校正・校閲・編集    チェック項目一覧

Kom i gang. Det er Gratis
eller tilmeld med din email adresse
校正・校閲・編集    チェック項目一覧 af Mind Map: 校正・校閲・編集    チェック項目一覧

1. 素読み校正時確認

1.1. 文章構成

1.1.1. 検索意図に対する答えや結論になるような記事か

1.1.2. 見出しと段落の整合性があるか

1.1.2.1. 見出しに続く段落は見出しに対する答えや結論になっているか

1.1.3. 見出しの粒度のばらつきが無いか

1.1.4. 段落構成に矛盾や論理的なねじれがないか

1.1.4.1. 文章全体・段落ごとに、導入→展開→結論となっているのが基本形

1.1.4.2. ねじれの例: 日本人にとって肉食の歴史は浅く、脂肪過多になり、 また、脂も摂りすぎて、肥満などの原因になっています。

1.1.5. 同内容や表現の繰り返しがないか

1.1.5.1. 同じような結論が色々な段落に記載

1.1.6. 内容過剰

1.1.6.1. 1文に内容を詰め込みすぎていないか。1センテンス・1メッセージが基本

1.2. 読みやすさ

1.2.1. 『です。』が続くなど、文末表現の連続

1.2.2. 格助詞『の』『で』『が』『を』の連続

1.2.2.1. 「の」「が」は3回以上 「で」「を」は2回以上 連続している場合は校正を検討ください

1.2.3. こそあど言葉の乱用

1.2.4. 過剰敬語(おっしゃられる)

1.2.5. スマホを意識した1文の文字数

1.2.6. 末尾表現の統一

1.2.6.1. 箇条書きで、文末に。が入ったり入らなかったり等

1.2.7. 引用のURLや図解、内容に間違いが無いか

1.2.8. 客観性がない主観的な比較・ランキング等

1.2.9. 批判や批評的な情報

2. ①納品ファイルチェック

2.1. ファイル名が正しいか

2.2. タイトルが正しいか

2.3. 指定文字数以上か

2.4. 納品の文章フォーマットが仕様に合っているか

2.4.1. 段落

2.4.2. 見出し

2.4.3. 強調

2.4.3.1. 強調に関して、赤太字になっているか

2.4.3.2. 強調対象の文・単語が過剰になっていないか(文章全体の量に対して多すぎないか)

2.4.4. 引用・参照

3. ②単語・品詞・文節

3.1. 誤字・脱字・誤用

3.1.1. 誤字・誤変換・脱字

3.1.2. 助詞不足・ら抜き・い抜き・助詞間違い(てにをは)

3.1.3. 冗長表現・二重表現

3.1.4. 表記ゆれ

3.1.5. 差別語・不快語・使用注意語

3.1.6. 誤用

3.1.7. 適切でない表現、表現の工夫

3.2. 数字・記号表記

3.2.1. 四桁以上の数値は「,」をつける(例:10000→10,000)

3.2.2. 数字は半角

3.2.3. 記号は全角 (例:%、¥、$、()、「」)

3.3. 文字ひらき

3.3.1. 形式名詞・補助動詞はひらく

3.3.2. 接続詞はひらがなにして基本的に「、」をつける (例:×従って→〇したがって、×又→〇また、)

4. ③文※校正+読みやすさ

4.1. 同じ言い回しや表現の繰り返し

4.2. 『です。』が続くなど、文末表現の連続

4.3. 格助詞『の』『で』『が』『を』の連続

4.3.1. 「の」「が」は3回以上 「で」「を」は2回以上 連続している場合は校正を検討ください

4.4. こそあど言葉の乱用

4.5. 二重否定文

4.5.1. 例:○○できないわけではない。 → ○○できる。

4.6. 過剰敬語(おっしゃられる)

4.7. 主語不明瞭

4.7.1. 主語のあとには「、」をつけると読みやすい

4.8. ねじれ文

4.8.1. 例:日本人にとって肉食の歴史は浅く、脂肪過多になり、また、脂も摂りすぎて、肥満などの原因になっています。

4.9. 内容過剰

4.9.1. 1文に内容を詰め込みすぎていないか。1センテンス・1メッセージが基本

4.10. スマホを意識した1文の文字数

4.11. 末尾表現の統一

4.11.1. 箇条書きで、文末に。が入ったり入らなかったり等

5. ④文章※校正+読みやすさ+内容の質

5.1. 参考URLの内容が反映されているか

5.2. 差別化のURL・内容が反映されているか

5.3. その他、執筆テーマの仕様は反映されているか

5.4. 引用のURLや図解、内容に間違いが無いか

5.5. 見出し内容はわかりやすいか

5.6. 見出しの粒度がそろっているか

5.7. 見出しとその段落の整合性は保たれているか

5.8. 段落構成に矛盾や論理的なねじれが無いか

5.9. 客観性がない主観的な比較・ランキング等

5.10. 批判や批評的な情報

6. 校正マニュアルの概要

6.1. コンテンツSEO視点

6.1.1. ・キーワードに対する検索エンジンの評価 ・検索意図の反映 ・コンテンツのターゲットとゴールの評価

6.2. すべての記事の目的

6.3. 校正の入れ方

6.4. コメントのいれるパターン

6.4.1. お客さん視点

6.4.2. 図の挿入など、記事をページ化するときに必要な情報の場合

6.4.3. 修正の内容について複数の解釈があるような場合

6.4.4. 図表について

6.4.4.1. 図が無いと、文章が成り立たない場合

6.4.4.1.1. 著作権の問題の有→自社で作成が必要

6.4.4.1.2. 著作権の問題の無→

6.4.4.2. 図が無くても、文章が成り立つ場合

6.4.4.2.1. 無くても問題なし

6.4.4.2.2. あった方がよい

6.4.4.3. 挿入位置は妥当か

6.5. 校正が完了したとき

6.6. ライターに修正を依頼するとき

7. その他NG事項・規定

7.1. 時期表現

7.1.1. 今年、来月…など閲覧時期によって食い違いが生じるもの (例:最近上陸した台風20号は → 最近上陸している大型台風は)

7.2. 一般サイト・競合サイトの掲載

7.2.1. 公益公共サイト以外は一般名が望ましい 。 (「ホームズ」を「不動産検索ポータル」) 一般サイト名でないとつじつまが合わないような内容の場合、 ・掲載するサイトの競合になっていない ・掲載することで有益な情報提供につながる 等

7.2.2. ただし、記事掲載対象のサイトの利益・価値を毀損する場合はNG

7.3. 機種依存文字

7.3.1. ♪や!などの記号

7.3.1.1. OK

7.3.2. 例