横河のICTの未来を考える

現在編集中。

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
横河のICTの未来を考える により Mind Map: 横河のICTの未来を考える

1. 先進国の少子高齢化

1.1. 労働人口の減少

1.1.1. 工場のスマート化*

1.1.1.1. データ+AIによる点検作業の自動化

1.1.1.1.1. 設備点検用センサ (Sushi) のデータとAIで点検作業

1.1.1.1.2. DCSのデータとAIで異常を事前に検知

1.1.1.2. バーチャルマネーにサービスの売買システムを構築

1.1.1.3. データ+AIによる製造業務の自動化

1.1.1.3.1. 工場の在庫や、生産スケジュール、製造管理システム、 設備保全システムなどがクラウド・エッジ上で連携

1.1.1.4. ロボット+AIによる点検修理回収

1.1.1.4.1. メンテナンス用途のロボット分野への進出

1.1.1.5. 仮想プラントでの故障や設計改善の事前シミュレーションの確立

1.1.1.5.1. デジタルツインを使った 仮想プラントの設計サービスの提供

1.1.1.5.2. VR,ARを使った巡回点検訓練

1.1.2. 知的財産(暗黙知)の伝達、保存

1.1.2.1. 知的財産のデジタル化

1.1.2.1.1. 業界に合わせてカスタマイズ可能な、 知的財産の入力インターフェース

1.1.2.1.2. AI匠サービスビジネス (教師データをインプットして、その分野独自の匠を作るビジネス)

2. コロナのパンデミック

2.1. ソーシャルディスタンスの要求

2.1.1. リモートワーキングが恒常化

2.1.2. 非接触化

2.1.2.1. 音声による入出力

2.1.2.1.1. 作業端末は音声入力必須

2.1.2.2. フィンガージェスチャーUIや非接触タッチパネルによる入力

2.1.2.2.1. 計器への応用

2.2. 感染症パンデミックへの準備の要求

2.2.1. 途上国における衛生管理への投資が増大

2.2.1.1. 上下水道の整備

2.2.1.1.1. 多分既存のマーケット

2.2.2. 創薬開発のスピード加速

2.2.2.1. タンパク質と合成物の組み合わせの自動化

2.2.2.1.1. AI創薬事業

2.2.2.2. Organ-on-a-chip*による検査の導入

2.2.2.2.1. MEMS技術を応用した微少測定

3. 環境破壊が加速

3.1. 地下資源の枯渇

3.1.1. サーキュラーエコノミーの加速

3.1.1.1. 製品の長寿命化

3.1.1.1.1. 量から使用期間によって収益を得る ビジネスモデルへの変換

3.1.1.1.2. リファビッシュの商流の確立

3.1.1.2. 循環型サプライチェーン*の仕組みの導入

3.1.1.2.1. 再生可能な原材料へのシフト

3.1.1.2.2. 業界を横断したエコシステムの確立

3.1.1.3. シェアリングプラットフォームによる遊休資産を活用

3.1.1.3.1. シェアリングの仕組みを持つ企業を選択

3.1.2. 代替素材への転換

3.1.2.1. 非耐久財を生分解性プラスチックへ変換

3.1.2.1.1. 新しい生分解性プラスティックの開発

3.1.2.1.2. 発酵工程の効率向上

3.1.2.1.3. プラスチックの分解性能のデータ化

3.1.2.2. バイオマスエネルギー資源への利用

3.2. 温暖化

3.2.1. カーボンニュートラルへの転換

3.2.1.1. 使用電力の再エネ化

3.2.1.1.1. 敷地内に再エネと蓄電池施設の保有

3.2.1.1.2. VPP*への参加

3.2.1.2. CCS/BECCS*の導入(電力会社)

3.2.1.2.1. CO2回収量のデータ化

3.3. 海洋汚染

4. ライフスタイルの多様化

4.1. 価値の多様化

4.1.1. マスカスタマイゼーション の進展

4.1.1.1. ロボットによる製造ラインの自動切り替え

5. マクロ動向

6. 製造業/インフラ業界への影響

7. 発生する要求

8. 横河のビジネス

8.1. ICT`が関連

8.1.1. 部署

8.1.1.1. Sushiセンサ関連

8.1.1.2. SIZCA/Moonshot関連

8.1.1.3. Edge Solution

8.1.2. 拡張の方向

8.1.2.1. 業種拡張

8.1.2.2. 機能拡張

8.2. ICTは関係しないが横河のビジネス対象

8.3. 将来横河のビジネスの種になるかも?

8.3.1. 業種拡張

8.3.2. 機能拡張

9. 途上国を中心に人口の増加

9.1. 食料需要の増加

9.1.1. 食料輸出禁止や制限国の増加により、 各国の食料自給率が増加

9.1.1.1. 農業のスマート化

9.1.1.1.1. 農業機械の自動業務化

9.1.1.1.2. 品種改良にAI導入

9.1.1.1.3. 農地の自動管理

9.1.1.1.4. 農業のノウハウの伝達、保存

9.1.1.2. フードロスへの取り組みの重視

9.1.1.2.1. フードトレーサビリティの確立

9.1.1.2.2. 天候などによって変動する需要に合わせた 食品加工品の生産量の調整

9.1.1.2.3. 途上国で保存施設や加工施設の整備への 投資が増加

9.1.1.3. 垂直農業(都市農業)や陸上養殖の一般化

9.1.1.3.1. 受粉の効率化、低コスト化

9.1.1.3.2. 電気の自給システムの構築

9.1.1.3.3. 水溶液の循環システムの構築

9.2. 水ストレスの増加

9.2.1. ウォーターフットプリントが経営指標の一つとして導入

9.2.2. 水の循環利用が義務化

9.2.2.1. 工場内での水循環システムの構築

9.2.2.2. 雨水の一時貯蔵設備の増加

9.2.2.2.1. 多分既存のマーケット

10. 情報流通の革命

10.1. 5Gと光ファイバーによる超広範囲、超低遅延、超常時接続の確立

10.2. AIとIoT(データセンター)とロボットによるの連携によるサービス提供が一般化

10.3. サイバー経済がメインになる

10.4. デジタルに対する許容ができるかで需要できるサービス格差が発生

11. メモ