人間のレベル論について解説

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
人間のレベル論について解説 by Mind Map: 人間のレベル論について解説

1. そもそも何に気付いているのか?

1.1. 答えは、こう引くを感じるようにするには何をしなくちゃいけないのか。

2. 前提

2.1. 知識を得た方法

2.2. 人間のレベルについては4階層に分類して考える

2.3. 今回は【気付いていない人】と【気付いている人】をまとめたもの

2.4. 私が必要だと思ったものをまとめるので網羅はしない

3. 2つの層の解説

3.1. 【気付いていない人】←日本人のほとんどが当てはまる。

3.1.1. 【気付いていない人の特徴】

3.1.1.1. ・文句や愚痴が多いい ・楽をして何かを得ようとする。 ・人や環境のせいにする。 ・自分の主観や常識でしか物事をとらえられない ・現実が見えていない/現実逃避をする。 ・経験していねいことに対して行動することができない or 初めても長続きしない ・依存心が強く、自分で自分を満たすことができない ・物質的なもの(金/高価な物品/素晴らしい住居など)があれば幸せになれると思い込んでいる ・恋愛においては相手の愛情を得ることができれば幸せになると思い込んでいる ・自分のことをわかっていない。 ・人や状況をコントロールしようとする。 ・対人関係でストレスを抱えることが多いい ・他人や物事にあまり興味がない。

3.1.2. 【気付いていない人の物事のとらえ方】

3.1.2.1. ・なにか不幸なことが起きそう ・嫌われたんじゃないか ・なんでそんなこともできないの←日本人が一番多いい層

3.2. 【気付いている人】

3.2.1. 【気付いている人の特徴】

3.2.1.1. ・目の前に起こっている現実はすべて過去の自分が選択した結果という事実を「頭」ではなく「心」で理解している。 ・人生が楽しい ・楽をして得られるものはたかが知れてると思っている。 ・人や環境のせいにしない ・自分の主観や常識で物事を判断しない ・自分がいるフィールドより下位のフィールドにいる人間のことが手に取るようにわかる。 ・自己肯定感が高い ・自分をいたすことができるのは自分だけだとわかっている。 ・物質的な物(金銭/時yじゃな物品/素晴らしい住居など)は幸せには直結しないとわかっている。 ・自分のことがわかっている。 ・人や状況はコントロールできないものだと理解している。 ・気付いていないステージにいた時に抱えていた悩みがほぼなくなる。 ・他人や物事に興味津々

3.2.2. 【気付いている人の物事のとらえ方】

3.2.2.1. ・もっと楽しいことをしたい ・ここからなにを学べるのだろうか?

4. 【気付いているステージに昇格する方法とは】

4.1. ・世間体や人の評価 ・固定概念 の脱却

4.1.1. 【世間体や人の評価】

4.1.1.1. 【そもそも世間体や人の評価とは?】

4.1.1.1.1. 他人が望む自分

4.1.1.2. なぜ世間体が人の評価を気にしていると幸福を感じられないのか?

4.1.1.2.1. 世間体や人の評価に縛られた生活をしていると、他社が望むあなたでいることを余儀なくされてしまい、それは他社が望んだレールの上を歩くことになるので、その時点で自分の人生を歩んでいない。

4.1.2. 【固定概念】

4.1.2.1. 【そもそも固定概念とは?】

4.1.2.1.1. 自分が信じ込んでしまった強い思い込み 自分自身に植え付けられた他人の価値観や常識である。

4.1.2.2. なぜ固定概念があると幸福を感じられないのか?

4.1.2.2.1. ・観念に支配されているうちは自分の人生を歩めない ・そもそもこの価値観や常識を植え付けた人は気づいていないステージ(なぜなのかを考えない、そういうもので思考停止している人たち)

4.2. 要するに?

4.2.1. ①目の前に起こっている現実は、すべて過去の自分が選択した結果 ②人がどう思うかじゃなくて、自分がどう思うか ③自分に起こる悪い出来事や逆境は試練であり、乗り越えるべきもの ④やりたいことはやるし、やりたくないことは極力しない ⑤なるようにしかならない

4.2.1.1. ④やりたいことはやるし、やりたいことは極力しない

4.2.1.1.1. 勘違いしないように。。。

5. まとめ

5.1. ①自分を知ること ②固定概念を捨てる ③世間体や人の評価を気にしない。 ④構造価値を身に着ける

5.1.1. ④について

5.1.1.1. 構造価値とは?

5.1.1.1.1. なにか作品を作り出す価値となる。