プラモデルセールスライティング

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
プラモデルセールスライティング by Mind Map: プラモデルセールスライティング

1. 1章

1.1. あなたに足りていないものは?

1.1.1. 集客の仕方がわからない

1.1.2. 既存ビジネスの拡大の仕方

1.1.3. 成績をあげる方法が分からない

1.2. 行動に感情が後追いする

1.2.1. 行動をコントロール

1.2.2. チームをまとめるようなイベントを企画

1.2.2.1. まとまらざるを得ない企画を作る

1.2.3. 実践する事を忠実にやっていく

1.2.3.1. 少ない時間と労力で

1.2.3.1.1. おおきな報酬を出す

1.3. 科学的手法で

1.3.1. 確実に100%だれでも稼げる

1.4. 心構え

1.4.1. オープンマインド

1.4.2. 積極的参加

1.4.3. 主役は自分

1.5. 日常的にお札を川に捨てるようなの事をやっている

1.5.1. 痛みを感じている

1.6. 実際にお金を稼ぐ

1.6.1. プロフィールをどれだけ気にかけているか

1.6.2. 人は先入観で判断する

1.6.2.1. 会社概要の書方だけでも変わる

1.6.3. 人は言わなければ伝えられない、情報がが無ければ価値が伝わら無い

1.7. フォーカスを当てる事で価値が変わる付加価値

1.7.1. 名刺交換した事での成果の結果を調べていない

1.8. 勇気 情熱 知識

1.8.1. アイディアをお金に換える知識 リスクを最小限で最大の効果

1.8.2. 行動出来ない理由

1.8.2.1. ビジネスアイディアを成功の果実に育てる技術がない

1.8.3. 価値が無い商品を売る事は犯罪だが価値ある商品を売ることが出来ない事も同罪である

1.8.3.1. 会社の利益が出ないと家族は不安

1.8.4. よい商品を作るために何が必要か?

1.8.4.1. 利益を出す方法を考える

1.8.4.1.1. 原理原則がわかれば業種は関係ない

1.9. 集客を成功するために知らなければいけない成功の公式

1.9.1. ネットビジネスの成功の公式

1.9.1.1. 見込み客x成約率x単価(x購入頻度)=売り上げ

1.9.1.2. 見込み客 1)リスト2)アクセス数 無属性ではだめ 自分の商品に興味のある人

1.9.1.3. 自分のファンを集める

1.9.2. リアルビジネス成功の公式

1.9.2.1. 新規客x購入単価x購入品度=売り上げ

1.9.2.2. 売上の改善をするには分解して考える

1.9.3. 最重要課題

1.9.3.1. 必ず計測できるようにする

1.9.3.1.1. 計測されないものは改善されない!

1.9.3.2. 最低限計測したいもの

1.9.3.2.1. 見込み客の数

1.9.3.2.2. アクセス数(アクセス解析)

1.9.3.2.3. クリック数(短縮URLで計測)

1.9.3.2.4. コンバージョン率(サンキューページにタグ)

1.9.3.2.5. 顧客の平均購入単価(総売上割る顧客数

1.9.3.2.6. 顧客の平均購買頻度(1年間の総購買回数割る顧客数)

