要件定義が適切に実施される

Maak een Begin. Het is Gratis
of registreren met je e-mailadres
要件定義が適切に実施される Door Mind Map: 要件定義が適切に実施される

1. 見積に正しい要求仕様の作成に必要な人日を入れる

2. 目的

2.1. 軽減税率の仕様を正しく決める

2.1.1. 軽減税率の仕様が決まっていなかった

3. 方法

3.1. 適切なスコープ定義を行う

3.1.1. 目的

3.1.1.1. 対応が必要なシステムを誤認しない

3.1.1.1.1. 商品知識不足が露呈し、テクニカルサポート部へ適切な指示を行うことができなかった

3.1.1.1.2. 自動仕訳システム:テクニカルサポート部、プロジェクト部において協議し、対応不要との認識だったが、実際は対応が必要な事が判明

3.1.1.1.3. 売店在庫管理システム:沖縄事業所より対応不要と連絡があったが、実際は対応が必要な事が判明

3.1.2. 方法

3.1.2.1. TODO

3.1.2.1.1. 目的

3.1.2.2. スコープ定義のリソース確保ができていたか?

3.1.2.3. スコープ定義そのものの管理プロセスに問題はなかったか?

3.1.2.4. 制度変更の場合、相手先システムの一覧で仕様変更の確認状況を管理する

3.1.2.4.1. 税区分が2つに分かれるということが認識されなかった。 相手経理システムの対応方針が決まっていないという事実があった。 コネクションがない。(ホテルからの情報ルートしかなかった。) 2017年12月には、情報不足のため問題が生じる可能性があるという枠にして置かなければならなかった。 その後のウォッチができていない。 5月くらいに経理ソフトの変更を認識したが、その時には契約方針もリソース分配方針も決定していたため手を打つことができない状況であった。

3.1.2.4.2. 方法

3.1.2.5. 税制変更による影響を受けるスコープ定義のリストを作成して活用する

3.2. 同業他社の情報収集

3.2.1. 目的

3.2.1.1. 効率的かつ正確に要求を把握する

3.2.1.1.1. 他社では専属担当が常に情報収集を行い、全社に影響範囲の共有を図っていた(COM経理)が各当該部署でバラバラに調査を行っていた

3.2.1.1.2. 同業他社の対応方針をウォッチすることが できなかった

3.2.1.1.3. ユーザー経由での確認作業となり、対応の方針決定に遅延が発生した

3.2.1.1.4. 税区分が2つに分かれるということが認識されなかった。 相手経理システムの対応方針が決まっていないという事実があった。 コネクションがない。(ホテルからの情報ルートしかなかった。) 2017年12月には、情報不足のため問題が生じる可能性があるという枠にして置かなければならなかった。 その後のウォッチができていない。 5月くらいに経理ソフトの変更を認識したが、その時には契約方針もリソース分配方針も決定していたため手を打つことができない状況であった。

3.2.2. 方法

3.2.2.1. パートナー会社とのコネクション

3.2.2.1.1. 目的

3.2.2.1.2. 方法

3.3. 固有環境の情報を適切に管理する

3.3.1. 目的

3.3.1.1. TODO

3.3.1.1.1. 固有環境において、必要な対応、及び不要な対応の共有が不十分。

3.3.2. 方法

3.3.2.1. TODO

3.3.3. 課題

3.3.3.1. 問題となった情報管理の内容により、その原因を分析する必要がある 情報管理の主体を明らかにし、その主体における適切な業務遂行が担保される仕組みを構築する必要がある

3.4. 要求仕様の精査

3.4.1. 目的

3.4.1.1. 開発作業の戻り作業を防止する

3.4.1.1.1. 仕様確定の精査が足りていない。後半仕様変更が発生した。

3.4.2. 方法

3.4.2.1. TODO

3.4.2.2. 要求仕様書のレビューを行う

3.4.2.2.1. 方法

3.4.2.3. 要求仕様書のモデルを示す