Iniziamo. È gratuito!
o registrati con il tuo indirizzo email
価値観 da Mind Map: 価値観

1. 人生で重要なこと=幸せ

1.1. 幸せが今のところ生きる理由の全て

1.2. 自分がやりたいと思えることは全てこれらに準拠

1.3. 自分でつかもうとするもの、他人から与えられようとするものでは絶対ない

1.4. 優先順位順

1.4.1. 以下の3つ以外に人生において重要なことはない

1.4.2. 毎日が楽しくなくない事

1.4.2.1. 嫌なことをしないの方が正しいかも

1.4.2.2. したいことをする

1.4.2.3. 特段楽しいという感情を積極的に得たい訳ではない

1.4.2.4. 何かの快感を得ることは人生において重要ではない

1.4.2.4.1. 人生において重要でないだけで、快感を得る事自体は好き

1.4.2.5. 楽しくない事がなければ十分なのか、楽しいことがある一定量以上ないとダメなのか、まだ不明

1.4.2.5.1. 快感を得る事を狙うわけではなく、偶発的に得られる快感をラッキーと思って毎日の原動力にしている説はある

1.4.2.5.2. でも、多分前者

1.4.3. ここ10年ぐらいは生きていけそうと思える事

1.4.3.1. 手取りは毎月10~15万でいい

1.4.3.2. 頼れる友人は大事にしたい

1.4.3.2.1. 特にうむちゃん

1.4.3.3. つみたてNISAはする

1.4.4. うむさんが幸せな事

1.4.4.1. うむさんとの共通の知り合いも大事にする

1.5. 特に幸せではないこと

1.5.1. 長生き、見栄、高収入、おいしいもの、旅行、刺激的なこと

1.5.1.1. 大抵のことが本能的に快感を得られるならやってもいいな、程度に感じる

1.5.1.2. 金銭的な問題を抱えてこれらをしても楽しいはずがないので楽しくなければ絶対にやらない

1.5.2. 知らない事、予想ができない事に対する興味について

1.5.2.1. 知らない事を知った時の快感は快感には感じるが、どんどん継続的に得ていきたいと思うものではない

1.5.2.2. なんとなく未知の分野を知った時の快感に慣れてしまっていて、快感の感覚が予想できてしまい、いらないやとなる

2. 自分ができる仕事

2.1. 目的を自分で作る系は難しい

2.2. 何か目的があった時、個人またはチームの全体の利益向上を目的を前提として作業だったり意見することは得意

2.3. 自分の能力を自分で上げることには興味がないが、目的のために能力を持つ人が必要となり自分が適任であれば積極的に能力を上げようとする

2.4. 具体的な能力

2.4.1. 論理的思考

2.4.1.1. 脳内完結&口頭ではなく、文章に起こさないと完璧にはならない

2.4.1.1.1. 何回か読み直す必要があり、リアルタイムで完璧にできるとは言えない

2.4.1.1.2. 第三者の意見も必要としがち

2.4.2. 文章構成力、校正力

2.4.2.1. はむこさんのgithubに書いた文章の書き方今も参考にしたい

2.4.3. 新規分野の習得

2.4.3.1. 上でも書いたが、目的がある場合のみ

2.4.4. 問題への適切なアプローチ

2.4.4.1. 問題に関わる情報全体をある程度網羅しておく必要はある

2.5. 仕事については、与えられた目標がないと永遠に何もしない人になる

2.5.1. それが個人的に嫌とは思ってないからのんびり生活保護でも別にいいと思っている

2.6. 面接

2.6.1. 問題は直接的な技能がないor主張できない

2.6.2. 上のような潜在的能力はあるので、研修期間として入ってみてダメだと思ったらすぐやめさせるor自分でやめるという

2.6.3. 何ができるかはわからないが、何か目的を持つグループに入って、その目的のために自分ができる範囲のこと、もしくは必要とされる技能の形成は積極的にやることができる

