ランドスキップ

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
ランドスキップ により Mind Map: ランドスキップ

1. 小売

1.1. 課題

1.1.1. 初期導入の話

1.1.1.1. 通常であれば、モニターを購入をしてもらい、それに内蔵をされているので、別途購入する必要がある。

1.1.1.2. いきなりモニターを購入して導入をするのも使いこなせるかどうか、といった減価償却への不安があるため、ハードルが高い。手頃さがあると嬉しい。

1.1.1.3. サービス業であると、モニターを設置するために工事をすると営業状況を気にしながら進めなければならないので、売上を追求しながら、営業日数が減るのは機会損失の観点から痛い。 既存の店舗配置を加味しながら、内装や、商品の陳列を気にしないといけないので、簡易的な導入をしたいときには合致する。

1.1.1.4. 担当者からすると、コストについては低ければ低いほどよい。

1.1.2. 既存資産を活かす

1.1.2.1. 日本には結局電源を切っているディスプレイがたくさんあり、もったいない。

1.1.3. 使いやすさの話

1.1.3.1. 新しいツールを導入すると毎回起きる問題として、ツールを使いこなすための学習コストが発生するということだ。

1.1.3.2. 特にサービス業は入れ替わりが激しいことや、IT端末を日頃から頻繁に使用しているわけではないので、使いこなすための労力がストレスである。

1.1.3.3. いざ、デジタルサイネージツールの導入をしても、実際に使用して、活用され続けないともったいない。

1.1.4. コンテンツをどうするのか?

1.1.4.1. コンテンツを配信するために、動画を探したり、自社で用意をしたりするのには時間も、コストも手間も、選定の難しさもあるので、大変である。

1.1.4.2. 配信される内容が毎回同じ内容だと、飽きてくるので、変化がある方が良い。

1.1.4.3. 配信できるコンテンツの質が高くするのは、大変である。雰囲気良く投影したいが、センスや、技術が必要ではないかと懸念している。運用者を専任で雇ったり、研修や教育をしないといけないのではと心配である。

1.1.5. 小売独自

1.2. デジタルサイネージを使うとしたら

1.2.1. 集客力を上げる

1.2.2. 購買率を上げる

1.2.3. 作業負担を軽減する

1.3. 一般的なメリット

1.3.1. ポスターとくらべての顧客への訴求力が高いこと

1.3.1.1. デジタルサイネージの最大の武器は、動画再生能力です。動きのある動画広告は、ポスターなどの静止画像よりもダイナミックな演出となり、顧客への訴求力を高めます。

1.3.2. データ入稿による工数削減

1.3.2.1. データをそのままシステムに入れるだけでディスプレイに広告が表示されるため、ポスターで広告を作っていた頃のような、入稿、印刷から手貼りまでの工程が必要ありません。印刷等による廃棄物の出ないエコシステムでもあります。

1.3.3. 情報の省スペース化

1.3.3.1. 1台のモニタに複数の広告を切り替えて表示することができます。結果として1つの広告あたりに使用できるスペースが拡大し、大画面のポスターを秒単位で切り替えるといった、贅沢な掲示が可能です。

1.3.4. タイムリーな情報提供

1.3.4.1. 切り替えが早い。 特定の場所、特定の時間でのみ有効な情報をその場で表示できます。リアルタイムで刻一刻と状況が変わるような情報を伝えるには最適なツールです。 デジタルサイネージは、広告やポスターのように1つひとつ作成して張り替える必要がありません。デジタルサイネージの場合、情報の変更はデータを更新するだけで、一括で複数のディスプレイの内容変更が可能です。 キャンペーンや、臨時で案内したい情報も更新するだけで迅速に対応可能となるため、企業側も閲覧者側も利便性が向上します。

1.3.5. ディスプレイなので発色性がよく視認性が高い(4K化や8K化など、画質はさらによくなる)

1.3.6. 動画が使えるので表現の幅が広がる

1.3.7. 複数枚の静止画を切り替えて表示できる(ループ表示できる)

1.3.8. 時間帯や天候などの条件によって情報を変えて発信できる

1.3.9. ポスターや看板のように貼り替えたり付け替えたりする必要がない(手間がかからない)

1.3.10. ユーザーに合った情報提供ができる

1.3.10.1. デジタルサイネージの大きなメリットは、訴求対象に合わせた広告を打てる点です。 オンライン型のデジタルサイネージを利用することで、場所や時間、ターゲットとなる人に合わせてディスプレイ内容を変更でき、より効率的な販促活動が可能となります。 また、他サービスのコンテンツを導入することで、その時間の気象情報などの情報提供もできます。

