「お金の教科書」

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
「お金の教科書」 by Mind Map: 「お金の教科書」

1. だから、 『お金という道具』は、 人生を生きる上で、 「賢く使う」必要がある

1.1. 『お金』を手に入れるために、 『自分自身の命』を使う

1.1.1. でも本当は、 「やりたいこと」や、 「楽しみたいこと」 「やってみたいこと」に、 命の時間は『使いたい』

1.1.1.1. それらを、 「お金を生み出すために使っている」

1.1.1.1.1. そうやって生み出した 『お金』だからこそ、 『お金の役目』にそって、 「正しく使ってあげること」が、 人生を前に進めていく上では、 とても大事なことになる

1.1.1.1.2. 『お金という道具』のために、 多くの人は「人生の行動」の 大部分をささげることをし、 そして、 その『道具』を中心とした、 「生き方」を選択している

2. ブロック

2.1. 『お金のブロック』は、 『お金に対する価値観』に 比例している

2.1.1. 人生の中で、『お金』がどのぐらいの 優先順位にあるのか?を、 表している

2.1.2. ●お金よりも心が大切だ! ●お金の亡者になりたくない! ●お金は人を悪にする!

2.2. お金についてだれからも、 『教わったことがない』から できるブロック

2.2.1. 自分で勝手に、 自分の知っている情報 (経験や体験)だけで、 お金の意味を、 「決めつけて」しまう

2.2.1.1. 「お金の価値観」

2.2.1.1.1. 「お金のブロック」

2.2.2. お金の正しい知識を持たずに、 お金のブロックだけを持って、 お金と付き合っていると、 『お金の問題』によって、 一生、人生を振り回されてしまいます

2.2.2.1. 人生にさまざまな『ブロック』が、 生み出されていく

2.2.2.1.1. お金のために、働く

2.2.2.1.2. お金のために、やりたいことを諦める

2.2.2.1.3. お金のために、好きなことは諦める

2.2.2.1.4. お金のために、労働に時間(命)を捧げる

2.2.2.1.5. お金のために、人生の方向を決める

2.2.3. 「お金」は、 『道具』でしかなく、 人は道具を扱うことで、 生態系の頂点にまで 登りつめてきた

2.2.3.1. 例:「火」

2.2.3.1.1. 『お金』も同じもの

2.3. お金のブロックは、 『お金の価値観』であるからこそ、 常に、価値観を新しく【進化】 させてあげればいいだけ

2.3.1. 「生きること」と、 『お金という物質』は、 深く結びついているからこそ、 『お金の価値観』を進化させることで、 人生を進化させることができる

2.3.2. 価値観を進化させる理由は、 「命以上に大切なものはない」 ただ、それだけ。

2.3.2.1. 『生きる上』で、お金の扱いが 『大事』になる

2.3.2.1.1. 人生に置ける「お金の優先順位」を 進化させる

2.4. お金のブロックは、実は、 心のブロックでもある

2.4.1. お金と心はつながっているからこそ、 お金の問題に向き合うということは、 心の問題(ブロック)に、 向き合うということにも 自然となる

2.4.1.1. お金(心)のブロックを、 外すキッカケになる

2.4.1.1.1. 西野たかおの『ストーリー』 お金のブロックが、 なぜ生まれたのか?

