知識を操る読書術

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
知識を操る読書術 by Mind Map: 知識を操る読書術

1. 1.本を読む準備

1.1. メンタルマップを作る:目次をチェックして3つの疑問を自分にぶつける

1.1.1. Q1.本を読もうと思った理由は?

1.1.1.1. 本を読んでも知識として身についていない気がしたから。忘れてしまう。

1.1.2. Q2.もらたされるメリット。何を得たいか?

1.1.2.1. 読んだ知識を人生の糧としたい

1.1.3. Q3.期待していること。どういう状態になりたいと願っているのか?

1.1.3.1. 読んだ本の内容を落とし込んで人に上手に説明したい。

1.1.3.2. 本から知識・モチベーションを得て、様々な問題を解決して成功を手に入れたい

1.1.4. 意義:自分の人生目標や行動を箇条書きにして視覚化したもの。興味を持続させ、集中力を持続させる。書き出したメモを身近に置いておく。集中力が途切れたら見返して本への興味を取り戻す。

1.1.5. 科学的な根拠:カラーバス効果と呼ばれる現象で、脳は一つの事を意識すると無意識のうちにそれに関する情報を集め認識するようになる。

1.1.5.1. ex.ある企業の株を購入したら、その会社のニュースた広告がどんどん目に入るようになった

1.1.5.2. ex2.妊娠したら急に街中で子供連れの人たちを見かける回数が増えた

1.1.6. POINT:メンタルマップを書けばモチベーションが高いまま迷うことなく読み進められる。

1.2. キュリオシティ・ギャップ

1.2.1. 本の内容を記憶に残す準備

1.2.2. 1.興味のあること・関心のあることには好奇心が掻き立てられる。

1.2.2.1. 脳の「報酬系」が活性化されr、海馬が活発になり、記憶力アップ

1.2.3. 2.ノートの左右に書き出す

1.2.3.1. 左:自分の知っている知識を書き出す

1.2.3.2. 右:目次から興味が刺激さえた見出しを書き出す

1.2.3.3. 同時に読まなくてもいい箇所を把握することもできるので、読書スピードも上がり、効率もアップ

1.2.4. 3.著者の性格を想像して読む

1.2.4.1. 巻末のプロフィールを読む

1.2.4.1.1. 略歴から著者のキャラクターを細かくクイズ形式で推察する。

1.2.4.2. 読書とは著者との会話。友人と話すように会話によって動いた感情があると情報や出来事は記憶に定着する

1.2.5. POINT:キュリオシティ・ギャップは記憶しやすい脳のコンディションを作る心の準備

1.3. セルフテスト

1.3.1. ①十分な時間とモチベーションが足りない

1.3.1.1. 移動の15分、仕事の休憩中の30分など隙間時間を利用する

1.3.2. ②集中力の維持ができない

1.3.2.1. メンタルマップの活用

1.3.2.2. タイマーをかけて読み始める。タイマーが鳴ったら1-2分瞑想や休憩して再度10分集中する、というようなサイクルを作る

1.3.3. ③読むスピードが速くならない

1.3.3.1. 速読は意味も価値もない。信頼できる人のおすすめ本など、効率よく本を選ぶ方法を考える。

1.3.4. ④ボキャブラリー不足

1.3.4.1. 単語を書き出す。読めなかった口惜しさ、理解できなかったもどかしさなどの「感情」を利用する。

1.3.5. ⑤本のどの内容に集中すべきか選べない

1.3.5.1. 最初から最後まで読まなければいけないという思い込みを捨てる

1.3.6. ⑥新しい理論、細かい情報を理解できない

1.3.6.1. 自分の理解できるところと、自分の知識との共通点を見つける

1.3.7. ⑦メインのポイントと議論のポイントがつかめない

1.3.7.1. 本の階層構造に気づく、読むべき場所といらない部分の見分け方を身に着ける

1.3.8. ⑧エビデンスの価値が測れない

1.3.8.1. エビデンスやノウハウ、マニュアルテクニックは読む必要なし。

1.3.9. ⑨本の内容を理解するための背景知識や経験がない

