Code for Japan Summit 2015 イベントコンセプト

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
Code for Japan Summit 2015 イベントコンセプト by Mind Map: Code for Japan Summit 2015 イベントコンセプト

1. 何かを始めたチーム、コミュニティ

2. ブリゲイドの始め方

2.1. キックオフ

2.2. 成長ステージごとの傾向と対策

2.3. 準備期間のアドバイス(他コミに参加するなど)

3. ITっぽいことがあった方が良くない?

4. シビックテックが世に出たことを示す

5. ネクストアクションをプレゼンテーションする場

6. トートの端数を単独販売に回す

7. 一ブリゲイド一企画

8. ブリゲイドブースコーナー!

9. 継続

10. マッピングパーティ

11. 我々は何が楽しくてやってるのか?再検討しましょう

12. IT(プログラミング)

13. 楽しければそれでいい?

14. 見学会、見学コース、コンシェルジェの用意

15. 近所に住んでる人との共同企画

16. 過去のハッカソンイベントのショーケース

16.1. ハッカソンで出た種を埋もれさせない

16.2. 下山さんのLinkDataと連携

17. 総合カタログ

17.1. 全ブリゲイドの基本情報

17.2. メンバーカタログ(人材バンク)

17.3. 各地の課題一覧

18. スマホの次にくるもの

18.1. VR機器

18.1.1. プロジェクト・モーフィアス

18.1.2. Oculus Rift

18.2. ドローン

18.2.1. ドローン祭り

18.3. ペッパー

19. 誰を呼びたい?

19.1. シビックテックを知らない人

19.1.1. 高齢者

19.1.2. 一般市民

20. アメリカ事例の紹介

21. 場所

21.1. ゾーンで分ける

21.1.1. 子供向けのゾーン

21.1.1.1. チームラボ、夢の科学館・博物館

21.1.1.2. 光・音で体験できる

21.1.2. 大人向けのゾーン

21.1.2.1. いつもの

21.1.2.2. ニコニコ超会議

22. 会場から「生」オンラインMTGの実施!

22.1. オンラインに熱量をどう持って行くか?

22.1.1. 満足度低くならないか?

22.2. オフラインの邪魔にならないか?

23. DLを容易にする

24. ブリゲイド評議会主催企画

24.1. Best ブリゲード表彰

25. シティイノベートサミット

26. コードフォーアメリカサミット

27. パーソナルデモクラシーフォーラム

28. 分かりやすい言葉に

28.1. 平易な説明文

28.2. パンフやサイトで使う用語の日本語化

28.3. ネコでもわかる

29. 日本の事例の紹介

29.1. 日本政府

29.2. 神戸市

29.3. 千葉市

29.4. 徳島

29.5. 横浜ローカルグッド

29.6. 広報誌のオープンデータ

30. NPOなど課題特化組織との連携

30.1. マドレボニータ

30.2. 日本財団

30.3. 横浜コミュニティラボ

30.4. SUSANOO

30.5. 社会イノベーター公志園

30.6. Googleインパクトチャレンジ

30.7. NPOサポートセンター

30.8. Etic

30.9. リノベーションスクール

31. ゴールは何だ?

31.1. 目指すべきヴィジョン

31.1.1. 世界のシビックテッカーから募集

31.1.2. 識者や専門家から募集

31.1.3. 自治体から募集

31.2. エグジット設計

31.2.1. 活動を持続させるには

31.2.2. ビジネスとしての成功

31.2.3. NPOか社団法人か任意団体か?

32. 共に学ぶ

32.1. CoderDojo体験

32.2. 電子工作体験

33. FUN!

33.1. みんなで同じTシャツ・エプロンを着て運営。

33.2. ワクワクする仕掛け

33.2.1. 何があればワクワクするか?

33.3. 廊下全体にインフォグラフィックス

33.4. 協賛企業ブースをたくさん誘致

33.5. 関連団体もたくさん誘致、ブース出展

33.6. 来場者から何か募集する参加型イベントにする

33.7. 地面にもインフォグラフィックス

33.8. 会場外にプロジェクションマッピング

34. オープン

34.1. オープンデモクラシー

34.2. 政治も開こう

34.2.1. マニフェストのオープンデータ化

34.2.1.1. 早稲田大学マニフェスト研究所

34.2.1.2. Code for Japan有志

34.2.1.2.1. 世田谷

34.2.2. 政治活動費のオープン化

34.2.2.1. 朝日新聞

34.2.3. 議会を開こう

34.2.3.1. 議会基本条例の推進自治体

34.2.3.1.1. 自治体議会改革フォーラム

34.2.3.2. オープンデータ基本条例のススメ

34.2.4. 日本国政府のオープンガバメント

34.3. イベントも開こう!

