シミ、肝斑消すクリーム

Comienza Ya. Es Gratis
ó regístrate con tu dirección de correo electrónico
シミ、肝斑消すクリーム por Mind Map: シミ、肝斑消すクリーム

1. sprint

1.1. シミ取りクリームを買ったことがある人

1.1.1. 40代後半女性

1.1.1.1. 効果を実感できるまでの期間:1週間

1.1.1.2. 期待:1ヶ月

1.1.1.3. 効果の差は多少

1.1.1.4. 1500円・ケシミン

1.1.1.5. 認知経路はCM

1.1.1.6. CMでの女優の演出やビタミンなどの成分がちゃんと入っていることに惹かれた

1.1.1.7. ペインは10中7

1.1.1.8. 高額な商品ならネットで口コミなどをみて検討

1.1.1.9. ケシみんに効果がなければ、病院

1.1.2. 50代前半女性

1.1.2.1. 効果は実感できなかった

1.1.2.2. 1500円・ケシミン

1.1.2.3. 認知経路はCM

1.1.2.4. 期待値は1ヶ月半くらい

1.1.2.4.1. 夏にシミが増えなかったのはいいことかも

1.1.2.5. ペインの度合いは10中6

1.1.2.6. 今は美白化粧品で防いでいる

1.1.2.6.1. 美白化粧品って高かったりするの?

1.1.2.7. 月5000円までなら耐え

1.1.2.8. できれば消したい

1.1.2.8.1. 現状は短期的なソリューションで我慢

1.1.2.9. 3ヶ月間アクセル踏んで薄くなるのであれば、超いい

2. 想定KW

2.1. シミ消しクリーム

2.1.1. ユーザーのペイン=シミ消しの手段がわからない、どのクリームが良いのかわからない

2.1.2. シミに悩む層 = 年齢は40~50後半くらい

2.1.3. 昔はアクティブ

2.2. シミ消し

3. 商品分析

3.1. ビハキュア

3.1.1. 権威性

3.1.1.1. 相田翔子

3.1.1.1.1. 49歳でも美白

3.1.1.2. 楽天売り上げフェイスクリームランキング1位

3.1.2. 美白効果=シミとかの予防

3.1.2.1. ハイドロキノン誘導体

3.1.2.2. トラネキサム酸

3.1.3. 初回:2980円

3.1.3.1. 縛りなし

3.1.4. 訴求軸

3.1.4.1. シミへのアプローチ(シミ消すよ)

3.1.4.2. 肌の保護

3.1.4.3. 医薬部外品

3.1.4.3.1. 厚生労働省認定

3.1.4.3.2. アレルギー検査クリア

3.1.5. USP

3.1.5.1. ハイドロキノン、トラネキサム酸のW有効成分でシミを消し、シミを作らせない

3.1.5.2. 他の商品でこの成分を含んでいるものは少ない

3.1.5.3. シミ消し商品がいつまでに効果を埋めるか=3ヶ月くらいで薄くなる??

