Googleのサイト評価要素

Commencez. C'est gratuit
ou s'inscrire avec votre adresse courriel
Googleのサイト評価要素 par Mind Map: Googleのサイト評価要素

1. 被リンク(外部リンク)の多さ

1.1. 低品質、悪質な被リンクを見直す

1.1.1. 被リンクツール

1.1.1.1. Open site Exploler

1.1.1.2. hanasakigami

1.1.1.3. Ahrefs

1.1.1.4. Majestic SEO

1.2. 良質なコンテンツを作る

1.3. SNSの活用

2. ユーザーの直帰率(最初のページだけを見てサイトを去ること)は低いか

2.1. ユーザを満足させるコンテンツにする

3. ユーザのサイト滞在時間

3.1. 動画を貼り付けたりなど滞在時間を伸ばす試み

4. ペナルティーを要素はないか

5. モバイルフレンドリーか

5.1. 記事をモバイル端末でも確認

6. ユーザのニーズに適しているか

7. 表示速度は高速か

7.1. ワードプレスのテーマを見直したり、内部対策を実施

8. XMLサイトマップを作成しているか

8.1. XMLサイトマップとは、ウェブサイト内の各ページのURLや優先度、最終更新日、更新頻度などを記述したXML形式のファイルのこと。通常はsitemap.xmlというファイルをウェブサイトのトップディレクトリにアップロードする。

8.1.1. クローラーを巡回しやすくする

9. 最適でかつ良質な内部リンクを貼っているか

9.1. Googleはリンク先とリンクも元の関連性を重視する

9.1.1. クローラーやユーザーが回遊しやすいサイトにすることが重要

9.2. 最適な内部リンクを貼ることで、クロールされやすくなる

9.2.1. Googleに評価される

9.3. ユーザーのサイト滞在時間やページセッション率アップ!

10. 構造化マークアップに対応しているか

10.1. テキスト情報をマークアップすることで意味を持たせ、コンピュータに対して効率よくデータの収集・解釈を行えるようにする施策のこと

10.2. セマンティックwebを実現させる

10.2.1. 「セマンティックweb」とは、コンピュータがWebサイトの構造や意味をきちんと理解できるようにする取り組み

10.2.1.1. クローラーにテキストの内容やコンテンツの質を理解してもらうために必要

10.2.1.1.1. Googleの「データハイライター」を用いる

10.2.1.1.2. Googleの「構造化データマークアップ支援ツール」を用いる

10.2.1.1.3. Googleの「構造化データマークアップ支援ツール」を用いる

11. E−A−T、つまりExpertise(専門性)、Authority(権威性)、Trustworthiness(信頼性)のあるコンテンツか

12. サイトの不具合はないか

12.1. サイトがサーバーダウンやメンテナンスで1週間以上アクセス出来ないとインデックスから削除される可能性が高い

13. オリジナルコンテンツか

13.1. 重複する同じコンテンツが存在するとユーザーの利便性を欠いてしまう

13.1.1. 感情的価値や経験・体験談、ライバル記事と出来るだけ異なるテーマを取り上げて独自性を図る

14. レビューや口コミの評価は良いか

14.1. ユーザに嫌われないように注意する

15. パンくずリストを設置しているか

15.1. 「パンくずリスト」とは、ユーザがサイト内で今どこにいるかを分かりやすく視覚的に明示した表示のこと

15.1.1. クローラーが巡回しやすくなる

15.1.2. ユーザビリティーが上がる