34.3.1. どこまでオープンに出来るかチャレンジ!

34.3.2. オンライン参加の限界にチャレンジ!

34.3.3. 登壇やLTを限界まで公募!

35. 成功事例集

35.1. 去年の成功事例発表

35.1.1. ブリゲード

35.1.2. 自治体

35.1.3. 企業

35.2. 表彰

36. シビックテックって?

36.1. デモクラシーだ!

36.1.1. パーソナルデモクラシーフォーラム

36.1.2. 日本型デモクラシーの功罪

36.1.3. 真の住民自治、参加型自治とは?

36.1.4. デモクラシー2.0(一瞬で死語になった復活)

36.2. 使う人だ!

36.2.1. 浪江の爺ちゃん婆ちゃん

36.3. 参加する(作り上げる)人だ!

36.3.1. エンジニアがいるぞ!

36.3.2. デザイナがいるぞ!

36.3.3. プロデューサーがいるぞ!

36.3.4. ベンチャーキャピタルがいるぞ!

36.3.5. 市民がいるぞ!

36.3.5.1. サラリーマンがいるぞ

36.3.5.2. 経営者がいるぞ

36.3.5.2.1. ベンチャーがいるぞ

36.3.5.3. 主婦がいるぞ

36.3.5.4. 障碍者がいるぞ

36.3.5.5. 学生がいるぞ

36.3.5.6. 行政職員がいるぞ

36.3.5.7. 政治家がいるぞ

36.3.6. コンサルがいるぞ!

36.3.7. 行政職員がいるぞ!

36.3.8. 政治家がいるぞ!

36.3.9. 学識経験者がいるぞ!

36.4. コミュニティだ!

36.4.1. 既存の地域コミュニティとの連携

36.4.1.1. アナログで出来ること

36.4.1.1.1. 端末にシールを貼る

36.4.1.1.2. むしろシビックハックか?

36.4.2. 上手なコミュニティ運営とは!?

36.4.2.1. としま会議

36.4.2.2. マドレボニータ

36.4.2.3. カマコン

36.4.3. コミュニティマネージャーに光を当てる

36.5. 作る事自体だ!

36.5.1. 新技術使うのは楽しいぞ!

36.5.2. 新デバイス使うのはワクワクするぞ!

36.6. イベントだ!

36.6.1. アイディアソンやる事だ

36.6.2. ハッカソンやる事だ

37. 東京五輪

37.1. 東京五輪に向けて

37.2. オリンピック

37.3. パラリンピック

37.4. 課題

37.4.1. 外国人にやさしいイベントに

37.4.2. 障碍者にやさしいイベントに

38. 社会が幸せになれる

38.1. 幸せな人を増やす

38.2. 不幸な人を減らす

39. 古き良き日本へ

39.1. おもてなし

39.2. 助け合い

39.3. 伝統の再発見

39.3.1. 特産品

39.4. 文化の再発見

39.4.1. 方言

39.4.2. 歴史

39.4.3. 駅弁

39.5. 自然

39.6. 古民家

40. 日本地図でどこで何をやってるか見えるように

40.1. 会場に大きな日本地図を作る

40.1.1. 紙で作る

40.1.2. ItoT的なモノで作る

40.1.3. リアルに「旗」を立てる

40.1.3.1. ブリゲイドのロゴ

40.1.3.2. 自治体のロゴ

40.1.3.3. 人の顔

40.2. 色んな現場のプレイヤー

40.2.1. ブリゲイドに光を当てる!

40.2.2. 行政職員に光を当てる!

40.2.3. フェローシップメンバーに光を当てる!

40.2.4. 議員に光を当てる!

40.3. 地方を知る

40.3.1. 地方の特産品(おみあげ、駅弁)を買ってくる

40.3.2. 日本全国紹介

41. BrigadeのPR

41.1. CFJ+町

42. クリエイト

42.1. I Love Code!

42.2. CO-CREATE

43. コミット

44. 体で感じる

44.1. アプリを使える環境

44.1.1. デジタル端末のレンタル

44.1.2. 使い方の案内

44.2. 歩く、動く

44.2.1. マッピング体験会

44.2.2. スタンプラリー

44.2.3. 宝さがし

44.2.4. ウェアラブル体験

44.2.4.1. アップルウォッチ

44.2.4.2. ヘルスケア

44.3. 物を作る

45. 実践できる

45.1. ワークショップの開催

45.1.1. 大人向け

45.1.2. 子供向け

45.1.3. 初心者向け

46. 2050年の日本の未来に向けて

46.1. 課題先進地域日本

46.1.1. 超高齢化

46.1.2. 財源不足

46.1.2.1. プライマリーバランス

46.1.2.2. 経済成長

46.1.3. 人口減少

46.1.3.1. 婚活?