1.3.11. ユーザーの目に止まりやすい

1.3.11.1. デジタルサイネージはディスプレイを使っているため発色性がよく、視認性が高いため、従来の広告や看板と比べて、目に止まりやすい利点があります。また、音声を流せるデジタルサイネージもあり、音による販促活動も利用できるため、企業側は閲覧者側に合わせて理想的な情報や広告をユーザーに届けることが可能となります。

1.3.12. 届けたい情報に合わせて掲示パターンを変えられる

1.3.12.1. デジタルサイネージは、従来の紙媒体のような静止画の表示も可能です。広告だけでなく、駅構内や病院などで案内情報を表示する場合にも利用できるため、利用する場合は、”どんな情報を、どのように届けたいか”に合わせて掲載パターンを考える必要があります。また、タッチパネル式のディスプレイの場合、閲覧者側に必要な情報を検索してもらうことで、より閲覧者側の要望に沿った情報提供が可能となります。

1.3.13. ブランディング・認知に活用できる

1.3.13.1. ブランディングを目的として活用されます。1つの枠を複数の商材の広告に使えるので、多くの情報を発信できます。

1.3.14. 更新が早くて、安上がり

1.3.14.1. デジタルサイネージには、ポスターや看板のような印刷工程がありません。 データの変更だけで済みますから、頻繁な更新に向いています。また、ネットワーク対応型のデジタルサイネージであれば、 複数の端末を一斉に更新したり、最新ニュースや生中継も表示できます。

1.3.15. 呼び込みの自動化で経費削減

1.3.15.1. 優れたスタッフには及びませんが、安定しています。 優れたスタッフ(従業員)による呼び込み集客は、デジタルサイネージを上回ります。 しかし、賃金相応に働かないスタッフもいます。 仮に、スタッフがサボったり、見込み客の前でだらしない姿を晒したり、 失礼な態度を取った場合。集客はマイナス方向に働きます。 一方、デジタルサイネージは動画コンテンツに依存します。 適切な動画を作れば、安定して通行者に訴求します。

1.3.16. 感情を伝えやすい

1.3.16.1. 動画は商品を通じて得られる”感情”を伝えやすい媒体です。 満足・安心・自信・喜び・優越感・達成感等、 商品を通じて得る顧客の感情は、実のところ商品価値の大半を占めています。 マーケティング視点では、「商品=得られる感情」です。 ・料理を美味しそうに食べている芸能人 ・街頭インタビューで電動シェーバーの切れ味に驚くサラリーマン ・実演販売のトークに差し込まれる爆笑や歓声 ・ストーリーと共に盛り上がる音楽 これらの動画は全て、見込み客(視聴者)の感情を触発するものです。 制作は簡単ではありませんが、感情にアプローチする動画コンテンツは、 常にマーケティングのトップグループにあります。

1.4. 使用事例

1.4.1. 販売店舗

1.4.1.1. おすすめの商品、新発売情報などの広告を動画で提供します。複数の広告を1枚のディスプレイに交互に表示するため、映像に変化が出て顧客の注目度が上がり、来店した顧客の購買意欲を店頭で高めることができます。また、特定の時間のみタイムセールの告知をし、顧客を誘導することができます。

1.4.2. 交通機関

1.4.2.1. 待合場所での動画広告、次の便が到着するまでの所要時間告知などで顧客の待機ストレスを軽減します。人相判定カメラ付きのタッチパネル型自動販売機が年齢や性別を認識し、おすすめ商品を紹介しています。

1.4.3. ホテル

1.4.3.1. タッチパネル型デジタルサイネージによるコンシェルジュサービスに利用できます。顧客は直感的な操作で気軽にサービスのリクエストができ、ホテル側にとっても、外国語圏の顧客の要望を正しく理解する助けになります。

1.4.4. ショッピングモール

1.4.4.1. タッチパネル型デジタルサイネージを、広告一体型のナビゲーションサービスに利用できます。タイムセールやライブショーなどのイベント情報をタイムリーに配信することで、顧客にテーマパーク的な楽しさを提供できます。

1.4.5. 災害時情報配信

1.4.5.1. 広島市や豊島区は、災害発生時に自治体の発表する災害情報を民間のデジタルサイネージに配信する体制を整えています。重大な事態が発生した際には行政情報を配信し、帰宅困難者向けのナビゲーションを行います。

1.4.6. 公共施設

1.4.6.1. 公共施設でもデジタルサイネージは活躍しています。 例えば市民ホールには、コンサートができる大ホールから少人数用の会議室まで様々なスペースがありますが、 それぞれのスペースの使用状況は毎日異なります。 予約状況やイベントの開催情報などをデジタルサイネージで案内すれば、 施設利用者に「いつ利用できるか?」「どのスペースで何のイベントが開かれているか?」などを映像でわかりやすく伝えることができます。