3. 役割

3.1. 『存在意義』

3.1.1. その存在がなぜ? この世界に存在するのか?という、 『存在意義』が必ずある

3.1.2. その存在意義のために、 物質は生み出されている

3.1.2.1. ex:野球のバット 野球のボールを、 真芯で打つため

3.1.2.1.1. サッカーボールを打つためでもなく、 人をたたくためでもない

3.1.2.1.2. その存在意義をかなえてあげるときに、 バット(物質)はその威力(力)を、 思いっきり開放する

3.2. 【役割】を果たすことで、 お金という物質は、 この世界に生まれてきた 『本来の意義』を 果たすことになる

3.2.1. その結果、 この世界での正しい法則が働き、 すべての物事が順調に、 スムーズに進んでいくことになる。

3.2.1.1. 『お金という物質』が、 あなたの人生の可能性や、選択肢を 広げる力を持っている

3.3. 「心の欲求」という『価値』を、 『満たすための道具』としての 【役割】を持っている

3.3.1. 『お金』を「使うこと」によって 『心を喜ばすこと』もできれば、 『心を苦しめること』もできる

4. 本質

4.1. 「喜び」や「悲しみ」 「満足感」や「優越感」といった、 心が感じとる『価値』を得るための 1つの手段として、 人間社会に生み出された。

4.1.1. あなたの心の価値を、 本当に満たすために お金を使うときに、 『お金』は、その本来の力を、 発揮することになる。

4.1.1.1. あなたの心を、 思いっきり喜ばせるために、 お金を使うことで、 お金は、本来の役割を、 果たすことになります

4.1.1.1.1. お金が喜ぶ「使い方」をすることで、 自然と、心が喜ぶ仕組みに、 この世界はなっています

4.1.1.1.2. 『存在意義』

4.2. 『お金という物質』が、 あなたの人生の可能性や、選択肢を 広げる力を持っている

5. 認識

5.1. お金とは、あなたにとって何なのか?

5.1.1. その「答えを出すこと」で、 人生は大きく変わる

5.2. あなたが、お金とどういう関係を 築きたいのか?

5.2.1. その「答えも出すこと」で、 人生は大きく変わる

5.3. あくまでも『お金』は、 『道具』でしかない

5.3.1. だからこそ、あなたが どういうものだと認識しているか?

5.3.1.1. お金という物質が どんな意味を持っているのか?

5.3.1.1.1. その「答え」をはっきりと出すことで、 あなたは『お金という道具』には 支配されることはなくなる

5.4. 『お金という物質』は、 『生きるために絶対に必要な道具』

5.4.1. この『認識』を、 心に植え付けてしまえば、 『お金という道具』を、 変な風に意味づけすることが なくなる。

5.4.1.1. 『お金という物質』には、 強大な力が宿る

5.4.1.1.1. 人の「心」と密接に結びつく そんな物質だから

5.4.2. お金は悪とか、正義ではなくて、 「必要になるもの」

5.4.2.1. 「あなたの生きること」と、 「切り離せない」ということ

5.4.2.1.1. 「あなたの人生」にとって、 影響力を持っているモノ

5.4.3. 『お金という物質』は、 「あなたの生きる」にとって、 とっても大切なものになる

5.4.3.1. 『お金』によって、 あなたが手にしている『現実』とは、 ・苦労の経験なのか? ・我慢の体験なのか? それとも、 ・喜びの経験なのか? ・満足の体験なのか? お金という道具が、 あなたの人生に与えている影響力を、 真剣に見直さなければなりません。

5.4.3.1.1. あなたの人生において、 お金が必要でないのであれば、 今まで通りの人生を 歩めばいいだけ

5.4.3.1.2. 本気で人生の質を高め、 人生を謳歌するために、 必要なものであれば、 「必要なもの」は、 必ず手に入れなければならない

6. 心

6.1. 「価値交換のための道具」 として生み出されたお金は、 「価値」を感じる心と、 『密接なつながり』を 自然と持つことになる

6.1.1. 人の「心」と密接に結びついているがゆえに、 お金に対して色んな『感情』を、 紐つけてしまうことになる

6.1.1.1. 人の心の表面ではなくて、 深層の深い意識と結びついている

6.1.1.2. ・給料日に、テンションが上がるの ・財布を落とした時にテンションが下がる お金と心が結びついているからこそ、 起こる心の反応になる

6.2. 『お金という物質』には、 人の「心の欲求」を 満たす役割がある

6.2.1. 逆の効果も生み出している

6.2.1.1. お金がないことによって、 「心の欲求を満たすことができない」 という『福作用』

6.2.1.1.1. 『お金という物質』が 悪いわけではない

6.3. お金は心の「投影」

6.3.1. もし、お金を好きになれないのであれば、 その理由を突き詰めてみること

6.3.1.1. そこにあるブロック(抵抗)こそが、 あなたの心の「本当の問題になる」から

6.3.1.1.1. あなたの心の抵抗が、いったい何なのか?を、 お金を通して知ることができます

7. 命

7.1. お金を生み出すために、 『あなたの命の時間』を 使っている

7.2. 『お金を生み出すこと』と、 『生きること(やりたいこと)』が、 一致しているのであれば、 別に何の問題もない

7.2.1. 幸福そのもの

7.2.2. 『お金を生み出すこと』と、 『生きること(やりたいこと)』が、 一致していない場合

7.2.2.1. 心にストレスを与えたり、 身体に疲労を与えることになる

7.2.2.1.1. だから、それだけ苦労して、 せっかく生み出した『お金』を、 ・ストレス発散の消費活動や、 ・現実逃避や、 ・欲求を満たすための浪費として、 『お金という道具』を 意識せずに使ってしまう

8. 労働

8.1. 『生きること』とは、 お金を稼ぐことではない

8.1.1. 『生きること』を、 お金を稼ぐことに 使ってしまっている

8.1.1.1. なぜ?

