自社HP 入力研修会

自社HP入力研修会資料<20200511開催>

Maak een Begin. Het is Gratis
of registreren met je e-mailadres
自社HP 入力研修会 Door Mind Map: 自社HP 入力研修会

1. 今日の研修でやること

1.1. 公開されている WEB情報はどんな感じ?

1.1.1. 採用情報

1.1.1.1. リクナビ

1.1.1.2. マイナビ

1.1.2. 口コミサイト

1.1.2.1. OpenWork

1.1.2.2. 転職会議

1.1.2.3. カイシャの評判

1.1.3. 不動産情報ポータルサイト

1.1.3.1. at home

1.1.3.2. HOMES

1.1.3.3. SUUMO

1.1.3.4. yahoo!不動産

1.1.3.5. タウンライフ、持ち家計画

1.1.4. 自社HP

1.1.4.1. 会社のこと

1.1.4.2. イベント情報

1.1.4.3. 販売物件のこと

1.1.4.3.1. どうやって掲載しているの?

1.2. 販売物件の情報収集

1.2.1. 物件の特徴や強みを洗い出す ※【配布資料2】【配布資料3】【配布資料4】

1.2.1.1. 「現場見学会用物件記入シート」の記入 ※【配布資料5】

1.2.1.1.1. 上司とのロープレ

1.2.2. 物件の画像データを集める

1.2.2.1. 完成物件

1.2.2.1.1. 実写撮影:別途研修会開催

1.2.2.2. 未完成物件

1.2.2.2.1. 同仕様であることを明記し 他物件の画像を使用

1.2.2.2.2. 外観パースの製作依頼 ※【配布資料6】

1.2.3. ロケーション(周辺環境)の画像撮影

1.3. 物件管理マネージャーでの作業

1.3.1. 情報登録

1.3.1.1. 前項の「販売物件の情報収集」で記入した 「現場見学会記入シート」の内容を入力

1.3.1.1.1. 文章の組み立て方を工夫することは重要 ※【配布資料7】

1.3.2. 物件更新

1.3.2.1. 最新の情報を掲載 更新の間隔は最長でも14日 (あとにでてくる「校正取引~」に関わります)

1.3.2.2. 価格改定や画像の入れ替え ステータスの変更などを適宜行う ※【配布資料8】

1.4. 公正取引協議会のこと*

1.4.1. 公正取引協議会ってなに?

1.4.1.1. 消費者庁、公正取引委員会より認定され、 公正競争規約の適切な運用を図ることを 目的に設立された協議会

1.4.1.1.1. 公正取引に関する法令の普及・違反防止、 規約違反の疑いがあった場合の事実調査、 規約違反に対する処置

1.4.2. 不動産公取協の措置

1.4.2.1. 厳重警告・違約金(500万円以下) 厳重警告、警告 など

1.4.2.1.1. その場合ポータルサイト広告適正化部会の構成会社が運営している 全ての不動産ポータルサイトへの掲載ができなくなる! (at home HOME'S SUUMO など11社)(原則1ヶ月以上の掲載停止)

1.4.3. おとり広告ってなに?

1.4.3.1. 架空物件

1.4.3.1.1. 物件が存在しないため 実際には取引することができない物件 (典型的なおとり広告)

1.4.3.2. 意思なし物件

1.4.3.2.1. 物件は存在するが 実際には取引する意思がない物件 (最も悪質なおとり広告)

1.4.3.3. 契約済み物件

1.4.3.3.1. 物件は存在するが 実際には取引の対象となり得ない物件 (最も多いおとり広告)

1.4.3.4. 「消し忘れ」や「ついウッカリ」は 通用しません!

1.4.4. おとり広告のリスクを無くすために

1.4.4.1. リアルタイムで更新 販売済物件は当日に更新

1.4.4.2. マンパワーに見合った量の物件しか掲載しない

1.4.4.3. 担当する掲載物件の状況確認を怠らない (自社物件、他社物件共に)

1.4.5. おとり広告だけ 気をつければ良いわけではありません!

1.4.5.1. 「優良誤認」「有利誤認」は 「不当表示」として禁止されています!

1.4.5.1.1. 一般消費者が実際のものよりも優良、有利と 誤認する「おそれ」があれば足りてしまうもの (誤認が発生したかどうかは問わない)

1.4.5.1.2. 広告主である不動産事業者の意図や故意、 過失も問わないことになっています⇒無過失責任

1.4.5.1.3. 「表示していない」ことで結果的に誤認される場合も不当表示になります (賃貸物件の諸費用不記載、売買物件で著しい不整形地であるのにその旨不記載など)

1.4.5.2. 誤認されるおそれのある二重価格表示

1.4.5.2.1. 超簡単にいうと