1.4.7. 医療機関や福祉施設

1.4.7.1. 医療機関や福祉施設は、医療情報や介護情報などを患者や利用者に提供する目的でデジタルサイネージを使っています。 病院の待合室にデジタルサイネージを設置すれば、病院側は必要な情報を伝えられますし、患者側も長くなりがちな待ち時間を有効利用することができます。例えば「糖尿病の予防方法」や「インフルエンザの流行情報」などのコンテンツをディスプレイに表示することで、院内に張り紙で掲示するよりもわかりやすく患者に医療情報を提供することができます。

1.4.8. 屋外や交通機関

1.4.8.1. 不特定多数の人が集まる屋外や交通機関のなかや駅構内などは、多くの目に触れるので広告場所として人気がありますが、広告の量が多いので埋没してしまうことが欠点の1つです。そこで消費者の注目を集めやすいデジタルサイネージが、屋外や交通機関内で活躍しています。

1.4.8.2. 最近、「顔認識」機能を搭載したデジタルサイネージも現れました。デジタルサイネージの広告を見ている人や、デジタルサイネージの前を通りかかった人の顔をデジタルサイネージに内蔵したカメラが認識し、その人に合った広告に差し替えるのです。例えば若い女性が多く集まる時間帯は化粧品の広告を多く出し、中高年のサラリーマンが多い時間帯は居酒屋の広告を出すといったことが、人による操作なしに行うことができます。

1.4.9. 百貨店

1.4.9.1. ・店舗の雰囲気に合った動画で、店舗のイメージをアピール ・動きのある映像で顧客をひきつけ、店内に誘導する ・店舗で実際に販売されている商品の質感や色みを鮮明に伝えられる

1.4.10. 駅

1.4.10.1. ・多数の広告配信を一括管理すれば、運用コスト削減できる ・交通情報・天気予報などタイムリーな情報が流せる

1.4.11. 店舗・施設

1.4.11.1. ・顧客の必要とする情報を的確なタイミング・場所で提供できる ・案内対応の人件費を削減できる ・印刷物の貼り替え業務を減らすことができ、業務負担を軽減できる ・ペーパーレス化を進め、環境保全に貢献できる

1.4.12. テーマパーク

1.4.12.1. ・イメージの向上につながる空間演出 ・空間としての価値を高めることによる集客増

1.4.12.1.1. 空間演出として、施設を訪れた人にインパクトを与える映像を流すこともデジタルサイネージで実現できます。 例えば、テーマパークなどにおいて、デジタルサイネージの強みである建物のデザイン・内装と調和した映像演出を使用することで、話題性や新しい楽しみ方を訴求できます。

1.4.13. 工場見学

1.4.13.1. デジタルサイネージを導入する前では、工場見学の際、一番興味深い「生地工程」を見せられる時間が限られていました。そこで、見学客が来た時にいつでもこの工程を見てもらえるように、デジタルサイネージを導入しました。 「バーチャル工場見学」として、ディスプレイで360度のパノラマ画像を表示することで、せんべい作りの魅力を紹介しています。日本語だけでなく、英語・中国語などの5カ国語に対応しているので、海外からの観光客にも製造の様子を紹介できます。

1.5. デメリット

1.5.1. 初期費用、ランニングコストがかかる

1.5.1.1. デジタルサイネージの紙媒体と大きく異なる点は、大型のディスプレイの導入や設置環境を整える際の初期費用がかかってしまうことです。 費用は、ディスプレイのメーカーやスペックによって異なるため確認が必要です。コスト自体は紙媒体でもかかってしまうので、長期的に見た費用計算が必要となります。

1.5.2. 故障の可能性がある

1.5.2.1. デジタルサイネージの大きな欠点は、故障してしまう点です。ディスプレイは電子機器のため、設置場所を考える必要があります。 多くの人々が行き交う場にディスプレイを設置する場合は、ぶつかったり、水が掛かったりしてしまい、修理に出さなければいけないこともあるため、注意が必要です。

1.5.3. 動画制作コストがかかる

1.5.4. 壊れやすい

1.6. 企業の事例

1.6.1. 株式会社ゾフ(小売店舗)

1.6.1.1. 株式会社ゾフでは、店舗拡大に伴い、各店舗ごとで開催する独自キャンペーンの広告ポスター対応、また急なポスター内容の変更や、店舗場所により納期が遅れてしまうなどの問題が起きていました。 デジタルサイネージを導入することで、各店舗ごとにポスター内容をカスタム変更が可能になり、また急なポスター内容変更にもゾフ本社からデータを送信することで迅速かつ容易に対応ができるようになりました。