3.1.5.3.1. 早い人は1ヶ月くらいで薄くなってきたと実感できる

3.2. シズカゲル

3.2.1. 権威性

3.2.1.1. 楽天スキンケア部門1位

3.2.2. 初回2980円

3.2.2.1. 継続2980円

3.2.2.2. 縛りなし

3.2.3. 類型販売実績100万本

3.2.4. NYで活躍するエステティシャンと皮膚科と共同開発

3.2.5. シミ消しってよりも美白訴求

3.2.5.1. シミ

3.2.5.2. シワ

3.2.5.3. 乾燥

3.2.5.4. 毛穴

3.2.5.5. 肌荒れ

3.2.6. 抗シミ抗シワ乾燥

3.2.6.1. 美白成分アルブチン

3.2.6.2. 抗炎症有効成分

4. 自社サイト構成

4.1. 導入

4.1.1. FV

4.1.1.1. 消えるクリームと消えないクリームがあることを記載

4.1.1.2. ベネフィットを入れてあげるといいかも

4.1.1.2.1. 美肌を取り戻そう!!みたいなの良いかも

4.1.2. 検索窓

4.1.2.1. ジャンル

4.1.2.1.1. 化粧数

4.1.2.1.2. 美容液

4.1.2.1.3. オールインワン

4.1.2.1.4. 乳液

4.1.2.1.5. クリーム

4.1.2.1.6. 洗顔料

4.1.2.2. 悩み

4.1.2.2.1. シミとり

4.1.2.2.2. シワ取り

4.1.2.2.3. 美白

4.1.2.2.4. 保湿

4.1.2.3. 価格

4.1.2.4. 初回価格

4.1.2.4.1. 〜3000円

4.1.2.4.2. 3001〜8000円

4.1.2.4.3. 8001〜15000円

4.1.3. 冒頭

4.1.3.1. 皮膚や美容整形外科医 or 美白研究員

4.1.3.1.1. 架空

4.1.3.2. 本来の理想

4.1.3.2.1. (もっといいやつ書きたい)「何歳になっても綺麗な肌で、イキイキと生きよう」

4.1.3.3. でも、シミは増えてきそうだし、今も気になる…

4.1.3.4. だから医者とか専門家協力の下、30種類以上のシミ対策クリームの中から本当に消えるクリームを徹底調査!!

4.1.3.5. 調査の結果、効果があるシミ消しクリームには3つの大事なポイントが〜!!??

4.1.3.6. 訴求の切り口

4.1.3.6.1. ①シミ消し成分

4.1.3.6.2. ②予防効果

4.1.3.6.3. ③医薬部外品か否か

4.1.3.7. 編集部ポイント

4.1.3.7.1. 試しやすさ

4.1.3.8. それぞれで商品をカテゴライズする。昔の口臭サプリみたいに(https://slimstyle.jp/overall/)

4.1.3.9. 実際に、編集部でも試して効果のあったシミ消しクリートbest3を紹介!

4.1.4. 商品紹介

4.1.4.1. 1位ビハキュア

4.1.4.1.1. キャッチコピー

4.1.4.1.2. 商品画像

4.1.4.1.3. 商品の成分紹介(図)

4.1.4.1.4. 使用者に軽く感想を行ってもらう

4.1.4.1.5. 医者の声

4.1.4.1.6. 本文

4.1.4.2. 2位シズカゲル

4.1.4.2.1. キャッチコピー

4.1.4.2.2. 商品画像

4.1.4.2.3. 商品の成分紹介(図)

4.1.4.2.4. 使用者の声

4.1.4.2.5. 医者の声

4.1.4.2.6. 本文

4.1.4.3. 3位

4.1.4.3.1. キャッチコピー

4.1.4.3.2. 権威性

4.1.4.3.3. 成分

4.1.4.3.4. 価格初回1800円

4.1.5. クロージング部分

4.1.5.1. 再度簡単なランキングや商品情報の掲載

4.1.5.1.1. 比較表でもいいけど。。。

4.1.5.2. バストクリーム同様に改めて、なんでビはキュアがいいかを記載

4.1.5.2.1. でもこれをやると客観性薄くなって、サイト全体の信頼性が落ちて、結果的に離脱するみたいな説

4.1.5.2.2. アレテコが作ってたサイトは

5. 改善施策

5.1. 権威性

5.1.1. 医者のキャラクターを使う

5.1.1.1. 医者がおすすめする=効果がありそう

5.1.1.1.1. =サイト自体の信憑性は高そう

5.1.1.2. 医者のキャラが胡散臭かったら逆効果

5.1.2. 芸能人プッシュ

5.1.2.1. 製品が芸能人とタイアップしているなら効果◎

5.1.2.1.1. 製品によっては芸能人いない

5.1.2.1.2. 芸能人に対して美肌のイメージがなかったら×

5.1.3. 賞など

5.1.3.1. 飽和しているかも

5.2. 客観性

5.2.1. 口コミランキング

5.2.1.1. ①いつまでに、どのくらいシミが消えるのか

5.2.1.2. ②コスパ

5.2.1.3. ③自分に本当に合うかどうか

5.2.1.3.1. 成果がイメージできるかどうか

5.2.1.3.2. 肌あれなど

5.2.2. ロジック

5.2.2.1. 効果があると証明されたも)

5.2.2.1.1. 医薬部外品

5.2.2.1.2. ある種の権威性かも

5.2.2.2. 何が効果があると認めているのか

5.2.2.2.1. 一部の成分

5.2.2.2.2. シミに効きそうなロジックとは?

5.3. 現状のポジション

5.3.1. KW:シミを消すクリーム

5.3.1.1. これで流入してくるユーザーはシミを消すことを期待している??