1.9.3.2.7. LTV(顧客の生涯価値)(1年間総売上割る顧客数

1.9.3.3. 計測マニアになる

1.9.3.3.1. ポイントカード 年齢層 アンケート 店先の黒板を見て何人の人が入ってきたか

2. 2章

2.1. コピーライティング

2.1.1. 軽視されている

2.1.2. 優秀な営業マンのコピー

2.1.3. 100万人でも同時にできる技術

2.1.4. 文章術ではない

2.1.4.1. セールススクリプトを作る

2.1.4.1.1. チラシ HP 動画 セミナー等で活かす

2.1.5. 言葉を軽視しがち

2.1.5.1. 言葉はイメージ

2.1.5.1.1. イメージと感情が結びついている

2.1.5.2. コピーを書く人間が悩みを抱えている側ではない

2.1.5.2.1. 言葉がトリガーになっている

2.1.6. 人をコントロールする技術

2.1.6.1. コピーライティングのスキルがあれば100万円儲けようが1000万円儲けようが努力に差が無い

2.1.6.1.1. 広告の収益を広告に回す

2.1.6.1.2. レバリッジがきく

2.1.6.2. コピーライティングに良くある誤解

2.1.6.2.1. 上手い言い回しが必要である

2.1.6.2.2. ボキャブラリーが必要

2.1.6.2.3. 長年の修行が必要

2.1.6.3. コピーライティングに必要なもの

2.1.6.3.1. どれだけ売れるコピーの公式を知っているか

2.1.6.3.2. どれだけ売れるコピーのテンプレートを持っているか

2.1.6.3.3. どれだけそれを使いこなせるか

2.1.7. コピーライティングは科学である

2.1.7.1. 売れる公式が出来上がっている

3. 3章

3.1. コピーライティングの3C

3.1.1. 自社Company 競合Conpetition 顧客Custamer

3.1.1.1. 自社

3.1.1.1.1. 売りたい商品はどのやうな顧客の悩みや問題を解決するのか

3.1.1.1.2. 商品の強みは何か?弱みは何か?

3.1.1.1.3. お客が使う専門用語があるか

3.1.1.2. 競合

3.1.1.2.1. 強み弱みをインタビューで知ろう

3.1.1.2.2. 3Mの法則

3.1.2. 質の高いアウトプットは質の高いインプットからしか出来ない

3.1.3. コピーライティングはリサーチ力

3.1.4. コピーの黄金比

3.1.4.1. リサーチ4

3.1.4.1.1. ほとんどの人がリサーチを怠る

3.1.4.2. ライティング4

3.1.4.3. 編集2

4. 4章

4.1. お客様の購買心理 前半

4.1.1. 人を動かすための3つの壁

4.1.1.1. Not Read 読まない

4.1.1.1.1. ヘッドラインで商品を買う 本文コピーの5倍

4.1.1.2. Not Believe 信じない

4.1.1.3. Not Action 行動しない

5. 1章

5.1. コピーライティングはすべてのレバリッジポイント

5.1.1. 商品を買ってもらうためのコピーライティング

5.1.2. H P  LPを変えると全てに影響を与える

5.2. コピーライティングで最強のグリーンベレーを作る

5.2.1. コピーライティングは兵隊

5.2.1.1. セールスを高める技術

5.3. 赤ちゃんの時からセールスマン

5.3.1. 自分の要望をアピール

5.3.1.1. お金について勉強している人は少ない

5.3.1.2. セールス 集客の勉強をしている人も少ない

5.3.1.3. 勉強する時間を取る

5.3.2. お金について勉強した事がない ただお金が無いと行っているだけである

5.4. 超生産的な仕事をする

5.4.1. 仕組みを作ってしまえば(HP,LP)量産性に繋がる

5.4.1.1. 学ぶことに時間をつかう価値

5.5. 逆順から学ぶ

5.5.1. 商品が売れるレベルまで持っていく

5.5.2. 公式を使う

5.6. コピーライティング=言葉の力

5.6.1. 言葉は全てに影響を与えるが健康にも影響を与える

5.6.2. 言霊

5.7. 言葉は盾と矛

5.7.1. 一言で一人の人生に何十年も影響を与える事がある

5.7.1.1. 教える人にはモラルが必要

5.7.1.1.1. 人の感情もコントロールできる

5.7.2. 一言で一人の人の人生を良い方向にする場合もある

5.7.2.1. 感情とは言葉とイメージと身体の感覚を結びつけたもの

6. 2章

6.1. セールスは強盗では無い

6.1.1. セールスは悪いものと誤解する事でメンタルブロックがかかってしまう売れなくなる

6.1.2. セールスはニーズのある人へのサポート コンサル 提案

6.2. 買い物はSex

6.2.1. 買い物は本能的なもの 物を買いたくて仕方がない ドーパミンが出る

6.2.1.1. 人は買いたくて書いたくて仕方がない 本能である

6.3. 理論より感情に訴えかけろ

6.3.1. 10倍売れる

6.4. 人はある一つのプログラムで動いている

6.4.1. 苦痛を避けて快楽を求める

6.4.2. 苦痛を避ける欲求は快楽を求める欲求の3倍

6.4.2.1. 苦痛をさせ快楽を増幅させると売れる

6.4.2.2. 購買欲求とは何か?