1.6.1.1.1. New node

1.6.2. 東京ステーション開発株式会社(交通)

1.6.2.1. 東京駅は1日に40万人が利用する大きな駅です。日本人を含め、外国人観光客も多く利用しています。そのため駅構内には飲食店やお土産屋などが集まっており、案内表示は必須です。しかしポスターを使用すると、案内がわかりづらい点や、外国語対応してない点が不便でした。また駅にはたくさんの企業広告ポスターが掲示されており、張り替えや管理に手間がかかっていました。 東京ステーション開発株式会社は、デジタルサイネージを導入し、広告管理の効率化はもちろん、パネル上で目的地を検索できるようにすることで、各ユーザーごとに経路や店舗情報を訴求できるようになりました。また多言語にも対応し、外国人観光客にも使いやすい案内表示を実現しています。

1.6.3. 東京都港区(行政)

1.6.3.1. 東京都港区では、在勤者や旅行客など、区民だけでなくより多くの人が区政情報へ触れる機会を増やすため、デジタルサイネージを導入しました。他企業同様に情報のタイムリー化はもちろん、災害時による停電時も稼働する仕組みの導入、気象情報などの民間コンテンツサービスも取り入れることで、より質の高い情報発信が可能となっています。 行政がデジタルサイネージを導入することで、より住みやすいまちづくりへの期待が見込まれます。

1.7. 導入手順

1.7.1. プランニング・コンサルティング

1.7.1.1. 設置工事・セットアップ

1.7.1.1.1. 運用準備・トレーニング

1.8. 既存のやり方の大変さ

1.8.1. ・一定期間(1週間~1ヶ月)同じコンテンツ

1.8.2. ・貼り換えの手間がかかる

1.8.3. ・音声なしの静止画像でインパクトが弱い

1.9. デジタルサイネージのタイプ

1.9.1. スタンドアロン型

1.9.1.1. パソコンで作成したコンテンツをUSBメモリ・SDカードに保存し、接続するだけで使用できるタイプのデジタルサイネージです。インターネット接続が不要なので、電源さえあれば気軽に始められます。コンテンツは自作可能です。コンテンツ変更の少ない、小規模店舗などにおすすめします。

1.9.2. ネットワーク型

1.9.2.1. インターネットに接続することで、使用できるタイプのデジタルサイネージです。管理用パソコンでコンテンツを作成し、サーバーに保存することで利用できます。オンラインで使用できるので複数台のディスプレイを一箇所でまとめて管理できます。コンテンツ変更が多く、他箇所にディスプレイを設置したいチェーン店などにおすすめします。

1.9.3. インタラクティブ型

1.9.3.1. タッチパネル式のディスプレイを利用すれば、利用者が操作することで、表示されるコンテンツを変化させることができます。インターネット接続については、オンライン・オフライン共に利用できますが、タッチパネル機能が付加されることで、コストはかかります。観光案内・ホテルのロビー・大型商業施設での案内板などで、利用者が自由に操作できるシステムとしておすすめします。

1.10. 小売店舗のサイネージを検討するのはなぜか

1.10.1. 雑貨屋

1.10.1.1. 新商品の使用イメージを伝えたいけど、手に取らないとわからない。

1.10.2. スーパー

1.10.2.1. 商品個数も種類も多すぎて、買ってほしい商品がわからなくなる。

1.10.2.2. 沢山商品を置きたいから、あまりスペースは取りたくない。

1.10.2.3. 利益率が高い商品や、足が速くて、賞味期限が切れそうな商品を優先的に買ってほしい。

1.10.2.4. また、押してほしい販促で上司が依頼をしてきた。チラシ貼るのも面倒だし、売れるための方法考えるが疲れる。

1.10.2.5. 競合店もあるから、ふらっと外の情報を見て店内を回ってほしい。ひと目まず、足を止めてもらって、そこから新聞の折込情報に目を向けて、商品に目を向けてほしいな。

1.10.2.6. 帰り際に、次回の告知や、キャンペーン情報を案内をすることで、次の来店を促したい。

1.10.2.7. 曜日毎の施策とかあるし、でも、おきゃく様に説明するほどの時間ないんだよな。。

1.10.2.8. 土日の昼前、夕方はめっちゃ混むんだけど、時間長い割に、することなくて、この時間もったいないんだよな。動画だったら、沢山の情報量があるから、伝えられそうかも。