5.3.1.1.1. 治療薬に近いポジション??

5.3.1.1.2. 仮にシミを治療したい、消したいだけではなく、シミをケアしたい

5.4. ○○な人

6. シミ消し

6.1. 美白クリーム

6.1.1. 綺麗になりたい、戻りたいなど

6.1.1.1. 育毛

6.1.1.2. 化粧品

6.1.1.3. ダイエットサプリ

6.1.1.4. 白髪染

6.1.2. あ

7. 参考サイト

7.1. シミ消しクリーム人気ランキング2020!【最新】シミを防ぐ美白クリームBest5を発表 | ONE cosme

8. 導入

8.1. 検索ボックス

8.1.1. 「あなたに一番おすすめ」っていうワード超いい

8.1.1.1. 女性は"自分に"合う物をおすすめして欲しいらしいから、パーソナライズ化されているだけで、そもそも冒頭の段階で好印象かも

8.1.1.2. しかも、検索の種類豊富(これseo対策かも??)

8.2. タイトル

8.2.1. シミ消しクリームって言ったり、シミ予防クリームって言ったりしてて混乱する

8.3. FV

8.3.1. 画像のインパクトはない

8.3.2. シミを消せたのは○個だけって言ってる

8.3.2.1. この瞬間に効かないやつもあるんだ

8.3.2.1.1. このサイトは聞くやつを紹介してくれそうって思う。

8.4. 冒頭部分

8.4.1. 皮膚科の先生を実名で出してるの異常に信頼感ある。

8.4.1.1. この段階で「このサイト医者が監修してるんだ」胡散臭くないってなるかも

8.4.2. 切り口

8.4.2.1. 成分

8.4.2.1.1. 今あるシミではなく、今後の対策として訴求してる

8.4.2.2. 保湿性

8.4.2.2.1. シミっていうかこれは美白として訴求してるからずれてるかも

8.4.2.3. 値段じゃない

8.4.2.3.1. 自分に合わない製品を使っても意味ない=結局コスパ悪くなるよ〜〜

8.5. 編集部ポイント

8.5.1. 結局、試さないと分かんないよ!!

9. 商品紹介

9.1. 切り口によって分けたランキング(総合、美白効果、保湿効果、口コミ)

9.1.1. 1位商品(ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110)

9.1.1.1. 気になる1点集中を目指すならってワードはkwに合ってる

9.1.2. 商品ページにとぶ

9.1.2.1. タイトル

9.1.2.1.1. ベストコスメ8冠!毎月女性誌で掲載されるほど信頼性バツグンのドクターズコスメ

9.1.2.2. 口コミ+医者が論点を言ってる

9.1.2.3. 権威性

9.1.2.3.1. 成分

9.1.2.4. 口コミ

9.1.2.4.1. 効果

9.1.2.4.2. 安全性

9.1.2.4.3. 匂い

9.1.2.5. 使用動画

9.1.2.5.1. イメージしやすい

9.2. 比較表

9.2.1. 商品紹介

9.2.2. 美白効果

9.2.3. 有効成分

9.2.4. 保湿効果

9.2.5. 価格

9.2.6. 匂い

9.2.7. キャンペーン

10. サイトの後半

10.1. 比較表

10.1.1. 総合ランキングを元に比較表

10.2. 公式LINEニナガス

10.2.1. これはおそらく戦略の違いだから参考にする必要なし

11. サイト構造

11.1. 冒頭でサイトの信憑性をめちゃくちゃあげる

11.1.1. 医者

11.1.2. 効くやつと効かないやつがあることをほのめかす

11.2. ユーザーによって会うやつ合わないやつがあることを伝えてる

11.2.1. このサイトは個人に合わせて提案できるよ!

11.3. 切り口の設定

11.3.1. シミにアプローチできるかどうか

11.3.1.1. 成分

11.3.2. 保湿効果

11.3.3. 自分に合う商品を見ること

11.3.3.1. これは色々な商品を取り扱ってるからできること

11.4. こまめにまとめてる

11.4.1. =ユーザーがそんなに長文を読めないことを前提に口コミのまとめや、本文のまとめ、その上で編集部voiceなどでまとめてるのがめっちゃgood

11.5. KW拡大まで終わってて、予防でも引っかかるから予防とか美白のKWで引っかかる