2.6.4. もちろん何か技能があればそれについて言う

3. 行動原理

3.1. 前提

3.1.1. ところどころ書いてはいるが、友人関係においてはこれらを方針を程度柔軟にしようと考えている

3.1.1.1. 母親は友人です

3.1.2. 業務とか、事務とかだと徹底する

3.1.3. 嫌なこと

3.1.3.1. 自分が理不尽な目に遭う事

3.1.3.1.1. うむちゃん含め他人はない

3.1.4. いつ死んでもいいように毎日後悔しない生き方

3.2. 公私ともにしたくない事

3.2.1. 目的の定まっていない言動

3.2.2. 立場が明確でない言動

3.3. やる時は本気で、やらない時は0で

3.3.1. 友人付き合いとかの場合は、ある程度柔軟にはしている

3.4. 謙虚さとは

3.4.1. 謙虚でありたい

3.4.2. 自分にとって謙虚とは

3.4.2.1. 自分の身の程を知って、自分の知る範囲でモノを申すこと

3.4.2.1.1. もちろん発言する場での自分の立場も踏まえる

3.4.2.2. 超えても傲慢だし、手前でも傲慢

3.4.2.2.1. 知りえている情報を持ちながら「自分なんかが発言しても…」と思って出し渋りするのは相手に失礼

3.4.2.3. 確実性の低いうわさ話とか予想は苦手

3.5. 感情

3.5.1. 自己防衛のために起伏を薄くしている

3.5.1.1. 人間味を対外的に見せるために、小さな起伏を感じ取る感度を高めにして感情表現をしている

3.5.1.2. お陰ですごい情緒が不安定な人に見えたりする

3.5.2. 感情の大きい上下は自分の精神負荷が高い

3.6. 対他人

3.6.1. 人には色んな面がある

3.6.1.1. 好きな面もあるし嫌いな面もあるが、色んな面を見て総合的にその人を評価しようとしている

3.6.1.1.1. 他人への好感度が上がったり下がったりの波が激しい

3.6.1.1.2. なので別に、好感度があるかないかで他人への接し方は変えない

3.6.1.1.3. その人が自分にどう今まで接してきてくれたかを基準にこちらも態度を考える

3.6.1.1.4. が、結局その場での好感度は態度に現れがちで、制御が難しい

3.6.1.2. 「嫌いな面があるから、その人は無理」って言うのはありえない

3.6.2. 博愛?

3.6.2.1. 全ての人に対して平等に愛を持って接する

3.6.2.1.1. 相手が自分にどう接するか、どう接したいかを見て、相手に不利益がない範囲で自分が相手に対してなるたけ利益が出るように行動がしたい

3.6.2.1.2. とは言いつつ、自分の突発的な感情でそれが上手くいかない事もあるので、何とか制御しようと思っている

3.6.3. 他人に対して求めること

3.6.3.1. 他人には何も期待しない

3.6.3.1.1. 上の感情にも関連するが、期待しただけ落ち込むより、期待せずにいいことが起こってラッキーの方がよい

3.6.4. 他人からの期待

3.6.4.1. 個人的にはしてくれたら嬉しいし返したいとは思うし、できる範囲で返しているつもり

3.6.4.2. ただ大人な関係として言うと、期待してくれるのは勝手だし、期待にはできるだけ応えようとはするけど、期待に沿えなかった結果の損失は自己責任でお願いしたい

3.6.4.3. 期待されることで生産性が上がるかは不明

3.6.4.3.1. 他人にどう思われようが、やると決めた事は本気でやるため

3.6.5. 与えられることについて

3.6.5.1. 自分が欲しいとは言っていないのに与えられるとすごい申し訳なくなる

3.6.5.1.1. ただ「やると決める」か判断する材料に他人からの期待は含まれてはいるはず

3.6.5.1.2. 社会に対して貢献を積極的にしたいと本能的に思っていないため、このような考え方の自分に対して投資するのは社会全体の利益からして無価値に感じてしまう

