肥満児対策

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
肥満児対策 により Mind Map: 肥満児対策

1. 食事

1.1. 健康のために気をつけたい4つの方法

1.1.1. 砂糖や精製された穀物を避ける

1.1.1.1. 代わりに果物、野菜、豆、全粒穀物、赤みのタンパク質、健康的な脂肪を食べる

1.1.2. 間食を控える

1.1.3. 食事の時間を制限する(プチ断食)

1.1.3.1. 8時間以内に全ての食事をとる

1.1.4. 夜間の食事、間食をさける

1.2. 甘い飲み物をやめる

1.2.1. 砂糖の摂取は控える

1.2.1.1. 虫歯

1.2.1.2. 肥満

1.2.1.3. 糖尿病

1.2.1.4. 心臓病

1.2.1.4.1. につながる

1.2.2. 最近のデータでは10代の1日の摂取カロリーの17%がお菓子やジュース

1.2.2.1. その半分近くは甘い飲み物

1.2.3. 米国小児科学会(AAP)と米国心臓協会(AHA)は

1.2.3.1. 「子供と青年の砂糖の消費を減らすための公共政策」という共同声明を発表

1.3. グルテンフリーをしてはいけない3つの理由

1.3.1. グルテン=小麦、ライ麦、大麦、その他の穀物に含まれるタンパク質

1.3.1.1. パン、パスタ、ラーメン、うどん、お好み焼き等

1.3.1.1.1. 小麦アレルギーやセリアック病など食べてはいけない人のみ制限が必要

1.3.2. ① 重要な栄養素が不足する可能性がある

1.3.2.1. ビタミンB

1.3.2.2. 抗酸化剤

1.3.2.3. 鉄

1.3.2.3.1. 等の重要な栄養素が全粒穀物に含まれる

1.3.2.4. セレン

1.3.2.5. マグネシウム

1.3.3. ② 成長期のこどもにはカロリーが低すぎる可能性がある

1.3.3.1. こどもの成長に必要な健康的なカロリーを摂取するのに都合が良い

1.3.4. ③ ヒ素が多くなる可能性がある

1.3.4.1. グルテンフリーの主食は米になりがち

1.4. ビーガン食について親が知っておくべきこと

1.4.1. ビーガン食とは

1.4.1.1. ビーガン食は植物ベースの製品のみで構成されている

1.4.1.1.1. 肉、魚、乳製品、卵は含まれていない

1.4.1.2. 理由が何であれ、始める前に教育を受ける事、医師と相談をすることが必要

1.4.1.2.1. 注意をしないといくつかの問題を引き起こす可能性がある

1.4.2. ビーガン食のこどものためのカロリーとタンパク質

1.4.2.1. カロリー

1.4.2.1.1. 植物性食品は動物性よりもカロリーが少ない傾向にある

1.4.2.1.2. 必要なカロリーは年齢、体重、活動レベルに依存

1.4.2.2. タンパク質

1.4.2.2.1. 筋肉の構成だけでなくあらゆるカラダのプロセスにとって重要

1.4.2.2.2. 必要なタンパク質の量は年齢、体重、活動レベルに依存

1.4.3. その他

1.4.3.1. カルシウム

1.4.3.1.1. 骨の健康に重要

1.4.3.1.2. 豆乳やアーモンドミルクなどのオルタナミルクも良き

1.4.3.2. 鉄

1.4.3.2.1. 血液と身体を健康で強く保つために重要

1.4.3.3. ビタミンB

1.4.3.3.1. 植物ベースの食事で得るのが難しい

1.4.3.4. ビタミンD

1.4.3.4.1. 日光で得られる

1.4.3.5. 制限された食事をしている事はお友達と違っていたり、誕生パーティーなどグループ食事体験から外されたりこどもへの負担にもなる

1.4.3.5.1. 食べることは身体を栄養すること以上のものになる

1.5. ファーストフードの考え方

1.5.1. 友達との付き合いや魅力的なCMなど完璧に避けるのは現実的ではない

1.5.1.1. 精神的にも社交的にも良くない事になりやすい

1.5.1.1.1. ただ、それらの中でも選ぶことはできる

1.5.2. 親が成分表を見てより健康的な提案をする

1.5.2.1. なるべく

1.5.2.1.1. カロリーを飲ませないように

1.5.2.1.2. フライドポテト、オニオンリングの代わりにベイクドポテト

1.5.2.1.3. ビッグサイズにしない

1.5.2.1.4. 揚げ物ではなく焼き物に

1.5.2.1.5. チーズは要注意!!