47. 変

47.1. 変な人

47.1.1. とびぬけた活動をしてる人

47.2. 変な考え方

47.2.1. 既存の仕組みを破壊する

47.2.2. 極限まで高い(もしくは無料)のサービスを考える

47.3. 変な場所

47.3.1. 屋外でやる

47.3.2. 役所でやる

47.3.3. 山でやる

47.3.4. 海でやる

47.3.5. 温泉でやる

47.3.6. 公園でやる

47.3.7. 公道でやる

47.4. 事変

48. (人の)あたたかみ

48.1. てづくり料理

48.2. 礼儀、マナー、おもてなし

48.3. 参加者への気遣い

48.3.1. 託児所

48.3.2. 子供が遊べる場所

48.3.3. パパ、ママをヒーローにする

48.4. アナログ感

49. 祭りの後で ※イベント後の継続性

49.1. その場でプロジェクトスタート宣言

49.1.1. 足りないスキルを公募

49.1.2. クラウドファンディングの実施

49.1.3. 事業プレゼン披露

49.1.3.1. メンターからの一言

49.1.3.2. 会場審査

49.1.4. フォローアップ

49.2. 来場者マッチアップ

49.2.1. 懇親会の初期設定/テーブルをテーマで分ける

49.2.2. 事前お見合いシステム

49.2.3. 徹底的なブース紹介

49.2.4. 参加者でMLを作成

50. 知る

51. すごい人と出会える

51.1. 自由と破壊

52. とにかく楽しい

52.1. 元気の出るサミット

53. 未来にワクワクする場

53.1. 中外の先端事例やキーマン

53.2. 先端技術や技術予測

53.2.1. ビッグデータ

53.2.2. IoT

53.3. 実証試験などを体感できる場

54. スタート!

54.1. 何かが始まる、始める場

54.1.1. キックオフミーティング

54.1.2. お見合いマッチング

54.1.3. プロジェクト締結会見・宣言

54.2. 今、始めたばかりのことにフォーカス

54.2.1. 何かを始めた人

54.2.2. 何かを始めた企業や行政

54.3. 「はじめ方」!

54.3.1. シビックテックの始め方

54.3.1.1. 5374

54.3.1.2. 保育園マップ

54.3.1.3. OSM

54.3.1.4. 税どこ

54.3.2. はじめやすい環境づくり

54.3.2.1. ブリゲードスタートアップメンター制度

54.3.2.2. 地域ごとのミートアップイベントの開催

54.3.3. 自治体が取り組むには?

54.3.3.1. コミュニティ構築

54.3.3.1.1. 楽しい駆動型巻き込み方式(豊島区中島モデル)

54.3.3.2. 行政横断的タスクチームの作成

54.3.3.2.1. 安達さんモデル

54.3.3.3. 区議長を巻き込む

54.3.3.4. 行政職員勉強会の開催

54.3.3.4.1. イベントに来てもらう

54.3.3.4.2. 行政内部の改善アイディアソン実施

54.3.4. 小さい果実を得るようにすることが大事!

54.4. Japanとしてビッグなプロジェクトを立ち上げる

54.4.1. その発表会としてイベントを使う

54.4.2. 第三期に向けて!

54.4.2.1. 新たな事業計画を発表

54.4.2.2. 役員の改選とセットにする

54.4.2.3. 改選された新役員のお披露目会

54.4.2.4. 任期である2年間で何をするかの宣言である!

54.4.3. 最も大きな地域単位である「国家」のブリゲイドとして

54.4.3.1. 政府をITで改善する

54.4.3.2. 米国モデルに続く

54.5. Japanとして去年スタートした事の報告

54.5.1. 福島県浪江町のアプリ配布プロジェクト

54.5.1.1. アジャイル開発

54.5.1.2. オープン調達

54.5.1.3. アプリ配ったぜ

54.5.1.4. 成功と失敗として改善

54.5.1.4.1. ユーザー巻き込み型で開発

54.5.2. コーポレートフェローシップ

54.5.2.1. 神戸が熱い

54.5.2.2. 申し込み自治体6自治体

54.5.2.3. 企業参加求めてます!

