若林敏郎

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
若林敏郎 by Mind Map: 若林敏郎

1. 基本情報

1.1. 住所

1.1.1. 埼玉県越谷市大里40-1-435

1.2. 電話

1.2.1. 048-976-9312

1.3. メール

1.3.1. [email protected]

1.4. 生年月日

1.4.1. 1948年3月11日

1.5. 職業

1.5.1. 経営コンサルタント(中小企業診断士)

2. ビジョン・目標

2.1. 役に立つコンサルタントで有り続ける

2.2. 生涯現役

3. 趣味・好きなコト

3.1. ゴルフ、旅行

3.2. 旅行

3.3. ウインドウショッピング

4. 得意・強み

4.1. 経営戦略の構築

4.1.1. ビジネスモデルの構築

4.1.1.1. 生活者の「不」の解消

4.1.1.1.1. 不安

4.1.1.1.2. 不便

4.1.1.1.3. 不満

4.1.1.1.4. 不快

4.2. 人前で話すことは苦にならない

4.2.1. これが強すぎると弱みになる

4.3. マーケティング戦略の構築

4.3.1. 顧客集客

4.3.1.1. ウエブ活用を現在目指しています

5. 流行っていること、これから流行りそうなことで自分が興味があること・議題

5.1. 団塊世代が70歳になる来年から本格的な高齢化時代の到来

5.1.1. 高齢者の生きがい開発

5.1.1.1. 経済的自立(収入)

5.1.1.2. 趣味

5.1.1.3. ボランティア

5.1.1.4. 仲間作り

5.1.1.5. 健康

6. 過去乗り越えた問題やコンプレックス

6.1. 息子の突然の死亡

6.1.1. 未だ乗り越えられていないが、「やりがいが有るビジネス」に心血を注ぐことで乗り越えたい

6.1.2. 死亡後、様々な体の不調が顕在化

6.1.2.1. 頭痛

6.1.2.1.1. 思考力の低下

6.1.2.2. 大腸炎

6.1.2.2.1. 行動範囲の制限

6.1.2.3. 倦怠感

6.1.2.3.1. 行動力の低下(モチベーションの低下)

6.1.2.4. 聴覚の低下

6.1.2.4.1. コミュニケーション能力の低下

7. 現状の問題やコンプレックス

7.1. 健康問題

7.1.1. 快方に向かっているが未だ完全ではない

7.2. 加齢

7.2.1. 物忘れや体力の低下

7.2.2. 健康面での不安

8. 現状構築しているビジネスモデル案

8.1. 中高年層をターゲットとしたウエブ活用スキル学習塾の設立

8.2. ウエブ活用スキルを身につけ収入に繋げられるようにする事が目的

8.2.1. MLMを活用

9. 経歴

9.1. サラリーマン家庭の次男として1948年愛知県名古屋市で出生

9.2. 1952年東京都大田区に移住

9.2.1. 移住してきた直後は掘っ立て小屋の様な家出した

9.3. 1968年東京都立大森高校卒業

9.3.1. 1968年中央大学商学部入学

9.4. 入学後学生運動が激しく成り学習する環境が著しく悪くなる。日本脱出を計画

9.5. 米国生活を経験するため1年間休学し渡米

9.5.1. 1$360円時代にサンフランシスコにて英語の勉強(アダルトスクールに通学)

9.6. 1971年中央大学を卒業後繊維卸商社の市田株式会社東京本店に入社

9.6.1. 百貨店、小売店の販売を担当

9.7. 1978結婚

9.7.1. 1979年長女出生

9.7.1.1. 2007年結婚

9.7.1.1.1. 2008年長男出産

9.7.2. 1983年長男出生

9.7.2.1. 2014年交通事故により死亡

9.8. 1979年~1983年市田(株)労働組合専従委員長

9.8.1. 19783年中小企業診断士資格取得

9.8.1.1. 動機は団交で経営者と対等に経営問題を論じることが出来るようになるため

9.8.1.2. 将来の為に何か資格が欲しかった

9.8.1.3. 時間的に余裕が有った

9.9. ラルフローレン等海外提携ブランド部門に異動

9.9.1. 米国(特にニューヨーク)には15年間で50数回出張し米国の百貨店、ショッピングタウンを見学

9.9.2. 米国ポロ社にて陳列技術を学ぶ

9.9.3. 米国人(特にニューヨークのビジネスマン)の自己表現力とアグレッシブな行動力を学ぶことが出来た

9.10. 1999年同社を退職し中小企業診断士若林敏郎事務所を設立

9.10.1. 妻にも相談せづ退職

9.10.2. 割増退職金にも目がくらんだ

9.10.3. いつか自分の力を試してみたいという夢の実現

9.11. 設立後クライアント確保に奔走するが3年~4年間の収入は激減し退職金を使い果たす

9.11.1. 異業種交流会や無料セミナー、中小企業診断士会などに頻繁に参加し自己PRに奔走

9.12. 徐々にクライアント企業が増え生活の見通しが付くようになる

9.13. 現職

9.13.1. 東京都中小企業振興公社アドバイザー

9.13.2. 高齢者雇用支援機構アドバイザー

9.13.3. 東京都中小企業診断士会指導員

9.14. その他クライアント企業(SM、繊維卸業、倉庫業等)