6.4.2.2.1. 苦痛と快楽の振り幅!差が大きいほど購買欲求が大きい

6.5. 人はなぜそれが欲しいか分かっていない

6.5.1. そこから得られる感情

6.5.1.1. ゲームなどが良い例

6.6. 現実より空想の方が怖い

6.6.1. イメージと現実の区別は脳にはできない

6.6.1.1. レモンを食べる想像で唾液が沢山出る

6.6.1.2. 感情はどこまでも増幅していく事ができる

6.6.1.2.1. 言葉の力により感情を膨らませることができる

6.6.1.2.2. コピーライティングの力

6.7. 絶対的な感情もない

6.7.1. 言葉でコントロールできる

6.7.1.1. 同じものでもイメージが皆違う

6.8. 言葉はジョーカー

6.8.1. その人が言葉に対してどういうイメージを持っているか。同じ言葉でも反応が違う

6.8.1.1. 陰と陽がある

6.8.2. インターネットで’買い物をしても 人が買っているということを理解する事が大切

6.9. 世の中に絶対的価値があるものは何もない

6.9.1. 情報を知っている人の中だけで価値が変わっている。(2千円のワインも2万円のワインも区別できないのが9割)

6.9.2. セールスの本質 何に価値を見出しているかを知る

6.10. 価値があるものが高いものではない高いから価値がある

6.10.1. 100万円のセミナーに行ったが本の方がよかった。でも100万円のセミナーだから価値を感じる

6.10.2. 需要と供給によっても価値が変わる

6.10.2.1. 比較によって価値が決まる

6.10.2.1.1. ちょっとしたアイディアで価格が10倍になる事がある

6.11. 料理は味を変えなくても美味しくなる

6.11.1. イメージだけで美味しくなる

6.11.2. 情報によって価値が変わる。有名人が来たレストランだと知った途端に高級に感じる

6.11.2.1. 情報に対しての教育で価値が変わる

6.11.3. 同じ商品でもどのように価値を付けて販売するのか

6.11.3.1. ちょっとしたアイディアで価格が10倍になる事もある

6.12. 価値を決める物は何?

6.12.1. Needs 欲求

6.12.1.1. マズローの欲求段階説

6.12.1.1.1. 生理的欲求

6.12.1.1.2. 安全欲求

6.12.1.1.3. 社会的欲求

6.12.1.1.4. 尊厳欲求

6.12.1.1.5. 自己実現欲求

6.12.2. 欲求を満たすものに価値が有る

6.13. ヒューマンニーズモデル

6.13.1. 3大欲求に関するニーズ

6.13.2. 安全に関するニーズ

6.13.3. 愛に関するニーズ

6.13.4. 人間関係に関するニーズ

6.13.5. お金に関するニーズ

6.13.6. 時間に関するニーズ

6.13.7. 美に関するニーズ

6.13.8. 健康に関するニーズ

6.13.9. 退屈に関するニーズ

6.13.10. 自己実現に関するニーズ

6.13.11. 社会貢献に関するニーズ

6.14. 欲求を満たすものに価値を感じる

6.15. 言葉そのものに力はない

6.15.1. 言葉を使って相手のリソース(教育体験)を引き出す

6.16. お金がない時間がないは9割が嘘

6.16.1. お金を出す価値がないと思っている

6.16.2. 興味がない

6.16.3. 他と比べてみる

6.16.4. 信じられない

6.16.5. 決められない

6.17. 商品やサービスを欲しい奴などいない

6.17.1. 経験を通して感情を買っている

6.17.1.1. 同じものでも感じる感情が違う価値が違う

7. 3章

7.1. 力無き正義は無力なり

7.1.1. 一流の詐欺師と一流のマーケッターの違い

7.1.1.1. 価値あるものを売るか価値のないものを売るかの違いだけ

7.1.1.2. 人の心を動かすという本質は同じ

7.1.1.2.1. 日の当たらない所にノウハウがあったりする

7.1.2. コピーライティング力とは?