1.10.3. ドラッグストア

1.10.3.1. お客様には健康であってほしいから、医療や日々の予防医学で、役立つ情報を届けたいな。

1.10.3.2. 薬局だと、処方箋の間にまって貰うこともあるから、待ち時間はリラックスしてほしいな。

1.10.3.3. お客様がジェネリックとか、飲み合わせとか、期限切れの薬とか、知らないことが多いから、警告しておきたいな。

1.10.3.4. 季節によって、買っておくべき薬や、症状が違うから、先に伝えたら、喜んでくれるかも。

1.10.3.5. お店の前に、安くして置いてあるけど、他にもお得な商品があるんだけど、気づかずに出ていってしまうんだよな。

1.10.4. アパレルショップ

1.10.4.1. お店の前で、声を張り上げているけど、それ以外でお客様を店内に入れる方法ないかな。。。人件費が張るし、安っぽいから、ブランディングからすると、微妙なんだよな。

1.10.4.2. 服によって、着るシチュエーションがあるんだけど、行かないとイメージがわかないんだよな。

1.10.4.3. モデルが着ているから、買うっていう人がいるんだけど、その情報は今の時点ではわからないんだよな。

1.10.4.4. ワンブランドの場合だと、特にブランディングや、イメージが大事。マネキンでは十分じゃない。

1.10.5. 抽象化された情報

1.10.5.1. 紙の張替えが多すぎる

1.10.5.2. 伝えたい情報が多すぎるが、制御出来ない

1.10.5.3. 写真じゃ伝わらない、文字じゃ伝わらない

1.10.5.4. 競合のお店がある中で、差別化を図るには限界がある

1.10.5.5. 店舗数が多いと、印刷代金、輸送、手配コスト、張り替える人件費、スペースなどコストがかかる

1.10.5.6. 売上を上げたい。でも、大幅な改善は既存のやり方ではかなわない。

1.10.5.7. 動画配信という方法があるのは最近注目されているのは知っているが、お金がかかりそう

1.10.5.8. 部屋にプラスアルファをする場合に、目の前にある商品だけでは、実際の想像力を沸かすことができない。

1.10.5.9. アパレル店舗の背景を切り替えられるようにしたら、シーン別のイメージがわかりやすいのでは?

1.10.5.10. お客様に興味を持ってもらいたいが、言葉だけでは、限界がある。

1.10.5.11. 従業員の実力差によって、売上の機会損失を減らしたい

1.10.5.12. 足が止まるようになってほしい。大声で、伝えても止まるわけが無いし、人件費ももったいない。働きがいもあまり良くない。

1.10.5.13. 売りつけられるのが、嫌で、お客様が長い時間話を聞いてくれない。 従業員の自己紹介とかで、透明を伝えられたら、売りつけられている具合を減らせるかな?

1.10.5.14. 季節毎の情報を伝えたい。

1.10.6. 自動車販売

1.10.7. 家電売場

1.10.8. 百貨店

1.10.9. 文具店

1.10.10. ホームセンター

1.10.11. ガソリンスタンド

1.10.12. セレクトショップ

1.10.13. ワンブランド型

1.10.14. ディスカウントストア

1.10.15. ワンプライスショップ

1.10.16. リサイクルショップ

1.10.17. メンバーシップホールセールスクラブ

1.10.18. カテゴリーキラー

1.10.19. 試食販売

2. オフィス

2.1. 使用用途例

2.1.1. 受付

2.1.1.1. 商品紹介

2.1.1.2. ニュース

2.1.1.3. 企業紹介

2.1.1.4. ニュース発信

2.1.1.5. ブランディング動画

2.1.1.6. 実績

2.1.1.7. ウェルカムボード

2.1.1.8. 採用、セミナーなどの案内

2.1.1.9. その場所で起きている状況想定

2.1.1.9.1. 来客もするから、情報は詰め込み過ぎるようにはしたくない。シンプルな場所にしたい。

2.1.1.9.2. 人通りが多いから、何かを伝えることが出来たらよいなとは思っている。

2.1.2. 廊下

2.1.2.1. 周知事項

2.1.2.2. 社内広報

2.1.2.3. その場所で起きている状況想定

2.1.2.3.1. 社員が主に廊下を歩くことになるだろう。

2.1.3. 執務室内

2.1.3.1. 受注報告

2.1.3.2. 受電報告、問い合わせ報告

2.1.3.3. 営業成績

2.1.3.4. 進捗状況の可視化(グラフや、表などで分かりやすく)