1.5.2.1.6. 濃厚なスペシャルソースの代わりにマスタードとケチャップ

1.5.2.1.7. 良い食事行動を親がモデルとなって実践する

2. 乳幼児期の対策

2.1. 1日12時間未満の睡眠=3歳までに太る可能性2倍

2.1.1. 12時間未満+1日2時間以上テレビ+16%過体重

2.1.1.1. 親が睡眠の質とおそらく睡眠時間を改善するために、子供の寝室からテレビを外すなど、実証済みの睡眠衛生技術を採用したいと考えていることを示唆しています。

2.2. 赤ちゃんを健康的な体重に保つ6つの方法

2.2.1. 母乳

2.2.2. 全ての声に応えない

2.2.3. 食べさせすぎない

2.2.4. 健康的な固形物も与える

2.2.5. 早い時期に家族みんなで食事をする

2.2.6. 赤ちゃんに運動をさせる

2.3. レスポンシブフィーディング

2.3.1. とは

2.3.1.1. 赤ちゃんの空腹と満腹の合図を学習し、その合図に適正に対応する事

2.3.1.1.1. 赤ちゃんが空腹の時に食べる事

2.3.1.2. アメリカ小児科学会推奨の食事習慣

2.3.1.2.1. 良い習慣を早期に習得することが良い

2.3.1.2.2. 肥満を防ぐ最も良い方法の1つ

2.3.2. お腹が空いているかもれない兆候

2.3.2.1. 自分の指をしゃぶったり、指を口の近くに置く

2.3.2.2. しゃぶり音をたてる

2.3.2.3. お腹に手をおく

2.3.2.4. アクティブに手足を動かす

2.3.2.5. 泣く

2.3.2.5.1. これは遅い兆候

2.3.3. お腹いっぱいなのかもしれない兆候

2.3.3.1. 頻繁に食べたり、止めたりを繰り返す

2.3.3.2. 哺乳瓶や胸から口を蓮したり無視する

2.3.3.3. 頭をそらす

2.3.3.4. スローダウン

2.3.3.4.1. 眠そうにする

2.3.4. 赤ちゃんがこれらの兆候を示している場合

2.3.4.1. いつもより食事量が少なくても

2.3.4.1.1. あまりにも多く食べている場合

2.3.4.2. 空腹のタイミングと満腹になったら食事をやめることを学びます

2.3.4.2.1. 生涯にわたって健康な体重を維持するのに役立つ習慣

3. 肥満児のリスク

3.1. 症状

3.1.1. 高脂血症

3.1.2. 2型糖尿病

3.1.3. 喘息

3.1.4. 高血圧

4. 少年期とそれ以降の対策

4.1. 親がすべき事

4.1.1. お子さんの健康的な体重と現在の体重を知る

4.1.1.1. ここで計算する

4.1.1.1.1. 幼児(3ヶ月=5さい) カウプ指数

4.1.1.1.2. 学童(小中学生) ローレル指数

4.1.2. 医師に相談する

4.1.2.1. その事でこどもを絶対に責めない!!

4.1.2.1.1. こどもに厳しい食事制限を課さない

4.1.3. こどもが活動的なのか確認する

4.1.3.1. BMIに関係なく全てのこどもに適用

4.1.3.1.1. こどもの頃に学んだ習慣は一生続き、運動は永遠に健康にする

4.1.3.2. 推奨は1日1時間の活動

4.1.3.2.1. キッチンで踊ったり、街中を歩くだけでもOK

4.1.4. 健康食品を買う

4.1.4.1. BMIに関係なくすべてのこどもと家族に適用

4.1.4.1.1. みんなの健康への投資

4.2. こどもの肥満を防ぐのに役立つママの5つの習慣

4.2.1. 親が5つの習慣に従うとこどもが肥満児である可能性が75%少なかった

4.2.1.1. 親のライフスタイルの習慣とこども達に相関関係

4.2.2. 習慣

4.2.2.1. 1 健康的な体重を維持する BMI参照

4.2.2.2. 2 週に150分以上の運動をする

4.2.2.3. 3 喫煙を控える(できれば禁煙)

4.2.2.4. 4 1日の消費アルコール量を決める

4.2.2.4.1. 1日15gまで

4.2.2.5. 5 健康的な食事をとる

4.2.2.5.1. 健康的な食事上位40%

4.2.2.6. 子供の肥満を防ぐことに関しては、母親の習慣が子供の習慣よりも大きな影響を与えた

4.2.2.6.1. 少なくとも、これらの習慣で生活することで母親は健康に保たれます。

4.3. こどもが過体重の場合、3つの重要な「禁止事項」

4.3.1. あなたのこどもは太り過ぎと医師が言った場合。真剣に受け止めて下さい

4.3.1.1. 医師や栄養士に必要な支援を求めて下さい

4.3.2. ① がっかりしないでください

4.3.2.1. 忍耐と粘り強さがあれば健康的に食事し、活動的なこどもの大多数が

4.3.2.1.1. 健康的な体重になります

4.3.3. ② いき過ぎないでください

4.3.3.1. こどもは過度に制限されたり、少なすぎる食事をすべきではありません

4.3.3.1.1. 年齢に応じた適切な量の健康的な食事は

4.3.4. ③ こどもの気分を悪くさせないでください

4.3.4.1. 健康に集中し、健康的な習慣を築き、前向きで愛情を持ちましょう!

