フィードマティックノウハウ

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
フィードマティックノウハウ by Mind Map: フィードマティックノウハウ

1. 手動部分

1.1. まずは実際に1000人フォローしよう

1.1.1. ツイッターアクティブユーザーをフォローする

1.1.2. 1000人フォローしたらホームボタンを押してタイムラインを10分ぐらい見てみる。

1.1.2.1. ツイッターユーザーがどんな行動をしているのか、 なんとなくでいいのでチェックしておく。

1.1.2.1.1. ユーザーがRTしているアカウントで 参考アカウント足りうるアカウントを見つけたらそれはメモをしておく。

1.1.2.2. この際はbot系をフォローしないように注意する。

1.2. 手動アカウントを運用する理由

1.2.1. 手動でアカウントを運用することによって、 ツイッターユーザーが何を求め、何を面白いと思っているかみえてくるから

1.2.2. 自動だけだとツール頼みになってしまって、 一番大事なツイッターユーザーに沿ったアプローチが出来なくなる

1.2.3. 手動を使いこなしてこそ、 自動でツールを運用することに価値が出る。

1.2.3.1. 手動でアカウントを運用することは、 手動で得られる報酬以上に価値がある

1.2.3.1.1. 手動運用を制するものはツイッターを制す

1.3. アクティブなユーザーをフォローする方法

1.3.1. 業者アカウントをフォローしない

1.3.2. 相互フォローなどでフォロワーだけを増やしているアカウントをフォローしない

1.3.3. 現在進行形でフォロワーを増やしているアカウントをフォローしていく

1.3.3.1. 具体例を出しながら

1.3.4. 人気アカウントなどをみて、RT、良いねをしているアカウントをフォローする

1.4. リムーブについて

1.4.1. 出来る限り相互フォローしているアカウントはフォローし続ける

1.4.1.1. MnageFlitterがオススメ

1.4.1.2. フォローマティックXを持っている人は自動で片思いフォロワーを消してくれるのでこれを使う

1.5. 一日何人フォローしても良いのか?

1.5.1. 大体200~300人程度であれば問題ない

1.5.2. ただIPは気をつけてね。

2. 自動部分

2.1. ボット機能を利用する

2.1.1. どんなつぶやきをbot化したらいいのか?

2.1.1.1. 参考アカウントを見つける

2.1.1.1.1. 参考アカウントの見つけ方?

2.1.1.2. ユーザーがおもわずフォローしたくなるもの

2.2. 自動フォロー機能を利用する

2.2.1. フォローマティックXの場合

2.2.1.1. 適当に『面白』、『爆笑』などは入れない

2.2.1.2. 実際に反応のとれているアカウントを使う

3. 凍結について

4. 共通部分

4.1. ブログ記事の選定

4.1.1. オールジャンルのブログ

4.1.1.1. 頻繁に更新がされているかを確認

4.1.1.1.1. トレンドネタを扱っているか?

4.1.2. チェック項目

4.1.2.1. 画像は使われているか?

4.1.2.2. 広告は入っていないか?

4.1.2.3. 文章が入っているか?

4.1.3. 専門的なブログ

4.1.3.1. それに付随した専門アカウントが必要

4.1.3.1.1. EXILE

4.1.3.1.2. 広瀬すず

4.1.3.1.3. 橋本環奈

4.1.3.1.4. 地震の

5. フィードマティックの稼ぎ方について

5.1. フィードマティックは新しいツイッターのアフィリエイト手法である。

5.1.1. メリット

5.1.2. デメリット