2.1.3.5. ニュース

2.1.3.6. 効果事例

2.1.3.7. 社内事務情報

2.1.3.7.1. 人事

2.1.3.7.2. 総務

2.1.3.8. メディアリリース情報

2.1.3.9. 企業理念

2.1.3.10. 最新の商品情報

2.1.3.11. 業務のリマインド

2.1.3.12. 社内募集

2.1.3.12.1. 社内業務効率化アイディアの募集

2.1.3.12.2. イベント幹事

2.1.3.12.3. サークルなど

2.1.3.13. 社員の誕生日

2.1.3.14. その場所で起きている状況想定

2.1.3.14.1. 社員の多くが集まっている。

2.1.3.14.2. 紙で貼り出したり、ホワイトボードなどを活用して、掲示をしている。

2.1.3.14.3. メール配信や、紙での掲示など、情報のキャッチアップ度合いに差がある。

2.1.3.14.4. 文字だけの情報では伝える力に限界がある。

2.1.3.14.5. 社員に喚起したい情報があるが、伝わって、行動まで結びつけているか不安である。

2.1.4. エントランス、外壁

2.1.4.1. その場所で起きている状況想定

2.1.4.1.1. 地域住民に対して、会社があることを再認識して、関係性を向上させる。

2.1.4.1.2. お客様が入館する前に会社を知ってもらう。ブランディングをして、価値向上をさせたい。

2.1.4.1.3. 来館目的以外の人も通る可能性もあるから、新しく知ってもらいたい情報を伝えたい。

2.1.4.1.4. 社員は出勤の最初の入口、爽やかな気分で一日を始めてほしい。

2.1.4.2. 社外向けの広報

2.1.5. トイレ

2.1.5.1. その場所で起きている状況想定

2.1.5.1.1. 生活上、トイレには行くので、手を洗う場所の近くや入口付近に置くことは出来るかもしれない。

2.1.5.2. 健康情報の注意

2.1.5.3. 定期健康診断のお知らせ

2.1.5.4. 衛生管理上のアナウンス

2.1.5.5. 季節の病気の予防情報の発信

2.1.6. 休憩場所

2.1.6.1. その場所で起きている状況想定

2.1.6.1.1. リラックスした雰囲気で社員がいるから、業務以外の情報を伝えたい。社内サークルとか、社内公募など。

2.1.6.2. カジュアルなニュース

2.1.6.3. 社員のオフ活動の報告

2.1.6.4. ニュース

2.1.7. 社内食堂

2.1.7.1. その場所で起きている状況想定

2.1.7.1.1. 休憩場所と同じような情報活用になりそうだけど、健康を意識した内容もいいかも。

2.1.8. エレベーター、エレベーター前

2.1.8.1. その場所で起きている状況想定

2.1.8.1.1. ここにモニターを置くことは難しいかな。エレベーターの管理会社とも相談をしないといけないし。

2.1.8.1.2. 階数のところに目が行くから、そこにモニターがあったら、見てくれそう。実際に、エレベーターで見たこともある。

2.1.9. 会議室

2.1.9.1. その場所で起きている状況想定

2.1.9.1.1. お客さんがいるので、リラックスしてもらいたい。あるいは商談を有利に進めたいので、企業価値を伝えたい。

2.1.9.1.2. 社内MTGなどでは、打ち合わせの時間を有効活用してほしい。クリエイティブな活動だったら、脳を刺激して新しい発想を促すような効果があるとよい。

2.1.9.2. 会議のルールを配信

2.1.9.2.1. 何分前に終わらせる

2.1.9.2.2. 片付け、掃除など

2.1.10. 応接室

2.1.10.1. その場所で起きている状況想定

2.1.10.1.1. 採用の面接で使うこともあるので、候補者には良いイメージで面接を臨んでもらいたい。

2.1.11. 倉庫、工場

2.2. 年度末の予算消化指令がでて即納できるプロダクトは需要がある。     みんなパソコンやモニタなどのハードウェアを駆け込みで購入する。

2.2.1. 下村さん

2.2.1.1. パンフレットをまとめてスマートに演出。

2.2.1.2. 来訪者へのPRや社員へのメッセージを確実につたえる

2.2.1.3. 暗いエントランスを美しい風景で空間デザイン

2.2.1.4. 窓のない会議室に風景を。仕事の効率を上げる

2.2.1.5. 応接室に季節の風景や100年前の浮世絵をお届け

2.3. コピー候補

2.3.1. 杉浦

2.3.1.1. こんなことありませんか?

