Effect vs Impact Matrix

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Effect vs Impact Matrix により Mind Map: Effect vs Impact Matrix

1. 炭素zero emission社会が実現する

2. XaaSが社会生活に必要不可欠な基盤となる

3. 経済指標がGDP以外に置き換わる

4. 新たな経済圏、変動する経済圏

5. 宇宙・サイバー空間での覇権争いが活発化を始める

6. 世界は多極化し、覇権国がいない国際秩序となる

7. デジタル化の導入/規制に関する判断が国の盛衰に関わる

8. 国家間で環境開発/SDGsに関する合意がとれなくなる

9. 西欧型資本主義の変化が世界中の経済に影響を及ぼす

10. 既存の政治イデオロギーがなくなり、新たなイデオロギーが生まれる

11. (日本)少子高齢化や人口減少への取り組みの方針

12. (日本)脱炭素化への取り組みの方針(原子力の再稼働を含む)

13. シェアリングエコノミーの拡大によって税制や法律が変化する

14. デザイナベイビーが途上国から出現し、先進国での認可が緩む

15. 中国 生態文明:中国が持続可能をリード 再製造(サーキュラーエコノミー)を推し進める

16. バイオ・医療技術の進展

17. 宇宙産業市場の誕生

18. AI技術の進展と活用の加速

19. 超知能(シンギュラリティ)に対する期待と倫理観が進む

20. ブロックチェーンP to P取引が進む

21. 量子コンピュータの活用が進展

22. 人間拡張テクノロジーの進展

23. 車のCASE化、都市設計に変化

24. Additive Manufacturingによって製造のバリューチェーンが再構築される

25. 地球上のあらゆるもののIoT化が進む

26. 移動の高速化(人間、物質、情報、金銭、感染症)

27. モノの需給構造の変化が国家のパワーバランスに影響を与える

28. 過去の産業活動の負の遺産が顕在化する

29. 生活可能区域の減少リスクが高まる

30. 人口増加による資源需要の増加

31. デジタル化によるエネルギー需要の増加

32. 環境保護のためのルールが制定される

33. 環境保護を前提とした価値観の醸成

34. 環境負荷の低いスマートシティ誕生

35. 持続可能社会が確立される

36. デジタル技術による労働の変化

37. 生活圏は宇宙へ

38. 教育格差の縮小(インターネット教育)

39. 都市化が進行する

40. 所得格差が拡大する

41. 生活におけるサイバー空間の比重が高まる

42. 人口が増加する

43. 多様なコミュニティが共存する

44. 新たな価値観が出来る

45. 世界が分断する