maid cafe

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
maid cafe により Mind Map: maid cafe

1. 3.でも、弱い紐帯組織の弱みがあるので、克服が必要です(3-4)<塚原>

1.1. 克服の良い例

1.1.1. ソフトバンクは強い紐帯と弱い紐帯をミックスしています

1.1.1.1. ソフトバンクの事例

1.1.1.1.1. ミックスする傾向

1.1.1.1.2. ミックスしてなくてうまくいっていない事例

1.1.1.1.3. 強い紐帯/弱い紐帯成功例

1.2. 弱み

1.2.1. 資源が直ぐに投入できない

1.2.2. 信用がない

2. ドコモの成功

2.1. 導入期/成長期

2.1.1. imode

2.1.1.1. 弱いチュー帯

2.1.2. 2007年 シェア 52%

2.1.3. 加入者数の拡大

2.1.3.1. 強いチュー帯

2.1.4. 資源の投入

3. ドコモの失敗

3.1. 成熟期

3.1.1. 2013年 シェア 43%

3.1.2. innovativeの必要性

3.1.2.1. 弱い紐帯

4. マネジメント要件

4.1. 弱いチュー帯

4.2. 資源

4.3. イノベーション

5. (4) 結論<山崎>

5.1. 強い紐帯と弱い紐帯のミックスがいい

5.1.1. その要件は

5.1.1.1. マネジメントの要件になる

5.1.1.1.1. 弱い紐帯

5.1.1.1.2. 強い紐帯

5.1.2. 強い紐帯が必要な場合

5.1.2.1. 資本が必要な時。製品拡大期

5.1.3. 弱い紐帯が必要な場合

5.1.3.1. イノベーションが必要な時、製品開発・導入期

5.1.4. 境界管理者の存在が重要そう?

5.1.4.1. グラノベッター氏の紐帯理論

5.1.4.1.1. 弱い紐帯→強い紐帯へも境界管理者が必要

5.1.4.1.2. 強い紐帯→弱い紐帯へも境界管理者が必要

6. 考察

6.1. 意図的なイノベーションサイクルが可能かもしれない

7. 結論をサポートする事例

7.1. ドコモの事例

7.1.1. 2.弱い紐帯組織への変化が必要

7.1.1.1. イノベーションを起こしたいから。それはなぜ?

7.1.1.1.1. 紐帯が強すぎるからイノベーションを起こせない

7.1.1.2. 環境の変化に適応できていないから

7.1.1.3. 売上を落としているから

7.1.1.3.1. ソフトバンクに追いつかれている

7.1.2. 4.つまり、ネットワーク組織のマネジメントには強い紐帯と弱い紐帯のミックスが必要ですね(3-5)<谷>

7.1.3. 1.今は強い紐帯

7.1.3.1. 強い紐帯のマネジメント

8. (3-1) 先行研究[紐帯理論]<山崎>

8.1. 強み弱みの表

8.1.1. 弱い紐帯の強みと弱み

8.1.1.1. 強み

8.1.1.2. 弱み

8.1.2. 強い紐帯の強みと弱み

8.1.2.1. 強み

8.1.2.2. 弱み

8.2. 組織間の紐帯理論定義

8.3. 個人間紐帯理論

8.3.1. グラノベッター

8.3.2. クラックハート

9. 紐帯理論の弱みと強みを組織用に置き換える

10. (2) 序論

10.1. (2-1) 背景[ネットワーク一般]<松本>

10.1.1. なぜネットワーク組織が注目されるか

10.1.1.1. 最初の方に述べる

10.1.1.1.1. 若林2009

10.1.1.2. 結論として、イノベーションが必要なため、ネットワーク組織が必要です。

10.2. (2-2)目的<山崎>

10.3. (2-3) スコープ<山崎>

10.4. メソッド

11. (1) エグゼクティブサマリー

12. (3) 本論

12.1. (3-2) 紐帯の定義、メリデメ<谷>

12.2. (3-3) ケース分析<村松>

12.2.1. (3-3-1) 導入期/成長期 (分析&考察)

12.2.2. (3-3-2) 新技術導入 (分析&考察)

12.2.3. (3-3-3) 人事制度 (分析&考察)