7.1.2.1. セールスされたと気が付かずに売れる

7.2. 売れない営業マンは客のせいにする

7.2.1. 結果の責任は自分にある

7.3. テクニックに溺れるな

7.3.1. 基礎体力が必要 リサーチ力

7.3.1.1. エセ占い師が先生

7.3.1.1.1. 前もって調べた情報をコピーライティングする

7.3.1.2. 調べたことをそのまま言う自分の考えではない

7.4. スタートする前に決まる

7.4.1. ターゲットの相手 年齢 性別により同じ商品でも違ってくる

7.4.1.1. 言葉のテクニックはいらない

7.5. 足で稼ぐ刑事

7.5.1. 顧客に直接会って聞く セミナーに行く アンケートを取る Webだけに頼ってはダメ

7.5.1.1. 自分のことはあまり知らない

7.6. コピーライティングの3C

7.6.1. Company

7.6.1.1. 自分のことをわかってないのは自分

7.6.1.1.1. 客観的に見て自社の強み弱みは何か?

7.6.2. Competition

7.6.2.1. 競合の客になれ

7.6.2.1.1. 電話 資料請求などして徹底して調べる

7.6.3. Customer

7.6.3.1. 見込み客になり切る

7.6.3.1.1. サイコグラフィック

7.6.3.1.2. デモグラフィック

7.6.3.1.3. お金を使ってくれる客をリサーチする 獲得したい客を分析する

7.6.3.2. 今からビジネスをスタートまだ顧客がいない

7.6.3.2.1. 分析のツール

7.6.3.3. 理想のお客のプロフィールを作る

7.6.3.4. 客は誰のものでもない

7.6.3.4.1. 他社と比較している

7.6.3.4.2. 自分のところで買う必要性

7.6.3.4.3. 自分のことは自分が一番分かっていない

7.7. 価値は比較によって生まれる

7.7.1. 競合に合わせてリサーチするのでは無い

8. 4章

8.1. 越えなければいけない公式

8.1.1. Not Read 読まない キャッチコピーで超える

8.1.1.1. 本文の5倍ヘッドラインを読む

8.1.1.1.1. ファーストコンタクトで決まる

8.1.1.1.2. 何を言うかよりも誰が言うか

8.1.1.1.3. 魅力的なタイトル

8.1.1.1.4. 適切な写真を使う

8.1.1.1.5. 重要な情報を入れる

8.1.1.2. ゴミ箱へ直行

8.1.1.3. 魅力的なタイトル

8.1.1.3.1. 形(オファー好奇心ニュース性) ベネフィット利益 対象客 いつどんな革新的な方法(USP)

8.1.1.3.2. 見込み客 誰に書いているかはっきりさせる◯◯な方へ 販売におやお悩みの方へ

8.1.1.3.3. ベネヒット お客さんが得られる得なもの

8.1.1.3.4. 好奇心をそそる あなたはどのタイプでしょうか?

