7つの習慣

Iniziamo. È gratuito!
o registrati con il tuo indirizzo email
7つの習慣 da Mind Map: 7つの習慣

1. 第7の習慣

1.1. 自分への投資なくて成功はあり得ない

1.2. 肉体を毎日鍛えながら精神を磨き上げる

1.2.1. 肉体を磨く

1.2.1.1. 食事・休養・運動によって体をメンテナンスする

1.2.2. 精神を磨く

1.2.2.1. 瞑想・ヨガなど自分自身を見つめ、考える時間を作る

1.2.2.2. 自分のリフレッシュ法を見つける

1.2.3. 知性を磨く

1.2.3.1. 情報選択・収集力を身につける

1.2.4. 社会・情緒を磨く

1.2.4.1. 相手の立場を尊重して話を聞く

1.2.4.2. お互いの相乗効果が発揮できる第三案を生み出せるように努力する

1.3. 自分の刃を研ぐことで周囲の支えになる

2. 第1の習慣

2.1. 誠実さを高めるために、自分との小さな約束を果たすことを繰り返す

2.2. なぜ、こうしたかを自覚する

2.3. 自分が変わることでしか環境は変わらない

2.4. 人はものごとを自分の見たいように見ているので、物事を表面に判断することは真実を見えにくいなっていることを心得る

2.5. うわべのテクニックでなく人格を育てる意識を持つ

2.6. 自分のパラダイムが成功を等ざけているかもしてないと認識する

2.7. 人格向上のために自分を変えていくプロセスを探り、行動を改善する練習を日々行い習慣化する

2.7.1. 習慣

2.7.1.1. 知識

2.7.1.1.1. なぜ必要なのか、何をすればいいかを理解する

2.7.1.2. やる気

2.7.1.2.1. 自分が変わろうと努力することを誓う

2.7.1.3. スキル

2.7.1.3.1. 効果的な方法で実行する

2.8. 表面的な問題に囚われるのではなく「自分に問題はないか」という問いも持つ

2.9. まずは私的成功を目指す

2.9.1. 私的成功

2.9.1.1. 主体性を発揮する

2.9.1.2. 目的を持って始める

2.9.1.3. 重要事項を優先する

2.9.2. 公的成功

2.9.2.1. Win-Winを考える

2.9.2.2. 理解してから理解される

2.9.2.3. 相乗効果を発揮する

2.10. 「影響の輪」と「関心の輪」の境界を意識して行動をする

2.10.1. どうにもならないことに悩んでも無駄

3. 第2の習慣

3.1. 迷ったときに立ち返る自分の「原則」を知る

3.2. 自分の人生の目的は何か、今やるべきことは何か、目的を持って始めること

4. 第3の習慣

4.1. 緊急でないが重要なことのための時間を増やす

4.1.1. 第一領域(緊急で重要なこと)

4.1.1.1. 締め切りのある仕事

4.1.1.2. 大事な人との急な約束

4.1.1.3. 病気や災害

4.1.2. 第二領域(緊急ではないが重要なこと)

4.1.2.1. 人間関係作り

4.1.2.2. 仕事や勉強の準備や計画

4.1.2.3. 健康維持や自己啓発

4.1.3. 第三領域(緊急だが重要ではないこと)

4.1.3.1. 日々の電話や会議、報告書

4.1.3.2. 重要ではにメールの返信

4.1.3.3. 突然の来客

4.1.4. 第四領域(緊急でも重要でもないこと)

4.1.4.1. 待ち時間

4.1.4.2. テレビやネットサーフフィン

4.1.4.3. ファラファラとケータイを使う

4.2. 時間を管理する発想を捨てる、重要事項を果たす順序を管理する

4.3. 役割と目標を頭に入れて行動する

4.4. 時間が足りない時は人に任せる

5. 第4の習慣

5.1. Win-Winを考える

5.1.1. WIn-Winを支える5つの柱

5.1.1.1. 人格

5.1.1.1.1. 基礎となる自分の人格

5.1.1.2. 関係

5.1.1.2.1. 信頼関係

5.1.1.3. 合意

5.1.1.3.1. 双方の合意・実行協定

5.1.1.4. システム

5.1.1.4.1. 関係を継続する仕組み

5.1.1.5. プロセス

5.1.1.5.1. 結果に至るための良い過程

5.2. 人間関係を充実させるために「信頼残高」を増やす

5.2.1. 人間関係には基礎体力(第1〜第3の習慣)が必要

5.2.1.1. 第一の習慣

5.2.1.1.1. 主体性を発揮する

5.2.1.2. 第二の習慣

5.2.1.2.1. 目的を持って始める

5.2.1.3. 第三の習慣

5.2.1.3.1. 重要事項を優先する

6. 第5の習慣

6.1. 聞き上手になって相手をまず理解する

6.1.1. 聞くことの段階

6.1.1.1. 0:無視する

6.1.1.2. 1:聞くフリをする

6.1.1.3. 2:選択的に聞く

6.1.1.4. 3:注意して聞く

6.1.1.5. 4:感情移入して聞く

6.1.1.5.1. 1:話の中身を繰り返す、繰り返すために注意して聞く

6.1.1.5.2. 2:話の中身を自分の言葉に置き換える

6.1.1.5.3. 3:相手の感情を反映した言葉で相づちを打つ

6.1.1.5.4. 1〜3を同時に行う

6.2. 自分の話を理解してもらうために、普段の態度や人への接し方を反省する

7. 第6の習慣

7.1. 相手との違いを尊重し、相手の長所に学びながら力を合わせる

7.2. 全ての習慣を積み重ね根気良く人と接する