2.3.1.1.1. 社内で広報する内容が紙で剥がれかけている

2.3.1.1.2. 掲示箇所が多くて、管理が仕切れず人件費が勿体ない。

2.3.1.1.3. 社員に伝えたい情報が多すぎて、伝えきれていない

2.3.1.1.4. メールやチャットで情報を送っても。社員が確認をしていない。

2.3.1.1.5. 閉塞感のある部屋で、作業が滞る

2.3.1.1.6. クリエイティブな作業をしたいのに、部屋がイマイチぱっとしない

2.3.1.1.7. ストック ①モニター、プロジェクターはあるけど、特に使えていない ②スペースを有効活用できていない ③働き方改革がわからない ④福利厚生とか ⑤雰囲気を明るくしたい ⑥

2.3.1.2. 導入イメージ

2.3.1.2.1. 採用系

2.3.1.2.2. コスト削減系

2.3.1.2.3. 風景によるリラックス効果

2.3.1.2.4. 受注報告、営業成績をひと目で伝えよう。

2.3.1.2.5. 誰も見なかった、A4の貼り紙から、誰もが目を向けるモニター配信に。

2.3.1.3. ケース

2.3.1.3.1. 受付、エントランス

2.3.1.3.2. 会議室、応接室

2.3.1.3.3. 執務室内

2.3.1.3.4. 社内食堂、休憩所

2.3.1.3.5. スクリーン例

2.3.1.4. 事例

2.3.1.4.1. A社

2.3.1.4.2. B社

2.3.1.4.3. C社

2.4. 期待される効果

2.4.1. 情報伝達率のUP

2.4.2. 情報の平準化

2.4.3. 社員の意識付け

2.4.4. コミュニケーション活性化

2.4.5. 採用ブランディング

2.4.6. 来客、来訪者へのブランディング

2.4.7. 紙によるコスト削減(SDGS+コスト削減)

2.4.8. 掲示物の管理時間コストの削減

2.4.9. 緊急情報の発信(災害、雨、帰宅促しなど)

3. バーチャルウィンドウの全体像

3.1. デメリット

3.1.1. 初期費用、ランニングコストがかかる

3.1.1.1. デジタルサイネージの紙媒体と大きく異なる点は、大型のディスプレイの導入や設置環境を整える際の初期費用がかかってしまうことです。 費用は、ディスプレイのメーカーやスペックによって異なるため確認が必要です。コスト自体は紙媒体でもかかってしまうので、長期的に見た費用計算が必要となります。

3.1.2. 故障の可能性がある

3.1.2.1. デジタルサイネージの大きな欠点は、故障してしまう点です。ディスプレイは電子機器のため、設置場所を考える必要があります。 多くの人々が行き交う場にディスプレイを設置する場合は、ぶつかったり、水が掛かったりしてしまい、修理に出さなければいけないこともあるため、注意が必要です。

3.1.3. 動画制作コストがかかる

3.1.4. 壊れやすい

3.2. 一般的なメリット

3.2.1. ポスターとくらべての顧客への訴求力が高いこと

3.2.1.1. デジタルサイネージの最大の武器は、動画再生能力です。動きのある動画広告は、ポスターなどの静止画像よりもダイナミックな演出となり、顧客への訴求力を高めます。

3.2.2. データ入稿による工数削減

3.2.2.1. データをそのままシステムに入れるだけでディスプレイに広告が表示されるため、ポスターで広告を作っていた頃のような、入稿、印刷から手貼りまでの工程が必要ありません。印刷等による廃棄物の出ないエコシステムでもあります。

3.2.3. 情報の省スペース化

3.2.3.1. 1台のモニタに複数の広告を切り替えて表示することができます。結果として1つの広告あたりに使用できるスペースが拡大し、大画面のポスターを秒単位で切り替えるといった、贅沢な掲示が可能です。

3.2.4. タイムリーな情報提供

3.2.4.1. 切り替えが早い。 特定の場所、特定の時間でのみ有効な情報をその場で表示できます。リアルタイムで刻一刻と状況が変わるような情報を伝えるには最適なツールです。 デジタルサイネージは、広告やポスターのように1つひとつ作成して張り替える必要がありません。デジタルサイネージの場合、情報の変更はデータを更新するだけで、一括で複数のディスプレイの内容変更が可能です。 キャンペーンや、臨時で案内したい情報も更新するだけで迅速に対応可能となるため、企業側も閲覧者側も利便性が向上します。

3.2.5. ディスプレイなので発色性がよく視認性が高い(4K化や8K化など、画質はさらによくなる)

3.2.6. 動画が使えるので表現の幅が広がる

3.2.7. 複数枚の静止画を切り替えて表示できる(ループ表示できる)

3.2.8. 時間帯や天候などの条件によって情報を変えて発信できる

3.2.9. ポスターや看板のように貼り替えたり付け替えたりする必要がない(手間がかからない)