55. 技術(テクノロジー)の祭典

55.1. モノ作り

55.1.1. 3Dプリンタ

55.1.2. ItoT

55.1.3. iBeacon

55.1.4. 伝統工芸、地域モノ作りとの融合

55.1.4.1. Code for Japan東東京分科会

55.1.4.2. 各地域のコミュニティ

55.2. コミュニティ

55.2.1. コミュニケーションツール

55.2.1.1. slack

55.2.1.2. googledoc

55.2.1.3. ハングアウト

55.2.1.4. Skype

55.2.2. コミュニティマネージャー

55.3. 合意形成

55.3.1. グラフィックレコーディング

55.3.2. アイデアの可視化

55.3.3. ワークショップ設計

56. ブリゲイドの祭典!

56.1. アワード

56.1.1. ブリゲイドアワード

56.1.2. アプリアワード

56.1.3. コミュニティアワード

56.2. ブリゲイドプレゼンテーション

57. 有料サービスや企画を作る

57.1. 昨年は食事関係が赤字になった!

57.1.1. ランチを来場者全員に無料で提供した

57.1.1.1. 余ってしまった!

57.1.1.2. 単価も結構高かった!

57.1.2. 懇親会は一応トントンだった

57.1.2.1. たまたまGoogleさんの好意だった

57.1.2.1.1. それが当たり前になるのは怖い

57.2. 前夜祭を無料にしたらそこだけ来た人がいた

57.2.1. コアデイの参加者数が想定を下回った

57.2.1.1. ランチ余って赤字になった

57.2.2. 無料イベントのためドタキャンがあった

57.3. イベントに有料企画を用意する

57.3.1. A案:イベント自体を有料化する

57.3.1.1. 1日チケット&全日チケット

57.3.1.2. 懇親会付は+3000円で

57.3.1.3. ランチは全員無料で付与

57.3.2. B案:カンファレンスの一部を有料する

57.3.2.1. 基調講演

57.3.2.2. 専門生の高いトラック

57.3.2.3. 秘匿性の高いもの

57.3.2.4. 有名人の登壇があるもの

57.3.3. C案:ブースを有料化する

57.3.3.1. 企業に対しブースのコマを販売する

57.3.3.2. 販売があった場合に一定料率を徴収する

57.3.3.3. スポンサー企業については有料ブースを無料化する

57.3.4. D案:物販を強化する

57.3.4.1. 昨年はTシャツのみ販売した

57.3.4.2. Tシャツはチャリティを噛ませる

57.3.4.3. 協賛会員の募集はオリジナルのステッカー付ける

58. 来場者に優しい案内

58.1. 受付ブースの充実

58.1.1. 案内者をローテーションで常駐

58.1.1.1. 昨年は一人でカンファレンスが一切見れなかった

58.1.1.2. 金銭管理もローテしたい

58.1.2. 物販を常時実施

58.1.2.1. Tシャツのディスプレイ

58.1.3. 休憩コーナーを併設管理

58.1.3.1. 昨年、電源アダプタを勝手に持って行かれた

58.1.3.2. ポットの給湯やゴミ捨て

58.1.4. 協賛会員を常時募集

58.2. 案内アプリを作ろう?

58.2.1. 今どこで何をやっているかが一発で分かる

58.2.1.1. タイムテーブル&マップ表示

58.2.1.2. 運営からのお知らせプッシュ機能

58.2.2. カンファレンスにチェックインできる

58.2.2.1. facebookに自動投稿

58.2.2.2. スピーカーの詳細な紹介

58.2.2.3. 事例やアプリのURLに一発アクセス

58.2.2.4. その場でアンケートまで取れる

58.2.3. こんなの

58.2.3.1. http://appvisor-event.bravesoft.co.jp/

58.2.3.2. 加えて、何かシビックテックぽいやつ

58.3. アナログで案内しよう

58.3.1. 案内ボード(会場マップ)を作成

58.3.2. 各部屋にカンファレンスの内容を掲示

58.4. リアルタイムまとめ

58.4.1. 公式まとめを用意

58.4.1.1. 昨年に引き続きグラフィックレコーディング

58.4.2. 専任スタッフをローテ回し

58.4.3. そのまま速報議事録としてリリース

59. サミット参加者が楽しいイベントにするぞ

59.1. 最先端の情報が得られると楽しい

59.2. 活躍している人と直接会えると楽しい

59.3. 会場設営やエプロン作りが楽しい

59.4. 関わってるだけで楽しい

59.4.1. シビックテックの活動に

59.4.2. Code for Japanに