1.3.9.1. さかのぼって入門書を読む

1.3.10. ⑩なじみのない分野である

1.3.10.1. 漫画版から入ってみるなど

1.3.11. POINT:事前に挫折ポイントや対策を知ることで、壁にぶつかったときの立ち直りが早くなる。

2. 2.本の読み方を知る

2.1. 1.本を読む前と後:「予測読み」

2.1.1. ①タイトル、帯、著者のプロフィールをチェック

2.1.1.1. どんな内容が書いてあるのか予測する

2.1.1.2. どんな内容を求めているのか可視化する

2.1.2. ②目次をチェックする

2.1.2.1. どこに欲しい情報が書いてあるのか、目次からあたりをつける

2.1.2.1.1. 予想との違いを比べてみて、内容に為害性ばあればあるほど記憶に残る

2.1.2.1.2. 読書の効率を上げるポイント:◎興味のある章や見出しから読む

2.1.3. POINT:本を開く前に予測する。意外性があるほど記憶に刻まれる

2.2. 2.読みながら:「視覚化読み」

2.2.1. 読んだ内容を頭の中でビジュアル化して映像的に膨らませる。

2.2.1.1. ストーリー性が重要。初めての分野であれば漫画でわかるシリーズがおすすめ

2.2.1.2. ビジネス本なども意図的に手順を踏んでビジュアル化が可能

2.2.1.2.1. 前提

2.2.1.2.2. 解説

2.2.1.2.3. 結論

2.2.1.2.4. POINT:上記の3つ、論理構造を物体としてイメージして頭の中でまとめる

2.2.1.3. POINT:文章のビジュアル化ができると、忘れることなくすぐに思い出せる

2.3. 3.読みながら:「つなげ読み」

2.3.1. Text to Text:過去に読んだことのあるテキストと結びつける

2.3.2. Text to Self:自分の過去の体験と本の内容を結びつける

2.3.2.1. 自分の体験を通すと感情を伴ったエピソードとなり、記憶に残りやすくなる

2.3.2.2. 脳のしくみ:記憶をつかさどる海馬は近くにある扁桃核の影響を強く受けて長期記憶に残る。扁桃核は心が動かされると強く反応する。

2.3.3. Text to word:本の内容と世界に起きている現象(ニュースや事件)と結びつける

2.3.3.1. 本の内容と自分の知識・経験がうまく結びつかないときに役立つ方法。

2.3.3.2. ネットでニュースを検索したり、動画サービスなので関連する番組を見つけてみることで、文章だけでは膨らみにくいイメージをを広げる

2.3.4. POINT:自分の経験や世界とつなげることで本は100倍血肉になる

2.4. 4.読みながら:「『要するに』読み」

2.4.1. 段階1、各章をざっくり読んで自分の言葉で要約する。

2.4.1.1. ほんの1行

2.4.1.2. 短く感想や印象を書き添える

2.4.1.3. 感情を大げさに込める

2.4.2. 段階2、本を読み終えたときに自分の中に残したい内容。「何に感動したのか」を「自分の言葉」で要約してまとめる

2.4.3. POINT:自分で仕掛けて自分の言葉で自分事にしてこそ、本の内容は人生に影響を与え始める

2.5. 5.読んだ後「質問読み」

2.5.1. 内容の理解度を高めるための最も役に立つテクニック

2.5.2. 「質問読み」なら要点を絞って読めるようになる。結果全体的な理解度が上がり、人にそのまま話せるほど記憶に残る

2.6. 本の単なる読者にならないこと

3. 本から得た知識をアウトプットする

3.1. 1.テクニカルタームで聞き手の心をつかむ

3.1.1. インターリーピング睡眠

3.2. 2.SPICEで説得力を上げる

3.2.1. Simplify(単純化)

3.2.2. Perceived self-interest(私的利益感)

3.2.3. Incongruity(為害性)

3.2.4. Confidence(自身)

3.2.5. Empath(共感)

3.3. 3.思想書と科学書のダブル読み

4. なぜ読書をするのか?

4.1. これを読もうと思うのは自分の心が変化を求めているから