8.1.1.1.1. 【収入を得にくい構造の中】で、 働いている

8.1.1.1.2. 「肉体労働」 「時間(を切り売りする)労働」 と、 「お金を交換する仕組み」 (スタイル)で、 お金を生み出すことを、 あなたが選んでいるから

8.1.1.2. そんな【仕組みの中】で、 あなた自身を「使うこと」を、 選択しているから

8.1.1.2.1. 人生が『仕事の奴隷』となる 「生き方」を、 『選んでいる』

8.2. 「収入」と『労働』の関係は、 とっても単純

8.2.1. 収入は『構造』で決まっている

8.3. 「新しいスタイルの働き方」

8.3.1. 働きがいもあり、 高収入も得て、 自分のやりたいだけ 仕事をして、 仕事をすることで、 自己実現も成していく

8.3.1.1. 「理想の働き方」にシフトしていく

8.3.1.1.1. 命の時間や、命のエネルギーを、 本当に自分の好きなことに注いでいく、 そんな「生き方」を選択する

9. 道具

9.1. 「価値交換のための道具」 として生み出される

9.1.1. 「価値」

9.1.1.1. 【心】が感じるもの

9.1.1.1.1. ・喜び ・悲しみ ・楽しみ

9.1.1.1.2. お金と心が結びつく

9.1.1.1.3. お金が心を支配する

9.1.1.1.4. お金を使うことで、 『心を喜ばすこと』もできれば、 『心を苦しめること』もできる

9.1.1.2. 【心】で認識するもの

9.2. 『道具』は、 「扱うもの」

9.2.1. でも現在、 多くの人が、この『道具』に 「扱われている」からこそ、 関係性がおかしくなっている

9.2.1.1. 「関係性」がおかしくなっている からこそ、 『道具に対する認識』が、 歪んでしまっています

10. 人生

10.1. 社会の中でお金を循環させていけばいくほど、 「あなたの生きる可能性を、広げることができる」

10.1.1. 「お金を循環させること」で 「成長していく社会の中」で、 「生きている」から

10.1.1.1. 『資本主義社会』

10.1.1.1.1. 『構造』

10.1.2. 『お金を使うこと』で、 生きる世界を広げることができる

10.1.2.1. 逆に、お金を使わないと、 生きる世界は広がらない

10.2. お金に愛されない人の人生は、 お金を手放し続ける人生

10.2.1. お金という道具に、 支配される人生

10.3. お金と心はつながっていて、 心と人生はつながっている

10.3.1. 心がたくさんの喜びを感じる 体験が多ければ、 人生も喜びに満ちたものになる

10.3.1.1. 心の欲求を満たすものは、 お金である

10.3.1.1.1. つまり、お金によって、 人生を満たす体験を、 多く体験することもできる

10.3.1.1.2. 「お金で、満たすことができる欲求」 に関しては、 「お金を使うことで満たしてあげればいい」

10.3.1.1.3. 満たしたい想い(こころの欲求)があるのに、 それを「お金がないから」という理由で、 満たすことができないのであれば、 それは、 人生を通しての『執着』を、 生み出してしまいます 『人生のブロック』を生む

10.4. あなたのお金の価値観が、 『子供』にも引き継がれる

10.4.1. お金について、 真剣に学び、 真剣に捉え、 真剣に生み出す

10.4.1.1. でないと、お金を生み出すことに、 人生の大部分を「捧げる」 生き方を選択させてしまうことになる

10.4.1.1.1. 「やりたいこと」があっても、 お金のために我慢をする

10.4.1.1.2. 「働きたくない気分のとき」でも、 その湧き上がった気持ちを優先せずに、 自分自身に嘘をついてでも働くことになる

10.4.1.1.3. 「本当は自由な時間が欲しい」のに、 お金のために、命の自由な時間を 一生懸命に「切り売り」しなければならない

10.5. お金は必ず使うモノ

10.5.1. 例: あなたが1万円持っている。 その1万円をいつまでも永遠に、 あなたは持っていません

10.5.1.1. 必ず、何かのために、 そのお金を使います

10.5.1.1.1. 「資本主義」の中で 生きているから