8.1.1.3.5. ニュース性

8.1.1.3.6. コンセプトを変える

8.1.1.3.7. USP

8.1.1.3.8. 他がやっていないことを先にやる!アツアツのピザを30分以内に届けます

8.1.1.3.9. だからオファーなんだよバカ

8.1.1.3.10. 写真

8.1.2. Not Beileve 信じない ボディーコピーで超える

8.1.3. Not Action 行動しない クローズコピー

8.2. 5章

8.2.1. いきなり体を求めるな

8.2.1.1. 問題提起の役割

8.2.1.1.1. 無意識から問題を引き出して来る

8.2.1.2. ラポールの形成

8.2.1.2.1. 信頼関係の構築 和ませる 信用してもらう

8.2.1.2.2. 最初から問題を自覚している客には比較対象商品に勝てるようにもっていく

8.2.1.3. 客は裁判官だ

8.2.1.3.1. どのような素材や証拠があったら信用してもらえるか

8.2.1.3.2. 物的証拠をしっかり集める

8.2.1.3.3. 商品の魅力を伝えきる

9. 6章

9.1. 行動しない壁を突破する

9.1.1. コピーでは命令しても動かない

9.1.1.1. 価格が購入価格に値するか

9.1.1.1.1. りんごとみかんを比べる(安く感じてもらうため)他社と比べてこの料金が妥当かどうかを見ている

9.1.1.1.2. 価格が安く感じるようにプレゼンする 他社と比べるのではない

9.1.1.1.3. 欲しいと言う欲求を高めるのが先

9.1.1.2. 初めての海外旅行

9.1.1.2.1. 魅力があっても不安がある

9.1.1.3. なんでもいいから理由を言え

9.1.1.3.1. 行動する理由を並べる

9.1.1.4. 人は締め切りがないと動かない

9.1.1.4.1. 今買う理由を作る デットラインを設ける 特典 値引

9.1.2. 何をするべきかきちんと明記する

9.1.2.1. 行動するようになる 自分のところで買ってもらうように

9.1.2.1.1. 他のところで買ってしまうことを忘れないように 自分のところで買ってくださいという

9.1.3. クロージングテクニック

9.1.3.1. フューチャーペーシング

9.1.3.1.1. 商品を買った後をイメージさせてあげる

9.1.3.1.2. 家族旅行 時間の余裕 お金を気にせずにプレゼントを買ってあげる など 具体的にイメージさせる

10. 7章

10.1. プラモデルの組み立て方

10.1.1. 魅力的なヘッドライン

10.1.1.1. 見込み客

10.1.1.2. ベネフィット

10.1.1.3. 好奇心

10.1.1.4. ニュース性

10.1.1.5. 抵抗できないオファー

10.1.1.6. USP

10.1.1.7. アイキャッチ 画像

10.1.2. 物的証拠

10.1.2.1. 実績

10.1.3. 価格のプレゼン

10.1.4. リスクリバーサル

10.1.5. Q&A

10.1.6. クロージング

10.1.7. デッドライン

10.1.8. 希少性 限定性

10.1.9. 理由

10.1.10. フューチャーペーシング

10.1.11. ランディングページ

10.1.11.1. キャッチコピー

10.1.11.2. 問題提起

10.1.11.3. 問題をイメージ

10.1.11.4. 解決策の提示

10.1.11.5. 商品説明&証拠

10.1.11.6. 価格のプレゼン

10.1.11.7. 気相性&限定性

10.1.11.8. フューチャーペーシング

10.2. スワイプファイル

10.2.1. 良いLPを集めてファイル

10.2.1.1. クリエイティブに模倣する

10.3. 教科書を見ても海は泳げない

10.3.1. 100%正しいコピーはない お客の反応が全て

10.4. アマチュアのコピーライターになるな 成果に拘れ!!!

10.4.1. マーケティングが大切

10.5. セールスレターは育てていく物

10.6. Never Give up

11. 学習の方法

11.1. ブルーム博士思考の段階

11.1.1. 知識 暗記力

11.1.1.1. 事実言葉聞いた事がある

11.1.2. 理解

11.1.2.1. 内容を解釈 相手に説明 推し量ったり

11.1.3. 応用

11.1.3.1. 別な状況に移す

11.1.3.1.1. 情報に価値はない使えることで価値になる

11.1.4. 分析

11.1.4.1. 全体の中に部分を見る

11.1.5. 統合

11.1.5.1. 部分と部分をつけて新しく作る

11.1.6. 評価

11.1.6.1. 価値’使い道を判断できる

11.2. 情報に価値はない

11.2.1. 使えるレベルに持っていったときに価値を持つ

11.3. 学習のルール

11.3.1. 結果を出すことにフォーカスする

11.3.1.1. 実践でしかリターンはない

11.3.2. 過去を振り返らない

11.3.2.1. 今日の行動を変えれば先が変わる

11.3.3. 99%同じ

11.3.3.1. 小さな差が大きな結果の差が出る

11.3.4. 失敗はないフィードバックがあるだけ

11.3.4.1. 成功するために必要

11.3.5. Neve Give Up

11.4. 学習の仕方

11.4.1. 正しい勉強法

11.4.1.1. アルツハイマー

11.4.1.1.1. アウトプット

11.4.1.1.2. 繰り返して復習をしていく

11.4.1.1.3. 読んで見て行って行動する

11.4.1.2. すぐ忘れていく

11.4.2. 目標設定

11.4.2.1. 必ずする

11.4.2.1.1. ゴールがなければどこに行くか分からない

11.4.3. モチベーション維持

11.4.3.1. 5分でも続ける イメージした通りに行かなくてもやり続けるとある時点から急上昇する

11.4.4. 行動

11.4.4.1. 実践しないと意味がない 行動を通すのが一番勉強になる

11.4.4.1.1. よりたくさんのことをやった方が勉強になる

11.4.5. フィードバック

11.4.5.1. 失敗はないフィードバックするだけ