3.6.5.2. なので与えられると、それをちゃんと返そう!という気分になる

3.6.5.2.1. 自分に投資してくれた人のために、ちゃんと返さないとという気分になる

3.6.5.3. 与えられない内は、自分に与えないでくれオーラを発している

3.6.5.3.1. 与えられたら申し訳なくなるから

3.6.5.4. 「与えられたらちゃんと返せるように頑張ります!」と与えてくれる人に言えばいのでは?とは思うが…

3.6.5.4.1. その人が思う自分の期待値に沿えなかった時の事を考えると、自分の言動に責任を持ちたい気持ちからすると言えない

3.6.5.4.2. 頑張る、は結果が出なければ無意味

3.6.5.5. だから、全ての与えてくれたものや人間関係に対して感謝して恩返しできるように生きていきたい

3.6.5.5.1. 自己犠牲でない範囲で

3.7. 責任

3.7.1. 言動には責任が付きまとう

3.7.1.1. 責任は持つべきだし、必ず何がなんでも取ろうとするもの

3.7.1.1.1. 責任の取り方を間違えない

3.7.1.1.2. 迷惑をかけた人が本来望んでいたもの+責任を損なったものの補填を考える

3.7.2. 頑張ることが大事なのではない、結果を出すのが大事

3.7.2.1. 頑張った事を認めてもらおうとするなんて愚の骨頂

3.7.2.2. 結果が出てかつ、頑張った事を褒めるのはいいと思う、結果に付随する努力は認められるべき

3.8. 自己犠牲

3.8.1. この行動原理タブの内容を超えてやる言動は全て自己犠牲

3.8.1.1. 友人付き合いならある程度は柔軟にする

3.8.1.1.1. 友人関係を持っているという事自体が自分への利益かつ他では代えられないものなため

3.8.1.1.2. つまり、厳密には自己犠牲ではない

3.8.2. 目的のために何か自分がする必要があるとなったら、それは自己犠牲ではない

3.8.2.1. 自分が所属しているグループの目的のために自分が動くことが最適解だとしたら、それは自分にとってやるべきことと認識する

3.8.2.2. そのグループの目的に自分が共感して所属している必要はある

3.8.3. 自己犠牲とはやりたくないこと、やりたくないことは死んでもしない

3.9. その他

3.9.1. 文字に起こして発信することで頭を整理!

4. 働き方

4.1. 正社員

4.1.1. 給料

4.1.1.1. 年功序列

4.1.1.2. 仕事ができなかったらクビ、できたら給料維持、昇給は年一回

4.1.1.2.1. やりがいなんてない

4.1.1.3. しかし、やりがいを得るために自己犠牲はできない

4.1.1.3.1. 自分がやろうと思える事の範囲を超えられない

4.1.1.3.2. やろうと思う基準に、してくれたことに対して恩返しする気持ちは加味される

4.1.1.4. もちろん分野によりそう

4.1.2. 税制

4.1.2.1. 社会保険料

4.1.2.1.1. 年金は払った額より少なくて損をしている?

4.1.2.2. 経費

4.1.3. 規則

4.1.3.1. 平日に毎日定時出社とか無理だろ

4.1.3.1.1. 好きな時に働かせろ

4.1.3.1.2. ミーティングとかその時間であるのが必要なことに対して時間を決めるのはいいが、意味もなく定時出社はキツイ

4.1.3.2. スーツ?笑

4.1.4. これらを鑑みて総合的に楽しかったら正社員でもいい

4.2. 事業、投資

4.2.1. 特に今のところデメリットはない

4.3. 人脈、ツテ

4.3.1. 超大事だと思う

4.3.2. そのためにもオープンなインターネットで発信をしていきたい

4.3.2.1. ブログ

4.3.2.1.1. とてもよい

4.3.2.2. Twitter

4.3.2.2.1. とてもよい

4.3.2.3. Facebookは厳しい

4.3.2.3.1. 未だに個人情報をインターネットに公開するのは抵抗がある

4.4. 士業

4.4.1. 税理士とかFPとか勉強する