3.2.10. ユーザーに合った情報提供ができる

3.2.10.1. デジタルサイネージの大きなメリットは、訴求対象に合わせた広告を打てる点です。 オンライン型のデジタルサイネージを利用することで、場所や時間、ターゲットとなる人に合わせてディスプレイ内容を変更でき、より効率的な販促活動が可能となります。 また、他サービスのコンテンツを導入することで、その時間の気象情報などの情報提供もできます。

3.2.11. ユーザーの目に止まりやすい

3.2.11.1. デジタルサイネージはディスプレイを使っているため発色性がよく、視認性が高いため、従来の広告や看板と比べて、目に止まりやすい利点があります。また、音声を流せるデジタルサイネージもあり、音による販促活動も利用できるため、企業側は閲覧者側に合わせて理想的な情報や広告をユーザーに届けることが可能となります。

3.2.12. 届けたい情報に合わせて掲示パターンを変えられる

3.2.12.1. デジタルサイネージは、従来の紙媒体のような静止画の表示も可能です。広告だけでなく、駅構内や病院などで案内情報を表示する場合にも利用できるため、利用する場合は、”どんな情報を、どのように届けたいか”に合わせて掲載パターンを考える必要があります。また、タッチパネル式のディスプレイの場合、閲覧者側に必要な情報を検索してもらうことで、より閲覧者側の要望に沿った情報提供が可能となります。

3.2.13. ブランディング・認知に活用できる

3.2.13.1. ブランディングを目的として活用されます。1つの枠を複数の商材の広告に使えるので、多くの情報を発信できます。

3.2.14. 更新が早くて、安上がり

3.2.14.1. デジタルサイネージには、ポスターや看板のような印刷工程がありません。 データの変更だけで済みますから、頻繁な更新に向いています。また、ネットワーク対応型のデジタルサイネージであれば、 複数の端末を一斉に更新したり、最新ニュースや生中継も表示できます。

3.2.15. 呼び込みの自動化で経費削減

3.2.15.1. 優れたスタッフには及びませんが、安定しています。 優れたスタッフ(従業員)による呼び込み集客は、デジタルサイネージを上回ります。 しかし、賃金相応に働かないスタッフもいます。 仮に、スタッフがサボったり、見込み客の前でだらしない姿を晒したり、 失礼な態度を取った場合。集客はマイナス方向に働きます。 一方、デジタルサイネージは動画コンテンツに依存します。 適切な動画を作れば、安定して通行者に訴求します。

3.2.16. 感情を伝えやすい

3.2.16.1. 動画は商品を通じて得られる”感情”を伝えやすい媒体です。 満足・安心・自信・喜び・優越感・達成感等、 商品を通じて得る顧客の感情は、実のところ商品価値の大半を占めています。 マーケティング視点では、「商品=得られる感情」です。 ・料理を美味しそうに食べている芸能人 ・街頭インタビューで電動シェーバーの切れ味に驚くサラリーマン ・実演販売のトークに差し込まれる爆笑や歓声 ・ストーリーと共に盛り上がる音楽 これらの動画は全て、見込み客(視聴者)の感情を触発するものです。 制作は簡単ではありませんが、感情にアプローチする動画コンテンツは、 常にマーケティングのトップグループにあります。

3.3. デジタルサイネージのタイプ

3.3.1. スタンドアロン型

3.3.1.1. パソコンで作成したコンテンツをUSBメモリ・SDカードに保存し、接続するだけで使用できるタイプのデジタルサイネージです。インターネット接続が不要なので、電源さえあれば気軽に始められます。コンテンツは自作可能です。コンテンツ変更の少ない、小規模店舗などにおすすめします。

3.3.2. ネットワーク型

3.3.2.1. インターネットに接続することで、使用できるタイプのデジタルサイネージです。管理用パソコンでコンテンツを作成し、サーバーに保存することで利用できます。オンラインで使用できるので複数台のディスプレイを一箇所でまとめて管理できます。コンテンツ変更が多く、他箇所にディスプレイを設置したいチェーン店などにおすすめします。

3.3.3. インタラクティブ型

3.3.3.1. タッチパネル式のディスプレイを利用すれば、利用者が操作することで、表示されるコンテンツを変化させることができます。インターネット接続については、オンライン・オフライン共に利用できますが、タッチパネル機能が付加されることで、コストはかかります。観光案内・ホテルのロビー・大型商業施設での案内板などで、利用者が自由に操作できるシステムとしておすすめします。

3.4. デジタルサイネージを使うとしたら

3.4.1. 集客力を上げる

3.4.2. 購買率を上げる

3.4.3. 作業負担を軽減する