5. 知っておいてほしい前提的な知識

5.1. 乳児の体重増加に関連する小児肥満

5.1.1. 大人も子供もますます座りがちな環境、そして安価なファーストフード(加工食品)

5.1.2. 「乳幼児期に体重が急激に変化すると、子供の肥満のリスクが高まるという証拠が増えている

5.1.2.1. HMS外来診療・予防部門の助教授で小児科のOne Step Aheadクリニックの共同ディレクターであるElsie Taveras

5.1.2.1.1. Pediatricsジャーナルの4月号に掲載

5.2. こどもは自分で適切な食べ物を選択するのが難しい

5.2.1. 子供たちはテレビやネットの食品や飲料のマーケティング担当者による操作から身を守る能力が欠けている

5.2.1.1. だから、大人がある程度食物を選んであげるべき

5.3. ジャンクフードや砂糖入りの飲料が、米国の小児肥満の蔓延の主な原因

5.4. 大人と子どもで必要な食事量は違う

5.4.1. 大人の量を子どもに与えるべきではない

6. アウトプット済み

7. このデータを元に執筆していきます

8. 運動

8.1. ベビーウォーカーを使用しない

8.1.1. 危険だから

8.1.1.1. カナダでは販売が禁止されている

8.1.1.1.1. 米国国内の15ヶ月未満の23万人のケガ、大部分は階段からの落下

8.1.2. 運動や歩行の遅れ

8.1.2.1. 歩行器の私用は独立歩行が遅れる

8.1.2.1.1. 歩行器では身体の学びが少ない

8.2. ウォーキングのすゝめ

8.2.1. 5つの利点

8.2.1.1. 肥満遺伝子の影響を打ち消す

8.2.1.1.1. 1日1時間活発に歩くと肥満促進遺伝子の影響が半分にカットされた

8.2.1.2. 甘いものを食べたくなるなる

8.2.1.2.1. 徒歩15分でチョコレートへの渇望が抑えられた

8.2.1.3. 乳がんの発症リスクの軽減

8.2.1.3.1. 週に7時間以上歩いた女性は週に3時間以下歩いた女性よりもリスクが14%低い

8.2.1.4. 関節痛を和らげます

8.2.1.4.1. 週に8km歩くと関節炎の形成を防ぐことができる

8.2.1.5. 免疫機能を高める

8.2.1.5.1. 風やインフルエンザの季節にあなたを守るのに役立ちます

8.2.2. ウォーキングとランニング

8.2.2.1. ランニングは着地する度に体重の約3倍の負荷がかかる

8.2.2.1.1. ケガをしやすい

8.2.2.2. ウォーキングは着地する度に体重の約1.2-1.5倍の負荷

8.2.2.2.1. ケガのリスクがランニングよりはるかに低い

8.2.3. いつでもどこでもできる

8.2.3.1. 目の前の道が競技場です

8.2.3.1.1. 大きなショッピングモールを散歩するのも

8.2.4. 必要な道具が少ない

8.2.4.1. 良い靴が重要!

8.2.4.1.1. ウォーキング用に設計された靴は楽に速く、安全に歩けるようになります

8.2.4.1.2. 足にあったインソールもあると適切な姿勢でより楽に歩けるようになります

8.2.4.2. 服装は動きやすい好みのものでOK

8.2.4.2.1. 安全のためには明るい色や反射板があるとより良い

8.2.5. 特別なスキルが必要ない

8.2.5.1. 適切な姿勢、歩き方、足運びなどはあるけど、絶対必要なものでもない

8.2.5.1.1. あくまでもより楽に速く歩ける方法

8.2.5.2. 簡単なアドバイスをするなら

8.2.5.2.1. あごをやや上に向ける

8.2.5.2.2. 自然な歩幅を意識

8.2.5.2.3. 着地から蹴り出しまで足裏で転がるイメージ

8.2.5.2.4. 腕のふり方はお好みで

8.2.6. やる気の維持

8.2.6.1. ポケモンGO、ドラクエウォークなどで子どもの関心を引きましょう!

8.2.6.1.1. 動機づけと目標設定をしてあげると続けやすい

8.2.6.2. いっしょに歩いたり。ラジオや音楽を聞きましょう!

8.2.6.3. 古典的ですが、犬のさんぽは最もな動機づけです

8.2.7. 消費カロリー

8.2.7.1. 計算式

8.2.7.1.1. メッツ * 体重kg * 運動時間 * 1.05

8.2.7.1.2. メッツ=エネルギー消費量

8.2.7.2. おおよそ

8.2.7.2.1. 体重40kgでゆっくりの速度で60分歩くと

8.2.7.2.2. 体重40kgでふつうの速度で60分歩くと

8.2.7.2.3. 体重40kgで速歩きの速度で60分歩くと

8.2.7.3. カロリー消費よりも、その他の効果(食欲を抑える 等)によるダイエット効率向上の方が大切

8.2.7.3.1. ご飯(100g)をおかわりしたら168キロカロリー

8.2.8. 最も大切! 継続する事

8.2.8.1. 動機やきっかけは何でも良いので歩く時間を増やしましょう!

8.2.8.1.1. 一駅手前で降りて歩く

8.2.8.1.2. なるべく歩く手段を選ぶようにする