が敗因

3. 勝てるための要素

3.1. いいヒアリング

3.1.1. 発見のための質問

3.1.1.1. Fact

3.1.1.2. 潜在的な不満やk台

3.1.2. 発展のための質問

3.1.2.1. 顧客課題の深刻さを認識させる質問

3.1.2.2. ソリューションできると何故良いのかまで再認識させる

3.1.3. いい質問

3.1.3.1. ①状況質問

3.1.3.1.1. 事実、情報、背景的データなどが対象の質問

3.1.3.2. ②課題質問

3.1.3.2.1. クライアントの課題や問題点、不満

3.1.3.3. ③示唆、リード質問

3.1.3.3.1. 現状の課題の悪影響やその結果に関することを聞き出す

3.1.3.4. ④解決質問

3.1.3.4.1. 解決の方向性やそのインパクトに関する質問

3.2. マーケット理解

3.2.1. 顧客理解

3.2.1.1. 強み、弱み

3.2.2. 競合理解

3.2.2.1. 広告状況(推測できる戦い方)

3.2.2.1.1. ?型化するのもありか

3.3. 本部はどうしているのか

3.3.1. 同期にきいてみる→Ans:

4. 目標

4.1. 勝率75%

4.2. 現状の勝率60くらい

4.3. 3Q 30コンペ⇒23勝