最速2時間でわかるビジネスフレームワーク 三枝 元

Commencez. C'est gratuit
ou s'inscrire avec votre adresse courriel
最速2時間でわかるビジネスフレームワーク 三枝 元 par Mind Map: 最速2時間でわかるビジネスフレームワーク 三枝 元

1. Chapter1: 思考と意思決定のためのフレームワーク

1.1. 仮説検証サイクル

1.2. 重要度・緊急度マトリックス

1.3. 帰納法

1.4. 演繹法

1.5. MECE

1.5.1. 要素型

1.5.1.1. 3C、4P、CFTなど

1.5.1.1.1. CFT= Customer Function Technology の3つの事業ドメインの設定をし、自社の強みを生かして、「誰に」「何を」「どんな方法」で提供するかを分析する

1.5.2. プロセス型

1.5.2.1. バリューチェーン

1.5.2.1.1. 開発→資材調達→製造→マーケティング→販売→物流→アフターサービス

1.5.2.2. サプライチェーン

1.5.2.2.1. サプライヤー→完成品メーカー→卸→小売→ユーザー

1.5.2.3. 生産

1.5.2.3.1. 設計→調達→作業

1.5.2.4. 工程

1.5.2.4.1. 第1工程→第2工程→第3工程→検査

1.5.3. 構造型

1.5.3.1. SWOT分析、5フォースモデル、重要度・緊急度マトリックス

1.6. ピラミッド・ストラクチャー

1.7. システム1とシステム2

1.7.1. 自信過剰バイアス

1.7.2. 保有効果

1.7.3. 代表性バイアス

1.7.4. アンカリング

1.7.5. 利用可能性バイアス

1.7.6. ハロー効果

1.8. 6つの影響力

1.8.1. 返報性の原理

1.8.2. コミットメントと一貫性の原則

1.8.3. 社会的証明の原則

1.8.4. 好意の原則

1.8.5. 権威の原則

1.8.6. 希少性の原則

1.9. システム・システムシンキング

2. Chapter2: 計画のためのフレームワーク

2.1. PDCA

2.2. SMART

2.2.1. Specific

2.2.2. Measurable

2.2.3. Archivable

2.2.4. Related

2.2.5. Time-bound

2.3. 5W1H

2.3.1. Who

2.3.2. When

2.3.3. Where

2.3.4. What

2.3.5. Why

2.3.6. How

2.3.7. How much

2.3.8. Whom

3. Chapter3: 問題解決・改善のためのフレームワーク

3.1. ECRSの原則

3.1.1. Eliminate

3.1.2. Combine

3.1.3. Rearrangement

3.1.4. Simplify

3.2. 生産性

3.2.1. 生産性を定義

3.2.1.1. OUTPUT/INPUT

3.2.1.2. インプット下げるか、アウトプットを上げる

3.2.2. 営業マンの生産

3.2.2.1. 営業成績/労働時間

3.2.2.1.1. 営業成績/正味営業時間 × 正味営業時間/労働時間

3.3. 80対20の法則

3.4. 因果関係の3原則

3.4.1. 共変の原則

3.4.2. 時間的順序関係

3.4.3. 他の原因の排除

3.5. 3現主義

3.5.1. 「現場」で「現物」を観察し、「現実」を認識する必要がある

3.6. ダラリの法則

3.6.1. ムダ・ムラ・ムリをなくす

3.7. 5S

3.8. 価値式

3.8.1. 基本的価値

3.8.2. 機能的価値

3.8.3. 情緒的価値

3.8.4. 自己表現価値

3.8.5. 価値 = 価値 / コスト

3.8.6. 金銭面でのコスト

3.8.7. 時間面でのコスト

3.8.8. 肉体面でのコスト

3.8.9. 精神面でのコスト

3.8.10. 需要の3要素

3.8.10.1. Quality: いかに品質を高くするか

3.8.10.2. Cost: いかにコストを抑えるか

3.8.10.3. Delivery: いかに早く作るか

4. Chapter4: コミュニケーションのためのフレームワーク

4.1. AIM

4.2. PREP

4.3. SUCCESsの法則

4.4. 3つの交渉パターン

4.5. 交渉の4つのステップ

4.6. 3つの説得技法

4.7. 説得への4つの心理抵抗

5. Chapter5: アイディア発想のためのフレームワーク

5.1. SCAMPER

5.1.1. 強制的にアイディアを捻り出す

5.1.1.1. Substitute: 代用品はないか

5.1.1.2. Combine: 結びつけることはできないか

5.1.1.3. Adapt: 応用・適用させることはできないか

5.1.1.4. Modify: 修正できないか or 拡大できないか

5.1.1.5. Put to other purpose: 他に使い道はないか

5.1.1.6. Eliminate: 削除か削減ができないか

5.1.1.7. Rearrange/Reverse: 逆にするか、並び替えできないか

5.2. 類似法

5.2.1. 直接的類比

5.2.1.1. 似たものを探し出して、それをヒントにアイディアを発想する

5.2.2. 擬人的類比

5.2.2.1. 自分がその要素となり切って、その視点から発想する

5.2.3. 象徴的類比

5.2.3.1. 問題を抽象化して、シンボリックな視点から幅広く発想する

5.3. シックスハット法

5.3.1. 白い帽子

5.3.1.1. 客観的・中立的

5.3.2. 赤い帽子

5.3.2.1. 感情的

5.3.3. 黄色い帽子

5.3.3.1. 肯定的

5.3.4. 黒い帽子

5.3.4.1. 批判的・消極的

5.3.5. 緑の帽子

5.3.5.1. 積極的・希望的

5.3.6. 青い帽子

5.3.6.1. 思考的・管理的

6. Chapter6: キャリア形成のためのフレームワーク

6.1. ビッグ・ファイブ

6.2. GRIT(やり抜く力)

6.3. 7・2・1の法則

6.4. 原因帰属理論

6.5. 計画された偶発的理論

7. パフォーマンス = 仕事の方向性 × 能力 × モチベーション

7.1. 能力 = 経験 × 業務知識 × 望ましい性格

8. 戦略を考える上で

8.1. 3C分析で市場におけるKFSを抽出し、 CFT分析で基本戦略を検討したあとで、 SWOT分析で基本戦略の検証およびそれまで見逃していた戦略オプションを考えるという手順が妥

9. 戦略を立てるための手順(3C分析・CFT分析) - ビジネスのための一般教養

10. 最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク | 三枝 元 |本 | 通販 | Amazon

11. 経営戦略・マーケティングのフレームワーク

11.1. アンゾフの成長ベクトル

11.1.1. 市場浸透戦略

11.1.2. 新市場開拓戦略

11.1.3. 新製品開発戦略

11.1.4. 多角化戦略

11.2. PPM: プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント

11.2.1. 市場成長率

11.2.2. 相対的マーケットシェア

11.2.3. 円の大きさは、売り上げの大きさを示す