効率的な勉強法

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
効率的な勉強法 by Mind Map: 効率的な勉強法

1. 勉強前のテクニック

1.1. 自己超越目標を掲げる

1.1.1. 社会貢献

1.2. 自分が知っていることを書き出す

1.2.1. 自分が知っていることに結びつくと記憶に残りやすい

1.3. 好奇心を刺激する

1.3.1. 脳の報酬系を刺激しておくと、海馬にも影響が及び、記憶力が良くなる

1.4. 音楽を活用する

1.4.1. 勉強中の音楽はNG

1.4.2. 無音もしくは自然音が最適

1.5. 戦略的リソース利用法

1.5.1. 取り組む仕事に対して成果や重要度を明確にすること

1.5.1.1. 1週間前に実施しただけで4.65%の向上

1.5.2. 7つの質問

1.5.2.1. 仕事でどの程度の成果が欲しいか

1.5.2.2. その仕事の成果がどれ程重要か

1.5.2.3. その成果を得るのにどれだけ自信があるか

1.5.2.4. どんな問題、課題が出そうか

1.5.2.5. その仕事に使える資料は何か(15個まで)

1.5.2.6. 選んだ資料が使えると思った理由は何か

1.5.2.7. それぞれの資料をどのように使うか

1.6. 自然の力を利用する

1.6.1. 自然に触れるだけで集中力がアップする

1.6.1.1. 週に一度は自然の中で勉強する機会を作るとよい

1.6.2. 芝生の上にをベアフットウォーキングするとワーキングメモリが向上する

1.7. ピアプレッシャーを利用する

1.7.1. 学習意識が高い集団の中に身を置くことでモチベーションが維持される

2. 勉強後のテクニック

2.1. 勉強後には緩和モードにして脳に情報の整理をさせる時間を作る必要がある

2.2. 緩和モードの効率を上げる5つのテクニック

2.2.1. 報酬付き昼寝

2.2.1.1. 学習したらあと昼寝を挟んでテストを実施し、正答率が高ければ自分に報酬を与える

2.2.1.1.1. 長期記憶の効果が上がる

2.2.2. 睡眠の効果を最大限に引き出す

2.2.2.1. インターリービング・スリープ

2.2.2.2. 寝る前のTODOリスト

2.2.3. 運動

2.2.3.1. 勉強前と勉強後の軽い運動で脳への血流がよくなり、記憶の定着がよくなる

2.2.4. マインドフルネス瞑想

2.2.4.1. 集中力と理解力の向上

2.2.4.2. ワーキングメモリの向上

2.2.5. クロノタイプ

2.2.5.1. 人により朝型、夜型があり、自分のクロノタイプに合った時間帯に勉強するほうがよい

2.2.5.1.1. 午前型:10:00~14:00

2.2.5.1.2. 午後型:16:00~22:00

2.2.5.1.3. 4:00~7:00はほぼ全ての人の学習能力が下がる

2.2.5.1.4. 21:00~23:00は緩和モードになりやすい時間帯であり、アイデア出しや翌日のタスク整理等を進めたほうがよい

3. 勉強中のテクニック

3.1. 取組む姿勢

3.1.1. 取り組む順番

3.1.1.1. 難しい課題から

3.1.1.2. 優先順位

3.1.1.2.1. 集中力が向上

3.1.2. 集中力

3.1.2.1. 集中力のパターン

3.1.2.1.1. ウルトラディアンリズム

3.1.2.1.2. 57分12分

3.1.2.1.3. モントレー法

3.1.2.2. 最大集中時間

3.1.2.2.1. 3〜4時間

3.1.2.3. 集中力が発揮できる時間

3.1.2.3.1. 午前中

3.1.3. 休憩

3.1.3.1. 休憩のタイミング

3.1.3.1.1. 集中が切れる前

3.1.3.2. 休憩の取り方

3.1.3.2.1. ウェイクフルレスト

3.1.3.2.2. 瞑想

3.1.3.2.3. 昼寝

3.1.4. 心理対比

3.1.4.1. 現在の辛さと将来の辛さを比較

3.1.4.1.1. 将来の辛さを大袈裟にするのがコツ

3.1.4.1.2. 今やったほうがいい

3.1.4.1.3. 15分間全力で解決策を考える

3.2. 記憶への定着

3.2.1. クイズ化

3.2.1.1. 記憶したいこと、重要なことをクイズにすること

3.2.1.2. ミニテスト化でアウトプットの数を増やす

3.2.2. 分散学習

3.2.2.1. 一定期間を置いて繰り返し復習すること

3.2.2.2. 学習パターン

3.2.2.2.1. ヴォルカニック法

3.2.2.3. インターリーピング

3.2.2.3.1. 1回の学習時間の中で複数のジャンルを取り入れること

3.2.2.3.2. それぞれ等分の時間配分とすること

3.2.2.3.3. 1日に複数回学習時間がある場合には休憩もインターリーピングに取り入れると効果的

3.2.3. チャンク化

3.2.3.1. 物事に意味のつながりを持たせること

3.2.3.1.1. 自分の経験、知識から自分独自の紐付けを持つことが重要

3.2.3.2. 3つのポイント

3.2.3.2.1. 優先順位をつける

3.2.3.2.2. 複数解法

3.2.3.2.3. マインドマップ

3.3. 理解を深める

3.3.1. 自己解説

3.3.1.1. how & why

3.3.1.1.1. how&whyで深堀する

3.3.1.2. メタ認知リーディング

3.3.1.2.1. プレリーディング

3.3.1.2.2. 速読

3.3.1.2.3. 再読

3.3.1.2.4. 再再読

3.3.2. イメージング

3.3.2.1. 架空の議論を頭の中で実施する

3.3.2.2. ソロモンイメージング

3.3.2.2.1. 他人の視点で考える

3.3.3. ティーチングテクニック

3.3.3.1. 人に教えようと思うだけで効果がある

3.3.3.2. 10歳児にわかるように

3.3.3.3. 人に教える場合のコツ

3.3.3.3.1. 相手が知っていること

3.3.3.3.2. 例え話を入れる

3.3.4. 間隔反復

3.3.4.1. 短い時間の学習を繰り返し実施すること

3.3.4.1.1. 集中力に合わせることが重要