管理会計を起点とする経営支援

今回は「管理会計を起点とする経営支援の流れ」についてその概略をマインドマップで解説してみました。このマップをもとに流れを理解して、youtubeチャンネルの動画をご覧頂ければ幸いです。このマインドマップはyoutube動画は次のurlになります。https://www.youtube.com/watch?v=PDwVjWq_lCE 私(青山恒夫:公認会計士、ITコーディネータ)は管理会計の考え方をExcel&tableauツールを活用し、データの分析・活用をライフワークとしています。 今回はソリューションについて考えてみようと思いましたソリューションビジネスをまとめています。管理会計を起点とする経営支援研究会 ⇒https://www.aoyamaoffice.jp/??お問い合わせ(ご相談、セミナー依頼等) ⇒https://www.aoyamaoffice.jp/soudan?

Jetzt loslegen. Gratis!
oder registrieren mit Ihrer E-Mail-Adresse
管理会計を起点とする経営支援 von Mind Map: 管理会計を起点とする経営支援

1. 基礎知識

1.1. 経営管理会計

1.1.1. 財務会計と管理会計の違い

1.1.2. 原価とは

1.1.3. CVP型PLによるシミュレーション

1.1.4. セグメント業績把握&採算分析

1.1.4.1. 組織

1.1.4.2. 顧客

1.1.4.3. 商品サービス

1.1.4.4. 地域

1.1.4.5. プロジェクト

1.1.5. キャッシュフロー

1.1.5.1. キャッシュフロー計算書

1.1.5.2. キャッシュフロー

1.1.6. 経営分析

1.1.6.1. 総合評価

1.1.6.2. 収益性分析

1.1.6.3. 効率性分析

1.1.6.4. 安全性分析

1.1.6.5. 成長性分析

1.1.6.6. 付加価値分析

1.1.6.7. 損益分岐点分析

1.1.6.8. キャッシュフロー計算書分析

1.1.7. 設備投資の採算性分析

1.1.7.1. 将来事業計画の作成

1.1.7.2. 割引率設定

1.1.7.3. DCF算定

1.1.7.4. NPV等の把握

1.1.8. 企業価値評価

1.1.8.1. ROA

1.1.8.2. ROIC

1.1.8.3. ROE

1.1.8.4. EVA

1.1.8.5. 企業価値評価

1.1.8.5.1. 継続価値

1.1.8.5.2. 割引率

1.2. 財務会計

2. 論理思考

2.1. マトリックス

2.1.1. マトリックスの意味

2.1.1.1. 4つのセルで分解して可視化

2.1.1.2. 分解した4つのセルの優先度付け

2.1.2. どんな組み合わせが考えられるか

2.1.2.1. 空間軸のマッピング

2.1.2.1.1. 得意先の売上高vs利益率

2.1.2.1.2. 競合と自社とのマッピング

2.1.2.2. 時間軸のマッピング

2.1.2.2.1. 同じ得意先の売上高vs利益率の年次推移

2.1.3. PPMモデル

2.2. ロジックツリー

2.2.1. マインドマップ

2.3. SWOT分析

3. 不確実性下の意思決定

3.1. 仮説検証

3.2. 幅で考える

3.3. 内容

3.3.1. 新工場建設の採算性

3.3.2. 新店舗建設の採算性

4. 経営支援領域

4.1. 資金繰り

4.2. 保険活用

4.3. 補助金申請

4.4. 統計知識

5. 経営支援ツール

5.1. web軍師

5.1.1. BSCによる経営管理の仕組み化

5.1.2. 若山先生

5.2. こがねむしくらぶ

5.2.1. 経営計画の簡単作成

5.2.2. 近藤学先生

6. クラウド業務処理

6.1. DXの基礎知識

6.2. 業務一環処理(ERP)

6.2.1. 会計

6.2.2. 人事

6.2.3. 販売

6.3. 業務連携ツール

6.3.1. クラウド会計ソフト

6.3.2. AI-OCRツール

6.3.3. RPA

6.3.4. 中小企業共通EDI

7. データ活用・分析

7.1. データの可視化

7.1.1. ピボットテーブル&グラフ

7.2. データ活用分析

7.2.1. 販売データの分析

7.2.1.1. airレジデータの活用

7.2.1.2. Tableauの活用

7.3. シミュレーション

7.3.1. データテーブル

7.3.2. ソルバー

8. 経営会議資料

8.1. 月次決算書

8.2. 月次経営分析資料

8.2.1. 参謀役等で基礎資料作成

8.2.2. 分析指標の総合評価

8.2.3. 資金繰り状況の把握

8.2.4. 販売状況の分析

8.2.4.1. 商品サービス

8.2.4.2. 顧客

8.3. 計画と実績対比

8.3.1. 問題点・課題の発見、解決

8.3.2. アクションプラン作成・見直し

8.4. 3ヶ月後予測決算書

8.4.1. 受注予測

8.4.2. イベント把握

8.5. 期末着地予想

8.5.1. 3点シナリオ

8.5.1.1. ベスト、ベース、ワースト

8.5.2. 3点の幅で考える

9. CF増加策

10. 業務フローの作成

10.1. クラウドツールで協働可能に

10.2. 業務の効果と効率を追求

11. 業務知識

11.1. 経理

11.2. 人事

11.3. 販売

11.4. マーケティング

12. 業種知識

12.1. マインドマップで整理

12.2. 業種

12.2.1. 歯科医

13. CVP型PL&CFの理解

13.1. CVP型PL&CFの理解

13.1.1. CVP型PL&CFの作成

13.1.2. CVP型PL&CFのシミュレーション

13.1.2.1. ゴールシーク

13.1.2.2. 3点シナリオ

13.1.2.2.1. 現状、未来、計画

13.1.2.3. MQ会計

14. 未来決算書の作成

14.1. 環境理解

14.1.1. 外部マクロ環境

14.1.1.1. PEST分析

14.1.2. 外部競争環境

14.1.2.1. 5フォース

14.1.2.2. 3C分析

14.1.3. 内部環境分析

14.1.3.1. 現在までの業績

14.1.3.2. 経営資源の状況

14.1.3.2.1. 人

14.1.3.2.2. 設備・システム

14.1.3.2.3. お金

14.2. SWOT分析

14.3. やりたいこと

14.3.1. 目標の設定

14.3.1.1. 5年後決算書

14.4. 戦略作成

14.4.1. 戦略シナリオ作成

14.4.2. BSCの戦略マップ作成

14.4.3. 行動計画書作成

15. 決算書の読み方

15.1. b/s、P/L、C/Fの基礎知識

15.2. 財務会計決算書と管理会計決算書との違い

15.3. 経営分析

15.3.1. 何が重要な指標なのか