もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター

Laten we beginnen. Het is Gratis
of registreren met je e-mailadres
もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター Door Mind Map: もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター

1. セクション1

1.1. 2. Gitってなんのために使うの?

1.2. 3. Gitの歴史

1.2.1. リーナス・トーバルズ

1.2.1.1. Linuxを開発した人

1.2.2. Linuxのバージョン管理システムがライセンスの変更により使用不可に!

1.2.2.1. バージョン管理システムを作ることに

1.2.2.1.1. 2005年ごろにGitの原型を作成

1.3. 4. Githubとは

1.3.1. コードのホスティングサービス

1.3.2. 他の開発者とコードをシェアする目的

1.3.3. Gitファイルの変更履歴や変更を管理する

1.3.4. 特徴

1.3.4.1. プルリクエストでの複数人開発

1.3.4.1.1. 変更の取り込みを依頼するもの

1.3.4.2. 世界中のソフトウェア開発が見える

1.3.5. Gitリポジトリのホスティングサービス

1.3.5.1. Github

1.3.5.1.1. 非公開リポジトリは有料

1.3.5.1.2. 公開リポジトリは無料

1.3.5.2. BitBucket

1.3.5.2.1. 非公開リポジトリは無料

2. セクション3

2.1. 13. Gitの基本的な仕組み

2.1.1. Gitのデータの保存

2.1.1.1. スナップショットで保存

2.1.1.1.1. スナップショット

2.1.1.1.2. 複数人で早く開発ができる

2.1.2. コミット

2.1.2.1. バージョンを記録すること

2.1.2.1.1. 直前のコミットが記録されるため、コミットを過去にむけてたどれる

2.1.2.1.2. 以前のデータに戻せる

2.2. 14. Gitの操作の流れ

2.2.1. リポジトリー

2.2.1.1. コードの置き場

2.2.1.2. 履歴データやデータ置き場

2.2.2. ローカルリポジトリー

2.2.2.1. 自分のコンピュータのコード置き場

2.2.3. リモートリポジトリ

2.2.3.1. Github

2.2.3.1.1. オンライン上のコード置き場

2.2.4. ワークツリー

2.2.4.1. 作業場

2.2.5. ローカル

2.2.5.1. エリアが3つに分かれている

2.2.5.1.1. ワークツリー

2.2.5.1.2. ステージ

2.2.5.1.3. リポジトリー

2.3. 15. Gitってどのようにデータを管理しているの?

2.3.1. Gitのデータ構造

2.3.1.1. インデックス

2.3.1.1.1. ファイル名と圧縮したファイル名を記載

2.3.1.2. ツリー

2.3.1.2.1. インデックスに記載されているディレクトリーのファイル構造を記録

2.3.1.3. コミット

2.3.1.3.1. 以下が記録される

2.3.1.4. リポジトリ

2.3.1.4.1. 『圧縮ファイル』、『ツリー』、『コミット』ファイルを作成し、保存する

2.3.1.4.2. コミットは親コミットを保持するため、記録を変更履歴をたどれる

2.3.1.5. データを保存し、スナップショットで保存すること